食品・飲料 美容・健康

人気の「玄米フレーク」シリーズより「玄米フレーク ほうじ茶」が期間限定発売!

日本ケロッグ合同会社
国産ほうじ茶の香ばしさと旨みが引き立つ「和」シリアルの新フレーバー 


シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区 代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、栄養価の高い玄米を主原料にした「玄米フレーク」シリーズより、人気の高い国産ほうじ茶を贅沢に使用した新商品「玄米フレーク ほうじ茶」を6月中旬より全国のスーパー、ドラッグストアなどで期間限定で販売いたします。(一部取扱いの無い店舗がございます。)



■栄養価の高い玄米を主原料にしており、1日に必要なカルシウムと鉄分を50%以上摂取可能


ケロッグ「玄米フレーク ほうじ茶」は、栄養価の高い玄米を主原料としたフレークと、国産ほうじ茶より抽出した香り高い味わいを同時に楽しむことのできる初夏にぴったりの「和」テイストのシリアルです。「玄米フレーク」は、1食で1日に必要なカルシウムと鉄分を50%以上*とることができる栄養バランスの良さに加え、独自の製法によりこんがりと焼き上げたサクサク食感により、幅広い世代の方々からご支持をいただいているロングセラー商品です。ヘルシーな玄米に対する関心の高まりに加え、人気の高まる「ほうじ茶」をフレーバーとして採用した期間限定商品の投入により、「玄米フレーク」シリーズの更なる需要喚起を目指します。
*1食分(40g)+牛乳200gの場合/栄養素等表示基準値(2015)を100%とした場合/日本食品標準成分表2015に基づいて計算

■おいしさのこだわりポイント1. 独自技術により二度焙煎の“香ばしさ”とお茶の“まろやかな旨み”を実現
ドリンクからスイーツまで近年人気の高まる国産ほうじ茶をフレーバーとして採用。ケロッグ独自の技術により二度焙煎のほうじ茶の香ばしさと、お茶のまろやかな旨みを凝縮しました。

■おいしさのこだわりポイント2. お茶の味わいを引き立てる“糖蜜”のやさしい甘さ!
~牛乳をかけて食べると、ほうじ茶ラテに!

「ほうじ茶」由来の自然なコク・香り・風味を引き出すため、糖蜜を使用しやさしい甘さにしあげました。そのままでもおいしくお召し上がりいただけますが、牛乳や豆乳をかけていただくことにより、爽やかな初夏にもぴったりな「ほうじ茶ラテ」としてもお楽しみいただけます。

【製品概要】




■世界シェアNo.1のシリアルメーカー “ケロッグ”について
食品とブランドを通じて、世界に豊かさと楽しさを提供することを使命としています。
1894年にケロッグ社の創設者であるW.K.ケロッグが米国ミシガン州バトルクリークにおいて、保養所の人々のために食物繊維が豊富な穀物を材料に、食べやすく栄養が豊富な食品としてシリアルの原形となる「グラノーズ」を発明してから1世紀以上を経た現在では、180カ国以上で事業を展開する世界的な食品メーカーとなっています。2017年の売上高は129億ドルで、シリアルのメーカーとしては世界第1位、クッキー、クラッカー、スナックのメーカーとしては世界第2位の規模を誇ります。1906年の会社設立から113年にわたりケロッグのシリアルは世界各国においてご支持をいただいております。米国ケロッグ社100%出資の日本法人となる日本ケロッグは1962年に設立されました。1963年の「コーンフレーク」、「コーンフロスト(現:コーンフロスティ)」の発売以来、半世紀以上にわたって、太陽と大地の恵みを受けて育った、玄米、小麦、大麦、とうもろこしなどの穀物のエネルギーと、バランスのよい栄養がたっぷり詰まったシリアルを日本の朝の食卓にお届けすることを通じて、お客様の気持ち良い一日のスタートを応援しています。

■ケロッグ公式Instagram(@kellogg_japan_official)
新製品、コラボレーションメニューやイベント情報など、随時ケロッグのお得な情報を発信していきます

Instagramアカウント(@kellogg_japan_official)
https://www.instagram.com/kellogg_japan_official/?hl=ja
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会