医療・医薬・福祉

日本最安値880円~!!即日出荷可能のタケショウ抗体検査キット・抗原検査キットは変異種に対する新型コロナウイルス抗原/抗体検査キット有効性を確認いたしました。

タケショウ株式会社
新型変異種も当社の検査キットで99%以上の感度で検出可能です。

タケショウの新型コロナウイルス抗体および抗原検査キットはイギリスで大流行を巻き起こし、日本でも感染者が確認された新型コロナウイルスの変異種の検出にも有効であることが第三者機関で確認されました。現在確認されているすべての種類の新型コロナウイルスを検知し、検査結果に反映させることができるキットですので医療機関から多く指名をいただいております。 医療従事者の皆様には日々感染が拡大されていく中、新型コロナウイルスに立ち向かって頂き心から感謝を申し上げます。当社はみなさまの新型コロナウイルス感染予防対策及び不安解消に少しでもお力になれるよう引き続き努めてまいります。



◆当社の検査キットは鼻や咽頭スワブのみならず痛いのが苦手な方には唾液での検査も可能
◆世界120ヵ国で2億テストの販売実績
◆多数の臨床実験の結果、99%の高精度で判定できます。(感度98.16% 特異度100% 精度99.08)
◆ウイルス感染1日目(感染者と接触した日)でも、陽性・陰性ともに検査が行えます。
◆だれでも簡単に15分~30分で検査可能(30分以降の検査結果は無効です)
◆特別な検査機器は必要なく当キットのみで検査可能
◆検出までわずか4つのステップ




当抗原検査キットはウイルスに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知します。
口咽頭、鼻咽頭、唾液のいずれかの部位から検体を採取します。
http://takesho.shop/kougentorisetu.pdf


新型コロナウイルス抗原の検出は人体サンプルに新型コロナウイルスを含むかどうかを直接検出することができ、診断が迅速、正確で、装置と人員に対する要求が低く、二重抗サンドイッチ法を採用し、2種類の抗原特異性抗体を使用してターゲット抗原の異なるエピトープを識別して結合し、交差反応の確率を大幅に低下させることができます。したがって有効にその特異性を向上させます。
・抗原検査測キットの原理
新型コロナウイルスのN蛋白、E蛋白とS蛋白などの抗原は免疫原とすることができ、ウイルスが人体に感染した後に、形質細胞を刺激し特異性抗体を産生すします。ダブル抗サンドイッチELISA原理に基づき、サンプルをサンプルパッドに滴下し、液相クロマトグラフィーにて順次に結合パッド、NC膜上の 品質管理線(C線)と検出線 (T線)を通過させます。
抗原特異抗体が標識された抗原に結合すると、検体中の抗原(ウイルスタンパク質)に結合し、液流が検出限界(T線)に達した時点で、そのラインに固定された第二の抗原特異抗体が再び抗原に結合し、陽性となります。









◆国内の1000を超える医療機関に100万 キット納入の実績
◆世界120ヵ国で数億テストの販売実績
◆多数の臨床実験の結果、98%の高精度高精度で抗体の有無を判定できます。
(IgM感度94.29% IgM特異度98.06% IgG感度98.04% IgG特異度100%)
◆世界各国で認証取得済
◆だれでも簡単に10分で検査可能(取扱説明書 http://takesho.shop/sokuteihouhou2.pdf
◆IgM+IgGの複合検査で、陰性・感染早期・中期・後期を判断。
(更に詳しくは https://coronavi19.jp/h/ ページ内の1.1.4、抗体検査の測定結果の解釈)
◆高精度で医療機関でのPCR検査結果との高い符合率を有します。
(更に詳しくは https://coronavi19.jp/h/ ページ内の1.2.4、抗体検査とPCR検査の併用測定結果の解釈)
詳しい使用方法はこちら http://takesho.shop/sokuteihouhou2.pdf




※本検査キットはCE認証を取得しており、欧米では医療機関等で体外診断用医薬品として使用されていますが、日本国内においては診断目的でのご使用はしないでください。現在当社は本抗体検査キットの日本国内での体外診断用医薬品の許認可取得準備を行っております。


■製品のご注文
ご注文:http://ec.takesho.shop/
ホームページ:http://takesho.shop/
CORONAVI: https://coronavi19.jp/h/
ご質問:info@takesho.shop
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)