美容・健康 住宅・建築・建設

短時間の仮眠「パワーナップ」制度を試験導入

ガイアックス
~業務中の”お昼寝”で生産性アップへ~

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は5月22日より、短期間の仮眠「パワーナップ」の制度を試験導入しました。業務中の昼寝を推奨することで、従業員の疲労を取り除き、仕事の生産性向上を目指します。なお、仮眠スペースの寝具については、オーストラリアNo.1スリープテックカンパニーで、コアラ・マットレスの開発・販売をおこなう、Koala Sleep Japan株式会社(本社:オーストラリア・シドニー、創業者:ダニエル・ミルハム)より提供を受けています。




●概要
期間 5月22日(月)~6月7日(金) 12~15時
場所 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD 2F 畳Roomにて
※夜の睡眠を妨げないよう、利用は1人30分まで
※睡眠前にカフェインをとることも推奨しています

●背景
ガイアックスは、従業員の健康増進を経営視点から重要視しています。不健康に起因する生産性の低下を解消して、業績向上につなげる「健康経営」に取り組んでおり、今年3月には、予防医学研究者の石川善樹氏も社外取締役に就任しました。パワーナップについては、石川氏が「15~20分程度のパワーナップは、生産性向上や元気回復に適していることが科学的に示されている、すぐれた方法です」として推奨したことを受け、実施を決定しています。

●コアラ・マットレスについて
コアラ・マットレスは、オーストラリアNO.1※のマットレスブランドが日本人向けに開発した商品で、絶妙な寝心地を体感できると話題のマットレスです。ガイアックスの出資先である、定額制住み放題のコリビングサービス「ADDress」で利用実績があり、「硬すぎず柔らかすぎない絶妙な寝心地」「環境の変化があっても非常に満足な睡眠が得られた」という声があったことから、短時間でも十分な休息を期待できると考え、今回の導入にいたりました。※:オーストラリアの自社通販サイトにて、EC向けレビューツールによる評価の平均が豪マットレス業界内でNO.1(18320件中15310件が星5つ:2019年5月現在)

●石川善樹氏 プロフィール

東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がよりよく生きるとは何か(Well-being)」をテーマとして、企業や大学と学際的研究をおこなう。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。

略歴
2004年3月 (有)日本ヘルスサイエンスセンター 取締役就任(現任)
2008年11月 (株)キャンサースキャン創業、取締役就任(現任)
2014年9月 (株)Cumpus for H創業、取締役就任 (現任)



■株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
事業内容:ソーシャルメディアサービス事業、シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL: https://www.gaiax.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会