医療・医薬・福祉

新潟骨の科学研究所 創立20周年記念WEBシンポジウム開催

NSGグループ
NSGグループの新潟リハビリテーション病院 新潟骨の科学研究所は今年で創立20周年を迎えまして、6月6日に標記の記念WEBシンポジウムの開催いたします。


新潟骨の科学研究所
高齢者の骨折などが社会問題となっている今、新潟骨の科学研究所は、国内では病院として唯一の骨形態計測の研究所として活動しており、全国からの標本依頼を受託しながら研究に取り組み、新潟大学および海外の研究機関とも連携して日本の骨代謝研究をリードしてきました。
骨形態計測学は骨組織の研究の一分野として1950年代から行われている方法です。骨形態計測法では、光学顕微鏡で骨代謝動態が1日で作られる量がミクロン単位で分かります。これらのデータをもとに骨疾患の病態や薬剤の効果を知ることが可能になります。
骨形成の速さを測定
この度、新潟骨の科学研究所が創立20周年を迎え、標記シンポジウムを企画し、6月6日に開催いたします。
シンポジウムでは、インターネットで世界を結び、ライブで研究成果を各国の研究者の先生方と共有、意見交換を行う等の企画を予定しております。
世界に先駆けて超高齢社会を迎えている日本と、これから高齢化が進む諸外国とで課題を共有し、共に研究を発展させ、その対策を考えようという取り組みを新潟から世界へ発信することは、学術研究による地方創生にもつながっていくものと思います。

■新潟骨の科学研究所 創立20周年記念WEBシンポジウム
日時:2019年6月6日(木) 14:00~20:00
会場:ホテルイタリア軒(新潟市中央区古町西堀通1574)
演者:・Keynote Lecture(Live)
  ・David B. Burr(インディアナ大学)
「Bone tissue and mechanical regulation」
   ・Mini-reviews(VTR)
・Jean-Marie Delaisse(南デンマーク大学)
   ・Ken Poole(ケンブリッジ大学)
   ・David W. Dempster(コロンビア大学)  など

【医療法人愛広会 新潟リハビリテーション病院】http://www.niigata-reha.jp/
問合せ窓口: 新潟リハビリテーション病院企画課 尾形
〒950-3304 新潟県新潟市北区木崎761番地
TEL 025-368-7400  FAX 025-388-3010

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会