医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

コロナ禍で病床ひっ迫の課題を解決するため、臨時施設や院外から院内の電子カルテを利用できるサービスを、2ヶ月ライセンス料無料でご提供いたします。

株式会社ビットブレイン
最短5営業日で導入可能!!ルータ設置のみで利用可能!!

 株式会社ビットブレイン(本社:福井県福井市、代表取締役:斎藤智示)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による入院患者の増加に伴う、病床ひっ迫リスクが拡大している状況に対して、臨時入信施設や臨時診察室の早期開設を支援するため、臨時施設などの院外から院内の電子カルテを最短5日で利用可能にする自社サービスを、利用料2か月間無料で、1ライセンスからのご提供をおこないます。




【背景】
新型コロナウイルス(COVID-19)が、これまで経験したことのないスピードで感染拡大を続けています。政府は2021年1月8日に埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県を対象とした緊急事態宣言をし、その後、緊急事態宣言の対象地域が全国各地に広がっていきました。

この状況下で、今最も深刻な事態は、新型コロナウイルスに感染した中等症以上の患者を受け入れる病床が不足していることにあります。
加えて、日常に発生する事故や病気などの通常患者が治療や入院できない事態が発生していることにあります。

ことさら、病床など設備の問題だけではなく、看護師などの医療スタッフが不足していて、現状の人員では対応可能な患者数に限界があるとされ、この深刻な事態を招いている一つの要因といわれています。

そのような状況下で、当社は通常の患者治療に支障を出さずにコロナ感染患者の処置を迅速に行うために、すばやく臨時入院施設や臨時診察室を設置すること、その施設内で電子カルテなどシステム利用をして医療スタッフの業務効率化と負荷を下げること、これらの取り組みが必要と考えています。

電子カルテなどの医療情報を取扱うシステムは、通常、インターネットと切り離された非常にセキュリティの高い環境で使われています。
そのため、臨時入院施設や臨時診察室を開設しても、その場所で電子カルテやレセプトなどの医療システムを利用するには、ネットネットワーク工事などの大改修が必要になり、膨大な費用と時間が必要になります。

この費用と時間の捻出が困難な場合、医療スタッフは、臨時施設と病院とを行き来して、紙にメモした情報を院内の電子カルテに入力する、院内の電子カルテや画像データ、検査データを確認して紙にメモして臨時施設での診察・処置を行う、といったオペレーションになります。

臨時入院施設や臨時診察室の開設時に、院内の医療情報システムの高セキュリティを担保しつつ、すばやく、そして低コストで、臨時施設内で電子カルテなどが利用できるようになるのであれば、新型コロナウイルス感染拡大から人々を守る一つの施策になるのではないかと当社は思っております。

その解決策として、当社の医療向けリモートソリューション、SPG-Remote Medicalで、臨時入院施設や臨時診察室の即時開設、医療スタッフの業務効率化に即時対応させるため、利用料2ヶ月無料で、1ライセンスからの提供をすることといたしました。

臨時診察室の事例として富山労災病院様の導入事例を添付資料にて配布いたします。


【SPG-Remote Medicalの適用事例】
事例1. 臨時入院施設で活用
敷地内の空き棟や敷地外の公共施設などを利用して臨時の入院施設を開設するとき、臨時入院施設内で院内の電子カルテや画像データ、検査データなどの医療情報の閲覧・書込み操作が可能になります。


事例2. 臨時診察室で活用
院外の臨時診察室でコロナ感染者か否かを診察・検査する場合に、臨時診察室で電子カルテや画像データ、検査データなどの医療情報の閲覧・書込み操作が可能になります。


事例3. 軽症者受入れ施設で電子カルテの利用に活用
ホテルや旅館を軽症者受入れ施設として開設するとき、軽症者受入れ施設内で院内の電子カルテや画像データ、検査データなどの医療情報の閲覧・書込み操作が可能になります。


事例4. 訪問診療・看護など院外での電子カルテの利用に活用
訪問診療・看護をするとき、現場で診察を記録し病院に戻って電子カルテに転記していた行為が、現場で電子カルテに直接記録することが可能になります。



【SPG-Remote Medicalの特長】
医療機関向けテレワーク製品『SPG-Remote Medical』は、インターネットと切り離された非常にセキュリティが高い院内ネットワークにある電子カルテや検査情報、画像情報、薬歴情報などの医療情報に、臨時施設など院外から安全かつ簡単にアクセスができることが特徴です。

◆ 短納期!!最短5営業日で利用可能
最短5営業日で利用開始になります。
◆ インストール作業などの煩わしさなし!!
院外のPCも院内のPCもアプリのインストールや設定は不要です。
◆ 専用ルータ設置のみの簡単導入(工事不要)
専用ルータを設置するだけの簡単導入です。ネットワーク工事などは不要で、既存の医療システムや医療ネットワークに影響を及ぼしません。
◆ マルチデバイスで使えて便利!
Windowsだけではなく、MacやLinux、タブレットやスマートフォン等マルチデバイスでご利用いただけます。
◆ 強固なセキュリティで安全・安心!!
臨時施設など院外のPCには、院内の情報を保存やコピーすることができません。また、クリップボードやキャッシュ領域に一切の情報は残りません。また、院外から院内への不正侵入などもありません。
◆ 個人情報漏えい保険付帯
『SPG-Remote Medical』はセキュリティクラウドを経由し高度なネットワーク分離を行う、非常に高セキュリティなリモートソリューションです。
高セキュリティを誇るために実現できた、最大1,000万円まで補償する個人情報漏えい保険が付帯されています。
※個人情報漏えい保険の適用には諸条件があります。


【SPG-Remote Medicalの価格】
『SPG-Remote Medical』
・ 初期費 : 998,000円 (税別) ~
・ 月額費 : 8,400円 (税別) 1ライセンス
ご契約期間は1年毎の自動更新です。(更新後は、通常価格となります。)
個人情報漏えい保険が付帯されます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)