医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

インドインキュベーターのC-CAMPと業務提携、インドでの本格投資を開始

Beyond Next Ventures株式会社
Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、この度、Centre for Cellular and Molecular Platforms(本社: インド、ベンガルール、CEO: Taslimarif Saiyed、以下「C-CAMP」)と業務提携契約を締結いたしました。今回の業務提携を通じて、インド及び日本のアントレプレナーの育成、双方のアクセラレーションプログラムを通した人材及びテクノロジーの交流等を目的とするコンソーシアム「C-CAMP Beyond Next Ventures Innovation Hub」 (以下「CBIH」)を設立し、インドにおける技術系スタートアップへの投資やハンズオンサポート等を組み合わせることにより、インドと日本双方のイノベーションの創出を目指します。



当社は、2014年8月に創業した、技術系スタートアップへのインキュベーション投資に特化した独立系アクセラレーターとして、「起業家と共に、大学等の高度な技術シーズを実用化し、新産業創出とチャレンジする人材を多数輩出する事により社会に貢献する」ことをミッションに掲げ、これまでアカデミア発のスタートアップ等を多数支援して参りました。2018年10月にはBeyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合を設立し、1号ファンドと合わせた累計で150億円弱のファンドを運用しており、医療・ライフサイエンス分野を中心に、現在までに29社の国内外の技術系スタートアップへのインキュベーション投資と、その事業化・成長支援を手掛けています。

今回業務提携を行うC-CAMPは、インドにおけるリーディングインキュベーターの1つです。IT人材の豊かさ及びスタートアップ環境の急速な成長を誇るインドは、高い成長ポテンシャルを有しており、中でもC-CAMPが拠点を置くインド南部のベンガルールは、「インドのシリコンバレー」と呼ばれるイノベーションの中心地となります。C-CAMPは、インド政府科学省により2009年に開始されて以降、これまで100を超えるスタートアップ支援の実績を有し、ライフサイエンス分野を中心とした最先端の研究開発、投資、メンタリングの実施や、インキュベーション施設の提供等を通して、同国のスタートアップの事業化・成長支援を推進してきました。

今回の業務提携は、インド及び日本のアントレプレナー人材の育成、双方のアクセラレーションプログラムを通した人材及びテクノロジーの交流を行うものです。また、かかる活動を推進するためのコンソーシアムであるCBIHを設立することで、インドにおける技術系スタートアップへの投資とハンズオンサポート等を組み合わせることにより、インドと日本双方のイノベーションの創出を目指します。そして、当社としてインドやアジア諸国への投資を本格化させて参ります。なお、本業務提携を実施するにあたり、ジェトロ・ベンガルール事務所に設置された日印スタートアップハブから多大なるサポートを得て、実現に至りました。




Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社      : 東京都中央区日本橋本町1-4-3 日本橋ムロホンビル1
代表者     : 代表取締役社長 伊藤 毅
設立日     : 2014年8月
ウェブサイト  : http://beyondnextventures.com

【Beyond Next Venturesについて】
Beyond Next Venturesは、2014年8月に創業した、技術系スタートアップへのインキュベーション投資に特化した独立系アクセラレーターです。大学シーズの事業化支援から、投資、成長支援までに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有し、2015年2月に設立した1号ファンド及び2018年10月に設立した2号ファンドを合わせて累計150億円弱と、アクセラレーターとしては国最大のファンドを運用しています。


資金提供以外の事業化支援にも積極的に取り組んでおり、「BRAVEアクセラレーションプログラム」(URL: http://brave.team/)では、革新的な技術の事業化を目指す研究者/起業家に対し、経営人材候補とのマッチング、事業化実現のための知識やネットワーク・成長資金を提供しています。また、東京都からの委託を受け、創薬・医療系ベンチャーの起業や成長を支援するプログラム「Blockbuster TOKYO(ブロックバスタートーキョー)」(URL:https://www.blockbuster.tokyo/)も運営しています。2019年2月には、ライフサイエンス領域のスタートアップに対して、研究開発を含めた事業化支援を提供する拠点として、東京都中央区にシェア型ウェットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」(URL: http://biolab.beyondnextventures.com/ )を開設しました。2019年3月からは、大学等の技術シーズ・研究者に特化した共同創業者マッチングプラットフォーム「Co-founders」(URL: https://co-founders.team/)の提供を開始し、オンラインとリアルのマッチングサポートにより、強い創業チーム作りを支援しています。

Centre for Cellular and Molecular Platforms(C-CAMP)株式会社 概要
本社      : NCBS-TIFR Campus, GKVK Post, Bellary Road,Bangalore 560065, India
代表者     : Dr. Taslimarif Saiyed
設立日     : 2009年
ウェブサイト  : http://www.ccamp.res.in/

【C-CAMPについて】
Centre for Cellular and Molecular Platforms(C-CAMP)は、インド政府科学省(Department of Biotechnology DBT, Govt. of India)により開始され、National Centre for Biological Sciences (NCBS)とInstitute for Stem Cell Science and Regenerative Medicine (inStem)等と共に、バンガロールライフサイエンスクラスターの中核メンバーの1つです。 C-CAMPは、最先端のライフサイエンス研究の推進とアントレプレナーシップの育成を目的として設立され、アカデミア及び産業界への最先端の技術やトレーニングの提供、及びその推進のためのエコシステム構築を目指します。加えて、独自の起業プログラムも実施しており、本プログラムを通して、これまで500以上のスタートアップに関与し、その中の100以上の企業を支援してきた実績を有します。

<本件に関するお問い合わせ>
担当 盛島
E-mail:pr@beyondnextventures.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会