スポーツ・アウトドア 出版・アート・カルチャー

『アスリート・ビジョン』1月15日(金)より無料配布!創刊20号目の特集は「カラダづくり計画」

株式会社バンブック
カラダづくりやコンディショニングに役立つ情報満載!デジタル版を無料公開中

株式会社バンブック(本社:東京都渋谷区)は、学生アスリート応援マガジン『アスリート・ビジョン #20』を2021年1月15日より、全国の学生競技者を対象に無料配布いたします。 https://ath-v.com/





『アスリート・ビジョン』は、全国の学生アスリート(※)を対象に配布しているフリーマガジンです。「勝てるカラダをつくる」をコンセプトに競技力向上に必要な【カラダづくり】に役立つ情報を発信しています。トレーナー、栄養士、医師などの専門家の監修のもと、栄養・食事のとり方やトレーニング方法、メンタル、ボディケアなど、スポーツ現場で長く活用できる知識を分かりやすく解説しています。

編集部は創刊より、学生アスリート自身がカラダづくりの重要性を理解してセルフコンディショニングを行えるようになることが、競技力向上、そして大学スポーツの発展につながると考えており、2016年4月創刊以来、無料配布を続けております。

※運動部などに所属する大学生競技者



■特集テーマは「カラダづくり計画」
今号ではフルシーズン戦えるカラダをつくるための【計画】にスポットをあてます。4月より本格的にシーズンが始まる競技において1~3月は「準備期」と呼ばれる期間。「カラダづくり期」と呼ぶ方もいるように、いい状態でシーズンに入れるようにカラダの土台を強化する時期です。この時期の過ごし方、取り組み方が結果に直結すると言っても過言ではありません。そこで必要となるのが計画です。強化のために闇雲に鍛える時代は終わり、量だけでなく質も重視される時代となっています。それを踏まえてカラダづくりの軸となる「栄養」と「トレーニング」の年間計画の考え方、立て方を解説します。

■デジタル版(無料)も公開中!
デジタル版を今号も無料で公開!冊子を受け取ることができなかったという方は、ぜひWebサイトよりご覧ください。
▼詳細はこちら▼
https://ath-v.com/trial/

●最新号ラインナップ
特集「カラダづくり計画~質にこだわる~」
・栄養のプロに聞いた「結果を出すカラダへ年間栄養プロジェクト[準備期編]」(監修:管理栄養士 柴崎真木さん)
・コンディショニングのプロに聞いた「年間トレーニング計画を立てて 効率よく鍛えよう!」(監修:吉田直人さん/NSCAジャパン)
・トレーナーに聞いた!効率よく動くためのウォームアップルーティーン[肩・肩甲骨編](監修:西山朋さん/八王子スポーツ整形外科メディカルフィットネス部門)
・「Athlete Interviews」立教大学体育会スケート部 松山雛子選手
・注目チーム紹介 Vol.27 桐蔭横浜大学サッカー部
・注目チーム紹介 Vol.28 IPU・環太平洋大学ダンス部
・注目チーム紹介 Vol.29 立命館大学 体育会トライアスロン部
・スピード・敏捷性を強化!アスリートのためのヨガ入門(取材協力:ホットヨガスタジオLAVA)
・目的に合わせて選ぶ 冬のカラダづくりに使える #筋トレグッズ 5選(協力:ゼビオ株式会社)
・アスリートのキャリア育成・就職・転職を支援する「マイナビアスリートキャリア」って?(取材協力:マイナビアスリートキャリア)
・筋肉量アップに不可欠な”栄養”効率的に摂るなら必須アミノ酸高配合ホエプロテイン(情報提供:「アミノ酸スポーツ栄養科学ラボ」味の素株式会社)
・「料理ビギナーでも簡単・ラクラク!毎日食べたいアスリートごはん」(監修:東京アスリート食堂)

●配布・受取に関して
密着、密接、密閉を避けた環境での配布にご協力をお願いします。大学・施設等へ立ち入れない等、受取が困難の場合は、公式Webサイトよりお問合せ下さい。
※新規購読のお申込み、バックナンバー配送、冊子追加配送希望のお問合せも承ります。

●掲載内容に関して
社会情勢を受けて、誌面に掲載している情報が変更となる可能性がございますことご理解願います。




■発行概要
媒体名:学生アスリート応援マガジン『アスリート・ビジョン』
発行 :株式会社バンブック内アスリート・ビジョン編集部
創刊日:2016年4月 判型:A4/24ページ 発行部数:5万部 ※過去実績8万部、今号は社会情勢を踏まえて部数を縮小しております。

[本件に関するお問合せ]
株式会社バンブック内アスリート・ビジョン編集部
info@ath-v.com
03-6712-6907
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)