企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

IoTデバイスからシームレスにデータ収集と可視化を行うプラットフォーム「CONNECTUS」シリーズを発表

株式会社インフォコーパス
~ ユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」との連携 ~

株式会社インフォコーパスと株式会社Agxは、BLEルーターをユーザー環境に設置するだけで、BLE対応デバイスで収集される様々なセンサーデータを簡単に SensorCorpus 上に収集しWEBブラウザ上ですぐ可視化できるソリューション「CONNECTUS(コネクタス)」シリーズを発表いたします。第一弾として、ホシデン株式会社のバイタルモニタービーコン「MEDiTAG」と「CONNECTUS」を自動接続するソリューション「CONNECTUS with HOSIDEN MEDiTAG」の販売を本日より開始いたします。




株式会社インフォコーパス(東京都目黒区 代表取締役社長 鈴木潤一、以下インフォコーパス)と株式会社Agx(東京都港区 代表取締役 徳山竜喜、以下Agx)は、インフォコーパスが提供するユニバーサルIoTサービスプラットフォーム「SensorCorpus」と、Agxが提供するIoTデータ収集サービス「ThingBridge」との連携ソリューション「CONNECTUS(コネクタス)」シリーズを発表いたします。

「CONNECTUS」シリーズは、BLEルーターをユーザー環境に設置するだけで、BLE対応デバイスで収集される様々なセンサーデータを簡単に収集しWEBブラウザ上ですぐ可視化できるソリューションです。BLEルーター経由で収集されたデータは、IoTサービスに相応しい加工を施した上でIoTデータ収集サービスThingBridge 上に集約、様々なサービスやアプリケーションとのデータ連携を可能にするSensorCorpus とシームレスに連携します。これにより、IoTシステム開発で発生するIoTセンサーネットワークの新規構築、クラウドシステムや可視化アプリケーションなどのソフトウェアの開発は必要なく、初期導入費用及び期間を大幅に削減することが可能になります。

【「CONNECTUS」シリーズの特長】

スマートフォン不要・簡単設置
設定済みですぐ利用開始できる
ノンプログラミングで利用できる
ブラウザベース・インストール不要
月額課金モデルで初期投資を抑制
スモールスタートからIoTシステムの導入が可能
スケールアウト時にカスタマイズが可能(別途有償)


Agxとインフォコーパスは「CONNECTUS」シリーズの第一弾として「CONNECTUS with HOSIDEN MEDiTAG」の販売を本日2019年6月4日より開始いたします。

■「CONNECTUS with HOSIDEN MEDiTAG」概要


「CONNECTUS with HOSIDEN MEDiTAG」はホシデン株式会社のバイタルモニタービーコン「MEDiTAG」と「CONNECTUS」を自動接続するソリューションです。サービス利用者はIoTシステムの構築を行うことなく、MEDiTAGを装着するだけでMEDiTAGから取得される各種センサーデータをブラウザから可視化することが可能になります。
※MEDiTAGはホシデン株式会社の登録商標です

【取得できるセンサーデータ】

パルス・歩数・消費カロリー・転倒検知等


【想定されるユーザー環境】

作業現場での作業者安全管理
スポーツジムでの活動データ収集
介護現場でのバイタル情報(心拍)の取得


「CONNECTUS with MEDiTAG」は、ET&IoT Technology WEST (2019年6月13-14日@大阪)、YSK e-com(2019年7月25日@山梨)にて、実機によるデモンストレーションを予定しています。

Agx とインフォコーパスは今後「CONNECTUS」シリーズをより一層拡充します。第二弾として、IoTセンサーを使った店舗などの混雑状況をリアルタイムに把握できるソリューションのリリースを8月に予定しています。


■ThingBridgeについて


【ThingBridgeの特徴】

長距離BLE接続(最大300m)や複数デバイスの同時接続が可能
市販のBLEデバイス(メーカーの異なるマルチデバイスも可能)がスマートフォンレスで接続を実現
エッジコンピューティングを活用し重複したセンサーデータの削減、データ取得頻度の調整また、自動BLEコネクションの接続が可能


■SensorCorpusについて


【SensorCorpusの特徴】

IoTデータのライフサイクルを実現する上で IoTプラットフォームで必要となる機能をワンパッケージで提供
PoCから本番までシームレスかつ柔軟に拡張可能。クラウド環境にもオンプレミス環境にも対応
多種多様なセンサー、ゲートウェイ等のデバイスや外部アプリケーションと自由に接続可能


■株式会社Agxについて
株式会社Agxは、ウェアラブル/IoTシステム開発を行うベンチャー企業です。IoTハードウェアに適した回路・基板設計・製造、ファームウェア開発などを行います。お客様の要件に応じたIoT接続に必要なモバイルアプリケーションなども手がけます。
Agx URL: https://agx.jp
ThingBridge URL: https://thingbridge.jp

■ 株式会社インフォコーパスについて
株式会社インフォコーパスは、ハードウェアに依存せずにIoTデータの収集、管理、連携、可視化を行うユニバーサルIoTプラットフォーム「センサーコーパス」を提供する、国内唯一のIoTサービス独立専業ベンダーです。
URL: https://www.sensorcorpus.com/


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】株式会社Agx
担当 : 徳山
Email : tokuyama@agx.jp

株式会社インフォコーパス
担当 : 高橋
TEL : 03-5734-1830
Email : contact@sensorcorpus.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会