美容・健康

【世界初*新発売】白髪染めはヘアダメージと引き換え...そんな常識を払拭。低刺激と最新の染毛テクノロジーで完成された、植物由来色素100%の想いやり「SUNAカラートリートメント」登場

株式会社NIL
高級紫根から抽出した色素と独自技術を採用し価格を抑える事に成功、オンリーワンの白髪染め「SUNAカラートリートメント」

「最先端のナノ粒子化技術×天然由来の生理活性物質」で機能性を飛躍的に高めたエイジングケア製品群を開発する化粧品ベンチャー企業株式会社NIL(代表取締役社長:佐藤正晃、本社:神奈川県中郡二宮町)は革新的ヘアケアブランドSUNA(スーナ)からオーガニック染毛成分の白髪用「SUNA カラートリートメント」の予約販売を開始いたしました。




「SUNAカラートリートメント」は、HC染料、塩基性染料不使用で、センシティブな頭皮や肌のために白髪染めを諦めていた人にも、積極的に使っていただけるやさしさがポイント。古来日本で親しまれてきた紫根からとれた、希少な天然成分「シコニン」と、「クルクミン」「クェルセチン」の3つの植物由来色素に、有機化学の技術を掛け合わせて生まれた、独自のアプローチに基づくオンリーワンのカラートリートメントです。

【ポイント】
・低刺激にこだわりNIL独自技術を使い植物由来色素100%で髪と頭皮にやさしく白髪を染める。
・独自の色素浸透技術を新たに開発し今回初めて導入する事に成功し高い染毛性、耐久性、簡便性を実現。
・頭皮に対し刺激性を有するカチオン界面活性剤を不使用とし有効なトリートメント成分を配合し高いトリートメント性を実現。


【新商品情報】
■商品名:SUNAカラートリートメント
■カラー:ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン
■URL:https://suna-color.jp/
■価格:3,800円(税抜)
■内容量:200ml

★シコニンと機能性連結成分を含む染毛剤を、世界で初めて開発(第6624628号)【世界初】
★PCPC(米国化粧品工業会)に登録の複数の化粧品原料を配合【世界初】
★HC染料、塩基性染料、パラベン、シリコン、ジアミン、カチオン界面活性剤、鉱物油、酸化防止剤不使用

*当社はシコニン(紫根由来の古代色素)と機能性連結成分を含む染毛剤を開発し、PCT国際出願を行い、
国内においては特許成立(特許第6624628号)いたしました。この特許技術を用いた製品は世界で初めてです。


【独自成分×最先端の技術で、白髪染めのデメリットを払拭】

安心安全なものを、という目標を掲げて開発された「SUNAカラートリートメント」。白髪染めはこれまでやさしさと効果は反比例すると考えられてきましたが、「SUNAカラートリートメント」はこの課題にも答えを出しました。水溶性シコニンとケラチンをイオン結合させる独自の技術を用いることで、色素成分が素早くキューティクルの隙間に浸透して短時間でしっかり染色でき、繰り返し使うことでさらに理想の髪色へと近づけることが可能になるのです。


最近白髪が気になり始めた人、自宅で安心して白髪ケアをしたい人、美容院での白髪染めと白髪染めの間の時期も自信のもてるヘアで過ごしたい人…。そんな方はぜひ一度手に取って、その手軽さと心地よさ、そして効果を実感してください。

【SUNAカラーとは】
これまでNIL社が展開している製品共通コンセプトである「植物のチカラと最先端技術で、健やかに、豊かに。安全安心で健康的なエイジングケア」を叶えるために誕生した新世代の白髪染毛料です。
これまでにない発想の植物染毛技術で従来の白髪染めの難点を克服した白髪染め新ブランドです。



【株式会社NIL(エヌアイエル)について】
長年にわたって蓄積した有機化学の知見とナノ粒子製造技術の開発実績を基に、 機能成分の効果を最大化する革新的な機能性極小微粒子(スーパーナノ粒子)製造技術を開発し、SUNA(スーナ)ブランドを展開、現在、「エイジングケア」をキーワードに、天然由来の機能成分を用いた新たな機能性化粧品・機能性食品・医薬品等、様々な産業分野で製品開発と事業化を推進しています。

設立 : 2015年2月
代表者 : 代表取締役社長・CEO 佐藤正晃
東京オフィス:東京都千代田区神田神保町2-10-4階
神奈川研究所 : 神奈川県海老名市下今泉705-1神奈川県立産業技術総合研究所内 製品開発室1-2
業務内容 : 機能性化粧品、医薬部外品、医薬品、機能性表示食品等の開発及び製造販売
会社URL: http://www.nil-co.jp/
SUNAカラー:https://www.suna-color.jp
SUNAバイオショット:https://www.suna-bioshot.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)