その他 医療・医薬・福祉

みんなの力で、がんを治せる病気にするプロジェクト「deleteC」 1/30(土)開催 「deleteC 2021 -HOPE-」にAIさん登壇決定!新曲「HOPE」を初お披露目 音楽を通じてエールを

特定非営利活動法人deleteC
みんなの力で、がんを治せる病気にすることを目指す、特定非営利活動法人deleteC(デリート・シー、代表理事:中島ナオ、小国士朗)は、2月4日のワールドキャンサーデー※に先駆けて、がんを治せる病気にする日を1日も早く手繰り寄せることを目的に、2021年1月30日(土)17:00よりオンラインイベント「deleteC 2021 -HOPE-」を開催いたします。




 がんを治せる病気にする日を1日も早く手繰り寄せる為、医療者が推進するがん治療研究への寄付・啓発を強化すべく、がん治療研究を応援するdeleteCの活動に共感し、deleteCアンバサダーとして参加することが決まったアーティストAIさんの登壇が決定いたしました。
 イベント当日は、AIさんの新曲「HOPE」をライブにて初お披露目し、がん治療研究をはじめ医療現場などエッセンシャルワーカーの方々に向けてエールを送ります。また、音楽の視聴とがんの治療研究への応援をつなげる、新しい寄付の仕組「いいねの募金」の発表もいたします。
※ワールドキャンサーデー:世界中の人々が毎年2月4日に、がんのためにできることを考えて行動を起こす日。


【「deleteC 2021 -HOPE- 」とAIさんについて】
1) AIさん参加の背景と新曲「HOPE」に込める想い
 deleteC代表理事・中島ナオを特集したNHK「ひとモノガタリ」(2020年3月放送)でナレーションをつとめて下さったAIさんは、その後もdeleteCの活動を応援し続けてくれた。そのAIさんが、2020年コロナで不安や悲しみに包まれた世界の人々に“希望”を歌で届けたいと「HOPE」という楽曲を制作。歌詞に込められた想いは、deleteCの「コロナ禍でもがん治療研究を前進させる医師たちを応援したい」という願い、そしてdeleteCが2月頭のワールドキャンサーデーを目前に実施予定をしていたイベント「deleteC 2021 –HOPE-」のコンセプトとも重なる部分が大きかった。そこで、AIさんとdeleteCコラボレーションの新しいカタチでのコラボが実ることとなった。AIさんは“みんなの力で、がんを治せる病気にする”ことを、1日でも早く、1人でも多くと叶えられるように、“歌”の力で手繰り寄せようとしている。

AIさんは、今回の取り組みついて、以下のようにコメントしています。

【音楽を通して「がんを治せる未来」を作っていきたい。もちろん”がん”だけじゃなく今はコロナだってある、全ての人達の苦しみをとってあげることができたら、、今も時間がない人達がたくさんいる。どうにかできるかもしれない、そんな希望を持っていて欲しい、持っていたいって思いながらHopeって曲もできました。みんなで力を合わせたら少しでも多くの人たちを、誰かを喜ばせられるかもしれない。苦しみを消してあげられるかもしれない。Let’s delete all the sickness,and Let’s delete the C together!!!! 】


2) “いい音”を聴いて、“いいね!”と思ったら寄付に 音楽の視聴とがんの治療研究への
応援をつなげる、新たな寄付の取り組み「いいねの募金」を発表。
AIさんの新曲「HOPE」のミュージックビデオを1月30日にインターネット上に公開し、”いい音”を聴いた方が、”いいね!”と思ったら、ご自身の気持ちの“良い値”を寄付をしていただきたい、そういった想いから「いいねの募金」と名付けました。(※詳細は後日発表予定です)

【「deleteC 2021 -HOPE- 」概要】


イベント名 :deleteC 2021 -HOPE-
日時 :2021 年1 月30日(土)17:00~18:30予定 (受付開始16 :45)
参加方法:オンライン(予約は不要で、開催時間になりましたら、以下のサイトに
アクセスしていただきましたら、どなたでも簡単に生放送をお楽しみい
ただけます)
参加URL :https://www.delete-c.com/hope/2021
参加費 :無料
想定プログラム :
・寄付先となるがん治療研究の発表・寄付金の目録贈呈
・アスリートによるチャリティーオークション「HOPEオークション2021」の紹介
(※アスリート名は近日発表予定)
・アーティストAIさんによるスペシャルライブ
・deleteC代表理事挨拶(deleteC代表理事 中島ナオ・小国士朗)
MC :パックンマックン
※状況により配信時間が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

【AIさんプロフィール】

AIさん プロフィール写真

アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。鹿児島県鹿児島市育ち。
ゴスペルクワイアーで鍛えた本格的な歌唱力、L.A名門アートスクールで学んだダンス・センス。完璧な英語、バイリンガルでラップもこなせるストリート感覚。アンダーグランドからオーバーグラウンドまで支持を得る唯一無二の存在、それがAI。安室奈美恵やEXILE ATSUSHIなど国内トップアーティストはもとより、クリス・ブラウンやスヌープ・ドッグ、ザ・ジャクソンズ、チャカ・カーンなど国境を越えた数々のレジェンド・アーティストとのコラボレーションも多数。これまで3度のNHK紅白歌合戦出場、第59回日本レコード大賞・優秀作品賞の受賞を果たす。そして、2020年、次世代リーダーが集まる⻘年版ダボス会議「One Young World Japan」オフィシャルアーティストに就任し、「Not So Different」がテーマソングに決定。SDG’sメッセージソングとして、AIがいま最も伝えたい想いが込められた曲となっている。同曲のRemixには、最重要アーティストのAwichをフィーチャリングに迎え、音楽ファンのみならず話題となっている。
AIは音楽、人柄、その溢れ出る愛を通してアジアや世界の架け橋となっていく。
<AI Information> https://lnk.to/AI_Link

【deleteC代表理事 中島ナオ・小国士朗コメント】
2020年3月にNHKで放送された、中島ナオのドキュメンタリー番組でナレーションを務めてくださったのが、AIさんでした。収録の後、短い時間ではありましたが、AIさんとお話をさせてもらった時、「deleteCのことを知って、私にも何かできることはないかなと思って、まずは携帯にシールを貼って、常に思い出すところから始めてます!」と明るくおっしゃっていたのが印象的でした。
がんという病に関する活動をする上で、deleteCが大切にしているバリュー(価値観)に「あかるく、かるく、やわらかく」というものがあります。これはAIさんのイメージそのものではないだろうか!と(勝手ながら)感じた私たちは、今回のdeleteC -HOPE-でもAIさんとなにかご一緒できないかと、2020年秋から相談をさせてもらっていました。すると、AIさんがちょうど新曲を作っているところで、そのタイトルが「HOPE」であることを教えてもらいました。この偶然の一致に驚きながらも、「これはもう一緒にやるしかない!」と心を一つに今回のdeleteC-HOPE-でご一緒することが決まりました。
いい音楽を通して、がんの治療研究の応援につながっていくという新しい寄付の仕組み「いいねの募金」もスタートします。エンターテイメントの力が、多くの人の心を動かし、「がんを治せる病気にする未来」を手繰り寄せることにつながると考えています。
特定非営利活動法人deleteC 代表理事 中島ナオ・小国士朗

【deleteCのプロジェクトについて】


 deleteCは、個人、企業、組織や立場を越え、誰もがその想いを自由に意思表示するなど応援できる仕組みをつくり、1日でも早く「がんを治せる病気にする日」を手繰り寄せることに貢献します。
具体的には、プロジェクトに参加する企業・団体・自治体・個人が自身のブランドロゴや商品、またはサービス名からCancerの頭文字である「C」の文字を消したり、deleteCのロゴやコンセプトカラーを使うなどし、オリジナル商品・サービスを制作・販売・提供します。購入金額の一部はdeleteCを通じて、医療者が推進するがん治療研究に寄付します。現在は、賛同企業70社、寄付者718名を超える方々に支持されています。
団体名 :特定非営利活動法人deleteC
代表  :代表理事 中島ナオ/ 代表理事 小国士朗
HP  : https://www.delete-c.com/
Twitter :@deleteC_
Instagram :@project_deletec
Facebook :https://www.facebook.com/deleteCproject/


▼PDFデータはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d65179-20210114-4823.pdf

▼2019年度アニュアルレポート

https://drive.google.com/file/d/1PfodK1jR3KhkfcTZnKJVlUQGNqJeocRT/view
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)