医療・医薬・福祉

第2回山田和彦賞(賞金1000万円)受賞者として自己免疫の暴走の仕組みを解明した坂口志文大阪大学栄誉教授に決定。贈呈式を9月16日(月・祝)開催。

認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク
iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長・教授に続き、2回目の受賞者

全国の1型糖尿病患者・家族を支援する認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク(理事長 井上龍夫、本部 佐賀市)は、1型糖尿病の根絶(=治療+根治+予防)を最終ゴールに掲げ活動を行っています。 2017年に1型糖尿病患者のご遺族からの相続財産による寄付(3000万円)を財源に山田和彦賞を創設しました。山田和彦様は生前より、ご自身の財産の一部を1型糖尿病の根治実現に貢献できる研究に提供したいとのご意向でした。これまでの研究業績、さらにこれからの1型糖尿病根絶に向けた研究推進、そして日本の当研究分野を牽引していただける研究者に、その期待を込めて贈るものです。 第2回目となる今回の受賞者(副賞1000万円)として、制御性T細胞の発見など免疫学の分野で素晴らしい功績をあげられた坂口志文大阪大学免疫学フロンティア研究センター実験免疫学・特任教授、栄誉教授に決定しました。授賞式と受賞記念講演会は2019年9月16日(月・祝)に開催いたします。



                 ※画像は第1回山田和彦賞授賞式の様子

【授賞理由】
「1型糖尿病」は代表的な自己免疫疾患(免疫反応の暴走による疾患)です。この過剰な免疫反応の暴走を抑える「制御性T細胞」を坂口志文栄誉教授が発見され、その異常が自己免疫疾患の直接的原因の一つである可能性を示されました。
この業績は1型糖尿病の発症メカニズムの解明、1型糖尿病の根治療法の確立(膵島を攻撃するリンパ球の制御、残存膵島の保護・再生、膵島移植の効率向上など)に大きな可能性を拓くものであり、今後の坂口志文栄誉教授のご活躍とこの分野の発展を期待して本賞を贈呈します。

1型糖尿病患者は全国に約10~14万人と言われています。「糖尿病」と言えば「生活習慣病」のイメージが強いのですが、1型糖尿病は自己免疫による膵島破壊による疾患であり生活習慣には起因しません。また、「糖尿病」には種類があり、日本人患者の約95%は遺伝や生活習慣など複合的な要因で発症する2型糖尿病です。1型糖尿病の発症メカニズムはまだ解明されていませんが、ウイルス感染などが要因とされており、生後数ヶ月の乳児でも発症することがあります。インスリンが出にくくなったり、インスリンが出ていても効きにくくなる2型糖尿病と異なり、1型糖尿病ではインスリンがまったく出なくなります。そのため、インスリンを毎日投与しなければ、数日で死に至ります。現在は膵・膵島移植以外に治療法は無く、ドナー不足や免疫抑制剤の使用など課題は多く、一生治ることのない「不治の病」です。そのため、免疫学の発展は1型糖尿病根絶に欠かせないものとなっています。

日本IDDMネットワークは1型糖尿病の根絶(=治療+根治+予防)を最終ゴールとして活動を行っており、これまで患者・家族の生活サポートのほか、1型糖尿病の根絶を目指す研究へ資金を提供してきました。これまで61件、3億500万円の研究費支援を行っています。

第2回山田和彦賞の授賞式および受賞記念講演は以下の日程で開催します。

【第2回山田和彦賞 授賞式および受賞記念講演】
日時 2019年9月16日(月・祝) 10:30開始(予定)
場所 大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール
   (大阪府大阪市北区中之島4丁目3−53)

午後は“IDDMこども会議"を開催予定です。
https://japan-iddm.net/news/event/11000/
(第1回IDDMこども会議の開催報告へ移動します)

【本件に関する問い合わせ先】
認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク
〒840-0823 佐賀県佐賀市柳町4-13
TEL:0952-20-2062 FAX:020-4664-1804
E-mail:info@japan-iddm.net
WEB:https://japan-iddm.net/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会