企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

病院などで5Gの高品質ウェブ会議ができる接続機器を発売

ハイテクインター株式会社
業界初の4K・セキュア回線対応エンコーダ・デコーダ。オンライン診療や手術モニタリングにも

クラウドやサーバを経由しないセキュアな回線で高品質なWEB会議ができるエンコーダ・デコーダで企業や病院のDXを支援



ハイテクインター株式会社(社長:旦尾 紀人、本社:東京都渋谷区)は、業界初の5G回線で4K高画質のWEB会議をセキュアに実現するエンコーダ・デコーダを発売しました。

昨今、企業や医療現場において5G回線の普及に伴う高画質のWEB会議を行いたいというニーズが増えております。また、コロナ禍におけるDX促進の観点から情報漏洩の少ないセキュアな回線で業務をしたいというお声も多数いただいておりました。これまでのエンコーダ・デコーダはフルHD画質までしか対応していないことが多く、4K画質対応モデルも回線エラーやクリアな映像伝送ができないといった問題がございました。


そこで、ハイテクインターはこれらの課題やニーズを一挙に解決できる、業界初の4Kエンコーダ・デコーダ「TCS-8500」を発売いたしました。本製品は、4K高画質の滑らかな映像を、10Mbps以下(最小32kbps)の低帯域で伝送できることが最大の特長です。SRT(エラー訂正)機能によって安定した映像転送が可能で、病院では手術のモニタリングや双方向通話、オンライン診療にもお役立ていただけます。
手のひらサイズ、低消費電力(最大6.5W)で設置も簡単です。



また、一般的なオンライン会議システム(TeamsやZOOMなど)では、一度クラウド(外部ネットワーク)を経由するため、カルテ等の個人情報や企業の研究情報を通信に載せることにセキュリティ的に不安がありました。本製品を使用すればクラウドを経由しないため、セキュアな環境を構築することができます。

ハイテクインターは、産業用ネットワークと映像通信のプロフェショナルとしてNHK様をはじめとする各放送局様に産業用の通信機器や映像伝送装置を販売させていただいております。お客様の現場に足を運び、直接ニーズや課題をお聞きする中で、もっとお客様のニーズに合った最適な製品を提供したいという思いから、4Kエンコーダ・デコーダの企画開発に取り組んで参りました。
DXに取り組む企業や医療現場の皆様にとって必要な環境をIT機器面からサポートできるよう、今後もより良い製品作りとサービス提供行っていく所存です。
ハイテクインターのオフィスにデモ環境もございます。

■製品特長



エンコーダ/デコーダ設定切替えが可能
SRT, ONVIF, RTSP, RTMP, MPEG-TSなどに対応
SRT(Secure Reliable Transport)プロトコル採用パケットロスリカバリ機能搭載
映像の乱れやブロックノイズの発生を防ぎ、なめらかな映像を表示することが可能
パケット・ジッタロスが発生した場合も低遅延での映像伝送が可能
異なるメーカーのカメラやレコーダとの組み合わせが可能
最大4ストリームまで同時配信・分割表示が可能
映像のストリーミングを行うと同時に本体に接続したUSBメモリへの録画が可能
データレート最小32kbps~設定が可能
通信回線の帯域が限られている場所や通信が不安定な環境化で伝送帯域を制限することにより、映像を停止させることなくリアルタイムで映像伝送が可能
最新の圧縮技術H.265に対応
従来のH.264と比べ半分程の伝送帯域で高画質な映像伝送を実現
AES128.256暗号化通信に対応
米国標準暗号化規格AES128bit/AES256bitに対応した安全性高レベルセキュリティを担保
SDIインタフェースもコンバータ併用により使用が可能

SRT搭載 低遅延 4Kエンコーダ/デコーダ TCS-8500 製品ページ
https://hytec.co.jp/products/video1/tcs-8500.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)