流通 医療・医薬・福祉

【宏福商事合同会社】2021年1月18日より新商品、ビームプロテック【業務用ハンディーポータブル型 紫外線ウイルス除去装置】を清掃会社、施設管理会社、環境衛生サービス会社様向けに販売開始!

宏福商事合同会社
業界初 !!ウイルス感染防止策、接触感染対策に特化した画期的な装置【業務用ハンディーポータブル型 紫外線ウイルス除去装置】

和牛や清酒など日本食品と衛生用品を中心に貿易を手がける宏福商事合同会社(本社:東京都荒川区)は、2021年1月18日より新商品、ビームプロテック【業務用ハンディーポータブル型 紫外線ウイルス除去装置】を販売開始! お問い合わせはこちらまで: ▼メールアドレス:info@kofukutrading.com




ビームプロテック5つの特徴





その1:UV-Cビーム1秒で ウイルス除去率 99.99%

紫外線UV-C(波長230~280)低圧水銀ランプは、ウイルスに対して最も有効なランプです。
ビームプロテックは、ウイルスや細菌など99.99%除菌できます。
20mW/cm2=0.33秒(28cmx9cm範囲)よってウイルスに対しても照射距離5cmで1秒かからず除菌。
1分間での除菌範囲は、広範囲に及び 28cmx17.8Mです。(4.98平方メートル )






その2:ハンディーなので隅々まで確実に除菌可能

業界初の軽量ハンディ―型(1,100g)なので片手で立体物にも確実な除菌ができ、ドアノブ、テーブル、パソコン、キーボード、医療機器、電子機器、複雑な形状のものやベッドシート、カーテン、マスク、防護服等可能です。





その3:薬品剤不要のドライビームで作業時間の短縮

照射するだけなので、ふきとり作業や乾燥時間も必要なくとても短いじかんで完了できます。薬剤品を使用しないので、作業後の待機時間や異臭などのストレスもありません。





その4:100Vでどこでも持ち運び可能なポータブル型

コンパクトなどで、100V電源があれば、隣の建物や車内、遠方にも持ち運びができ、除菌できます。





その5:安価なランニングコストは、1時間25円

紫外線ランプの寿命が約4,000時間です。(紫外線ランプ価格10万円÷4,000時間=25円/1時間) ※電気代は、含まれません


作業効率のUP!!
接触感染対策のストレスを大幅に軽減します
これまでの接触感染対策の大半は、アルコール、次亜塩素酸、加速化過酸化水素等の薬品液をウエスに湿らせドアノブ、手すり、機器のボタンスイッチ、テーブル等、丁寧に手作業で行い、除菌液で拭き取る作業です。これには、時間と労力を費やし、作業者の心理的・精神的ストレスも加わります。
医療や食品加工などで広く用いられてきたこの状況を改善できる接触感染対策に特化した画期的な装置です。



医療や食品加工などで広く用いられてきた紫外線除菌
紫外線 UV-C(波長230~280)は、医療や食品加工などの分野で昔から広く用いられてきました。この波長を人工的に生成する紫外線ランプは、ウイルスや細菌、カビの「除菌」に高い効果があり、増殖中の細胞または再生細胞除菌が行われます。



紫外線除菌のデメリットを解決しました
紫外線の照射が当たらない所は、全く除菌出来きません。また 照射距離が遠い場合も光が弱くなるので除菌効果が弱くなります。このデメリットを小型ハンディータイプにすることで解決しました。片手で簡単にテーブルや椅子の裏側、複雑な機器等が至近距離で除菌可能となります。


信頼性と安全性について
UV-C装置は、強い除菌効果を持ち、業務用向け用途で活用されています。ビームプロテックは、特殊配合の石英ガラスを職人の手作業で制作しているためUV-C波長を効果的にかつ安定的に照射できます。また、装置はわかりやすいアナログ機器ですので、操作がとても簡単です。 一方、UV-C装置は、人間の目・皮膚への障害など悪影響を与えるため、使用時には十分な注意が必要です。基本的にUV-Cカットのファイスガードと手袋と保護具を着用して作業を行ってください。


【宏福商事合同会社について】
本社:〒116-0011 東京都荒川区西尾久6-13-6-A103
設立:2018年12月
URL:http://kofukutrading.com
事業内容:貿易業、問屋業、代理業、食品・酒類・飲料・介護用品・衛生用品・日用品雑貨等の販売


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:宏福商事合同会社
担当者名:関
TEL:090-4025-2885
Email: info@kofukutrading.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)