企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

(株)クォンタムオペレーション 、Plug and Play Japan、アクセラレーションプログラム Summer/Fall 2019 Batch(バッチ)での採択について

株式会社クオンタムオペレーション
株式会社クォンタムオペレーション(本社:中央区月島、代表取締役:加藤 和磨)はPlug and Play Japan株式会社が2019年6月~9月期にて実施するアクセラレーションプログラム のSummer/Fall 2019 Batch(バッチ)において、国内外合計69社のスタートアップの1社として採択をされましたので、ご報告申し上げます。


Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。今回、クォンタムオペレーションはそのPlug and Playが実施するアクセラレーションプログラム のSummer/Fall 2019 BatchのIoT部門において採択されましたので、ご報告申し上げます。




※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業・出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム。
※Batch(バッチ)とは
「ひとかたまり」や「一区切り」という意味。
大きいかまどで“一括り”で小さいパンをいくつも焼く、というところからこの“一括り”をBatchと呼ぶ。Plug and Play では12週間を一つのBatch として年に2回プログラムを実施。

Summer/Fall 2019 Batch では、新しいテーマとしてBrand & Retail プログラムが開始となります。
3ヶ月に及ぶ選考プロセスを経て、今回、弊社の取り組みも評価され、採択をされました。


2018年11月~2019年3月期に実施したアクセラレーションプログラム 「Batch 2」では、 4業界(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility)において、公式パートナーである国内大手企業22社と共に、国内外併せて59社のスタートアップを支援しました。成果発表会であるEXPO(一般的にDemo Dayと呼ばれるもの)では、2日間を通して53社のスタートアップが3ヶ月間の成果を発表、1,533名が参加しました。

また、2019年9月18日(水)・19日(木)の2日間に渡って、今回のSummer/Fall 2019 Batchの3ヶ月間の成果を発表するDemo Day、Summit(サミット)を開催いたします。

[ Plug and Play が提供するアクセラレーションプログラムとは ]
Plug and Play Japan コーポレートパートナー企業とともに、業界などの“テーマ”を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3ヶ月のプログラムです。
スタートアップはこのプログラムを通じて、複数のコーポレートパートナーのリソースを活用でき、幅広く多数の大企業との連携の機会を得られます。また、グローバル展開を目指すスタートアップは本社Plug and Play のメンターによるメンタリングやシリコンバレーでのピッチの機会、グローバルマーケットへのアクセスも可能です。プログラムに採択されたスタートアップには、東京渋谷に位置する当オフィスのコワーキングスペースを期間中無償で利用することができます。スタートアップにとって、プログラム期間中の本来の事業成長へ集中できる環境づくりをPlug and Play Japan は全力でサポートします。
また、企業パートナーはプログラムへの参加を通じ、厳選された国内外スタートアップとの個別面談、ネットワーキング、ディールフローセッション(ビジネスマッチング)等の機会が提供されます。
コワーキングスペース兼イベントスペースである、Plug and Play Shibuya を起点として、大企業とスタートアップが混ざり合うコミュニティ作りを行なっています。アクセラレーションプログラムや多数のイベント開催を通じて、日本でもスタートアップ・エコシステムを形成していきます。

[ Plug and Play Japan のコーポレートパートナー (2019年6月3日現在29社)]



Plug and Play について
Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。
毎年50を超えるアクセレータープログラムを実施し、300社超の企業へイノベーションを提供する、投資案件数ではシリコンバレーで最も活発なベンチャーキャピタルです。2006年の創立から、私たちは 2,000 社を超える企業をアクセラレートし、70億ドルを超える資金調達を達成しています。また、サニーベールの本社には年間を通して500 社以上のスタートアップが入居しています。

昨年2018年はプログラムを通じて、米国本社では560社以上の、グローバルでは1,100社を超えるスタートアップを支援し、222社への投資を実施しました。現在は Guardant Health、Honey、Soundhound、Zoosk 等を含めた 750 社のアクティブな ポートフォリオ企業を所有しています。

エグジットの成功例としては、Dropbox(時価総額110 億ドルでの IPO)、PayPal(Ebay により買収)、Vudu(Walmart により買収)、Danger と Powerset(Microsoft により買収)、Lending Club (時価総額90 億ドルでの IPO)、直近ではGuardant Health(時価総額16億ドルでのIPO)などがあります。
現在、全世界に14ヶ国30 拠点を構え、Plug and Play Japan はその日本支社として、2017年7月に設立されました。

クォンタムオペレーションについて
・IoMT(Internet of Medical Things)センサーの開発を得意とするITベンダーとして、医療・介護業界向けIoTセンサーを製造・販売している。
・主力の自社製品は、光センサーと電極を組み合わせ、心電図や血中酸素飽和度の測定が可能な「バイタルバンド」。他社製品と比較しても「高精度」な計測が可能。
・現在は、血糖値なども測定可能な次世代バイタルバンド(※光センサーのみで血糖値やグルコースを測定可能)の開発を行っている。

特徴・強み1.:エンジニア中心の経営
・数多くのベンチャー医療系、ものづくりベンチャー企業は基板レベルにおいて自社開発ではない既存製品を組み合わせて商品やサービスを提供しているが、当社は「技術者(※組み込みエンジニア)」が経営の中心として、基板レベルまで製品を自社開発している。
・勿論、既存の製品や基盤の組み合わせが有効(効率性、コスト等において)な場面もあるが、非侵襲血糖値取得センサーのように世界初の製品開発に取り組む場合は、エンジニア自らが経営メンバーとしてイニシアティブを発揮していくことが有効である(強みである)と考えている。

特徴・強み2.:「高品質低価格」を実現させる開発・供給体制
・センサーや基盤などのOEM供給も行っており、中国の深センをはじめとした多数の海外企業を束ね、サプライチェーンをコントロールし、生産管理・品質管理を行うことにより、高品質低価格の開発を実現させている。

Plug and Play Japan株式会社 会社概要
名称    Plug and Play Japan株式会社
所在地   〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F代表者   
代表取締役社長  ヴィンセント・フィリップ
URL    http://japan.plugandplaytechcenter.com/
設立年月日 2017年7月14日

株式会社クォンタムオペレーション 会社概要
名称 株式会社クォンタムオペレーション
資本金:1億3,440万円(資本準備金を含む)
URL:https://quantum-op.co.jp
設立年月日 2017年10月26日

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社クォンタムオペレーション
TEL:03-5859-0748
e-mail:quantum-op-all@freeml.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社クォンタムオペレーション 加藤
TEL:03-5859-0748
e-mail:quantum-op-all@freeml.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会