広告・マーケティング 美容・健康

細胞培養タンパク質表面コーティング市場ー国別(米国、カナダ、インド、中国、日本、英国)、会社概要、シェア、トレンド、分析、機会、セグメンテーションおよび予測2018 - 2028年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「細胞培養タンパク質表面コーティング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年12月 28日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10233552


細胞培養タンパク質表面コーティングは、インビトロでの細胞の接着および増殖を増強するために、細胞培養表面がタンパク質または細胞外マトリックス成分でコーティングされる手順です。利用可能なタンパク質には、ヒト由来タンパク質、動物由来タンパク質、植物由来タンパク質、合成タンパク質など、さまざまな種類があります。フィブロネクチン、ラミニン、コラーゲン、ビトロネクチン、オステオポンチンなどのタンパク質は、細胞培養タンパク質の表面コーティングに使用されます。タンパク質表面コーティングは、内皮、上皮、線維芽細胞、白血球、筋芽細胞、筋肉細胞、ニューロン、CHO細胞株などのさまざまな種類の細胞の増殖を可能にします。

世界の細胞培養タンパク質表面コーティング市場は、世界中で細胞培養のさまざまなアプリケーションが大幅に採用されているため、大きな範囲を持っています。幹細胞研究の支出の増加はまた、世界の細胞培養タンパク質表面コーティング市場を推進しています。世界の細胞培養タンパク質表面コーティング市場における技術の進歩と革新は、市場のプレーヤーが市場に参入するための大きな範囲を生み出しました。

政府や民間企業からの資金提供は市場を後押しすると予測
2D細胞培養よりも3D細胞培養への嗜好の高まりが、世界の細胞培養タンパク質表面コーティング市場を牽引しています。政府および民間企業からの資金提供は、世界の細胞培養タンパク質表面コーティング市場を後押しすることが期待されています。植物源、動物源、ヒト源、合成源などのタンパク質源による世界的な細胞培養タンパク質コーティング市場は、世界的に広く採用されています。

市場主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。細胞培養タンパク質表面コーティング市場における業界のリーダーはBecton, Dickinson and Company, Corning, Greiner Bio-One International AG, Merck Millipore, SigmaAldrich, EMD Millipore, Sigma-Aldrich, Thermo Fisher Scientific, Abcam, BioLamina, CellSystems, BioMedTech Laboratories, Bio-Techne, Cedarlane Laboratories, Cell Guidance Systems, Cytoskeleton, Full Moon BioSystems、 Greiner Bio-One、NeuVitro、Orla Protein Technologies、Pall、 PerkinElmer、PROGEN Biotechnik、PromoCell、 RayBiotech、 Sartorius Stedim Biotech、SouthernBiotech、Trevigen、 Viogene BioTekなどです。

レポートの主なハイライト


市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

市場セグメンテーション
細胞培養タンパク質表面コーティング市場は、タンパク質源別(動物由来タンパク質、ヒト由来タンパク質、合成タンパク質、植物由来タンパク質)、コーティングの種類別(セルフコーティング、プレコーティング、{マイクロウェルプレート、ペトリ皿、フラスコ、スライド、その他})、地域別などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

セルフコーティングセグメントは、研究開発への投資の増加により、予測期間中に大幅に成長します。いくつかのバイオ医薬品およびバイオテクノロジー企業は、タンパク質治療薬の製造、モノクローナル抗体の製造、人工多能性幹細胞の研究、細胞ベースのアッセイの開発、およびクライオバンキングを目指しています。これらすべての要因が、全体的なセグメントの成長を促進すると予想されます。

地域によって成長ハイライ
細胞培養タンパク質表面コーティング市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。

北米の細胞培養タンパク質表面コーティング市場は、2025年までに収益性の高い収益シェアを占めるでと予測されます。改善された細胞培養研究所の利用可能性とヘルスケア分野の研究への資金提供は、地域の成長を促進します。さらに、国立衛生研究所(NIH)は、ヘルスケアの改善のために多数の幹細胞研究に資金を提供しています。また、この地域での個別化医療に対する高い需要は、細胞培養タンパク質表面コーティング業界の成長を促進します。

さらに、市場は地域別によってさらに分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/cell-culture-protein-surface-coating-market/10233552

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)