美容・健康 流通

マスク生活で疲れた表情筋をやさしく刺激!1日中着け続けられて、立体構造でフェイスラインがすっきり見える「きもちあげマスク」発売

小松マテーレ株式会社
〈小松マテーレ・マスクシリーズ第5弾〉監修:金沢大学医学系整形外科教授 土屋弘行氏

コロナ禍におけるマスク生活で、年老いて見える“老け顔”などの悩みに対し、小松マテーレ株式会社はマスクシリーズ第5弾として、「きもちあげマスク」を開発いたしました。「きもちあげマスク」は、パワーネットを用いた独自構造により、顔全体を覆うことで、装着すると程よく表情筋を刺激します。 マスク装着時に下がりがちな筋肉をやさしく刺激するとともに、付けた人の気持ちも前向きになるようにとの思いから、「きもちあげマスク」と名付けました。






マスクによる「老け顔」の悩みを解決したいとの思いから開発

マスク生活が当たり前となったコロナ禍において、新たな悩みが生じています。それが「老け顔」です。マスクで顔を覆うことで、顔や口もと周りの筋肉の運動量が減ると、口を動かし表情を作る表情筋が衰え、口元のシワやたるみにつながります。さらに、マスクを外した際に口角が下がったり、たるみが目立ったりし、それが「老け顔」の印象を与えてしまいます。
当社は、このマスク生活における「老け顔」の悩みを解消したいとの思いを持った女性社員を中心に、日常生活において一日中付け続けたまま、表情筋を優しく引き締めるマスクの開発に挑みました。その結果、パワーネットを用いた独自の構造を生み出すことに成功しました。


マスクを着けたまま、表情筋を刺激する

金沢大学医学系整形外科教授・医学博士 土屋弘行氏、スポーツ整体師 北田朋幸氏 監修

口角下制筋
「きもちあげマスク」は、フェイスラインのパワーネットが顎下から頬にかけてを覆い、口もと周りの筋肉(表情筋や口角下制筋)を刺激します。さらに、マスク装着時の会話などで口もとを動かすと、適度な緊張により効果的に表情筋へ刺激を与えます。
医学および整体学の見地から、金沢大学医学系整形外科教授・医学博士の土屋弘行氏および、スポーツ整体師の北田朋幸氏に、長期間の着用実験ならびに開発における助言を賜りました。


気持ちをアップするデザイン性



耳ひも2種(右:レース調デザイン、左:丸ひも)
立体的な構造により、すっきりとしたフェイスラインが演出できます。また、ユニセックス対応としてダークカラーからパステルカラーまでの全7色をご用意し、いずれもお顔周りに綺麗な印象を与えるカラー展開となっております。耳ひもは、肌あたりがやさしい“丸ひも”と、透け感のある“レース調デザイン”の2タイプが付いています。男女問わずお好みや気分に合わせてコーディネートでき、表情筋だけでなく、気分を上げるアイテムとしてもお選びいただけます。


着用イメージ(ラベンダー)
着用イメージ(ネイビー)



自分で選べるフィット感

耳ひもの調節により、パワーネット部分をお好みのフィット感に調節できます。パワーネット部分で顎を包むようにマスクを装着し引き上げると、より効果的です。小顔矯正用のバンドなどとは異なり、使用し続けても耳や頭が痛くなりにくく、やさしく持ち上げてくれ、1日中着け続けることができます。


安心な機能性も兼備

1.抗ウイルス加工素材「エアロテクノ」搭載
生地に接触した特定のウイルスの数を99.99%減少させる抗ウイルス加工素材「エアロテクノ」を搭載しています。(参考資料:https://prtimes.jp/a/?f=d11928-20201224-8083.pdf

2.飛沫防止効果
一般の不織布マスクと同等の飛沫防止効果があり、自社測定では99%の飛沫防止効果を確認しています。

3.マスク工業会へ登録申請
当社は一般社団法人日本衛生材料工業連合会・全国マスク工業会の正会員として、自主基準を満たす独自のマスク商品をすでに展開しています。今回の「きもちあげマスク」についても、同会への申請を予定しています。



商品概要



商品名:きもちあげマスク
価 格:1枚入り 1,500円(税別)
カラー:7色(クリーム、ベージュ、ピンク、ミント、ラベンダー、ネイビー、ブラック)
サイズ:フリーサイズ
素 材:本体部…ナイロン、ポリウレタン、パワーネット部…ポリエステル、ポリウレタン
原産国:日本


販売サイト

小松マテーレ公式オンラインストア「ユニリンク」にて販売しております。
「ユニリンク」TOP:https://www.uniform-link.com
「きもちあげマスク」販売ページ:https://www.uniform-link.com/item/2390

<ご注意>
この技術により加工された素材は、医療品ではありません。また、ウイルス感染による症状に対する治療効果はありません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)