食品・飲料 美容・健康

機能フード開発スタートアップ『True Food & Design』はD2Cメディア『5PM Journal』のブランドパートナーとして参画しました

株式会社True Food & Design
スーパーチョコレート『True Food Chocolate』の記事も公開中です

美味しいと健康を両立する機能フード開発を行うスタートアップ『True Food & Design』は、株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩、以下丸井グループ)の子会社であるD2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:加藤 浩嗣、以下D2C&Co.)が運営する、未来の価値観やカルチャーを体現しているD2Cブランドと顧客が出会い未来のカルチャーを共創していくことを目的としたD2Cメディア『5PM Journal』のブランドパートナーとして参画いたしました。


美味しいと健康を両立する機能フード開発を行うスタートアップ『True Food & Design』は、株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩、以下丸井グループ)の子会社であるD2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:加藤 浩嗣、以下D2C&Co.)が運営する、未来の価値観やカルチャーを体現しているD2Cブランドと顧客が出会い、未来のカルチャーを共創していくことを目的としたD2Cメディア『5PM Journal』のブランドパートナーとして参画いたしました。

第一弾としてオールナチュラルかつ低糖質な当社のスーパーチョコレート『True Food Chocolate』の立ち上げに関するストーリ及びTrue Food & Design設立背景のインタビュー記事を公開しております。
https://5pmjournal.com/topics/fromthe5pmbrands/a0013_b0007/


5PM Journalのご紹介



5PM Journalはユニークな意思やこだわりをもつブランドと、そうしたブランドに共感・共鳴する読者が集い、未来のカルチャーを共創するメディアです。個性あふれるブランドたちがもつ哲学やスタイルが未来の大きなうねりに変わると信じ、そうしたブランドたちの声や意思、希望を丁寧に汲み取って発信していきます。
また、編集長にはTakramディレクター&ビジネスデザイナーの佐々木康裕氏が就任。オリジナルの特集記事とブランドパートナーの記事を毎週1~2本掲載していきます。

【5PM Journalのコンテンツ】
- Features(特集記事): 芽生えつつある未来のカルチャーについて発信する、読みごたえのある記事

- From the 5PM Brands(参加ブランド記事): ユニークな意思やこだわりを持ち、未来の当たり前を創っていくブランドの持つ新しい価値観やプロダクトのこだわりなど、ここでしか読めないブランドストーリー

【5PM Journal サイトURL】
https://5pmjournal.com/

【5PM Journal Instagram URL】
https://www.instagram.com/5pm_journal/

【5PM Journal Twitter URL】
https://twitter.com/5pm_journal


株式会社True Food & Designとは

代表:椋野 寿恵
新卒で三井物産に入社し海外資源事業開発を担当後、ベトナムに2年間駐在しスタートアップ投資に従事。その後、Central Saint Martins Collage of Art and Design(在ロンドン)にてデザインを学び修士号取得。ビジネス経験とデザインの知識を活かし、外資系コンサルティングファームにて「戦略デザイナー」としてデザイン思考のアプローチを用いた大企業のデジタル変革や新規事業創出を担当。趣味であるフィットネスや栄養学の実践の中で、本当に欲しいナチュラル且つ機能的なフードが市場にないことに課題を感じ、2019年8月にTrue Food & Designを設立。「美味しいものは体に悪い、健康的なものは美味しくない」というこれまでの常識を覆すべく、第一弾として美味しく食べられる健康的なチョコレートの開発を実現。今後はスナック以外の食領域についてもオールナチュラルで機能的な食品の開発を目指す。

【商品及びリリースに関するお問合せ先】
株式会社True Food & Design
担当:椋野(むくの)
Email:info@truefood.tokyo
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)