医療・医薬・福祉

ストッパ×松丸亮吾『ひらめき“ス突破“祈願キャンペーン』受験生からの祈願依頼を“謎解き”の仕掛け人 松丸亮吾が思いを込めて祈願

ライオン株式会社
2021年1月8日より、「ひらめきス突破祈願代行 web動画」を特設サイトにて公開!

 ライオン株式会社(東京都墨田区)が販売する、どこでも飲めて水なしで効く下痢止め薬「ストッパ」の『ひらめき“ス突破”祈願キャンペーン』において、松丸亮吾さんが、受験生から募った祈願依頼を受験生に代わって祈願しました。その様子を撮影した「ひらめきス突破祈願代行 web動画」を2021年1月8日(金)より公開いたします。



 本キャンペーンは、合格祈願に行きたいけれど、「勉強のラストスパートで時間がない・・」「新型コロナウイルスの感染が不安で人ごみが気になる・・・」という受験生のお悩みに応えようと、2020年11月20日(金)~2021年1月6日(水)まで実施したキャンペーンです。「謎解きの仕掛け人」として知られている松丸亮吾さんが、受験生に代わって合格祈願を代行するキャンペーンで、期間中、祈願依頼の受け付けや、受験応援メッセージ画像の配布などを実施しております。
 本動画は、応募いただいた方の中から選ばれた祈願依頼を、松丸亮吾さんが東郷神社(東京都渋谷区)にて祈願する様子をまとめた動画です。


動画の見どころ

 撮影は、「勝利の神」の神社としても名高く、連日多くの人々が訪れる渋谷区の東郷神社で行いました。松丸亮吾さんが、受験生たちの想いを胸に参拝を行い、絵馬を書くなど、見ているだけで実際に神社に合格祈願に訪れている気持ちを体験できる内容となっております。
動画内では松丸亮吾さん考案の謎解きを仕掛けています。合格祈願に行った気持ちを体験できるだけではなく、松丸亮吾さんが出題する謎解きへのチャレンジも楽しめることがポイントです。


動画概要

タイトル名 :「ひらめきス突破祈願代行 web動画」
公開日   :2021年1月8日(金) 04:00
視聴URL :https://youtu.be/q8sBcCwplnQ


ストーリーボード





















松丸亮吾さんより撮影感想コメント

 撮影日の気温が2月並みの気温と言われるくらい寒かったんですが、たしか僕の受験本番の日も冷え込んで、そういえば雪も降ってたなぁ…と、受験のときのことを思い出しました。
 動画ではみなさんからいただいたメッセージの一部しか紹介できていませんが、全部しっかりと目を通しています。どれも本当に熱い想いが込められていて、どれを絵馬に書くか最後までかなり悩みました。絵馬に直筆で書くシーンは気持ちが入りすぎて特に緊張してます…(笑)
 また今回の動画では、これから受験を控える人たちへ向けて、僕なりに「謎解き」の形でメッセージを隠してあります。勉強で行き詰まったとき、つらいときはぜひそのメッセージを思い出して、受験を乗り越えて欲しいです!


松丸亮吾さんプロフィール



東京大学に入学後、謎解き制作サークルの代表をつとめ、様々な分野で一大ブームを
巻き起こしている”謎解き”の仕掛け人。

監修の書籍『東大ナゾトレ』シリーズは累計145万部以上に。
現在は、「考えることの楽しさを全ての人に伝える」を目標に東大発の謎解きクリエイター集団RIDDLER(株)を立ち上げ、仲間とともに様々なメディアに謎解きを仕掛けている。「『ひらめきの楽しさ』をより広く伝える」ために様々なメディアへの出演も活発化しており、2019ブレイクタレントランキングでは2位を獲得。



キャンペーン実施背景

2020年にライオン株式会社が実施した「ストッパ受験生実態調査」では、65%の受験生が大学受験を人生最大のプレッシャーだと捉えており、63%の受験生がそのプレッシャーによる腹痛や下痢を心配していることが分かりました(ストッパ受験生実態調査)。昨年より新型コロナウイルスの流行により生活様式が大きく変わり、感染対策の観点から受験生は神社へ合格祈願にも行けず、さらに不安は増しているのではないかと考えました。そこで、長年受験生を応援してきた「ストッパ」が松丸亮吾さんとタッグを組み、合格祈願代行を実施いたしました。

ストッパ受験生実態調査
【調査概要】
・調査期間:2020年11月7日~11月9日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:2021年に大学受験を予定している高校3年生 男女計201人


『ストッパ』について

~「突然の下痢」に、どこでも飲めて水なしで効く下痢止め薬~
当社独自の「口腔内速崩壊錠技術」採用の錠剤で、どこでも飲めて、水なし1錠※で効く
「ロートエキス」「タンニン酸ベルベリン」配合で、急な下痢にもすぐれた効き目を発揮する
効能:腹痛を伴う下痢、消化不良による下痢




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)