出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

発達障害の青年の生きづらい現実。壮絶な半生を綴った手記を出版!『ギザギザハートのアスペルガー』

株式会社リーブル
Amazon新着ランキング1位(精神医学カテゴリ)

薬剤師の臼井志乃さんが、勤務先の精神科病院で担当した発達障害の中原慎太さん(仮名)の手記に解説を加え、その交流記録も交えた『ギザギザハートのアスペルガー』という本を出版した。 「育てにくい子」として生まれ、周囲に理解されない慎太さんの壮絶な「生きづらい現実」と心情の変化・成長が綴られている。 「苦しんでいる方に少しでも希望を与えたい」と発達障害や精神科の患者について理解を深めてもらう活動を2人で開始した。



知的障害を伴わない発達障害の一種「アスペルガー症候群」という障害を抱えた慎太さん。
感情の起伏がなく常に他人行儀で、周囲にも理解されず人間不信に陥り、「気味が悪い」「悪魔」と呼ばれるほどに変貌していく。
5年前、聴覚過敏によるいらだち、不穏などが負のループに入り、臼井さんが勤務する病院に入院した。
慎太さんの状態は薬物療法やデイケアでのプログラムが奏功し、改善していく。
その中で、誤解されやすい自分を理解してもらおうと半生を少しずつ書き始めた。

そこには、母親のネグレクト(育児放棄)、兄からの暴力、家庭崩壊、殺意、両親の離婚、学校でのイジメ、鬱、無気力、パニック……これでもかというぐらい壮絶な「生きづらい現実」が綴られていた。


しかし、唯一ともいえる友人やデイケアメンバーとの出会い、そして慎太さんに寄り添う臼井さんら関係者の理解の中で、慎太さんはついに弱みを克服し


暗いトンネルを抜け出していく。
「あのどん底を知っていたら、何も怖くないですね。失敗したら、やり直したらいい。僕は虐待された子や自閉症スペクトラムの人間がどん底からのし上がったところを見せてやりますよ」と語る慎太さん。

現在、病院を退職した臼井さんとともに、発達障害や精神科の患者について理解を深めてもらう活動を始めている。

「彼らは、育てにくい子どもとしてこの世に生を受けます。
その子たちが自分自身を愛せるようになるには、親の愛情だけではなく、接し方のハウツーが存在すると私は思います。
それによって子どもたちは弱みを克服し、強みを伸ばしていけるのです。自分自身を愛せるようになるのです。
本書は、発達障害について多くの方に理解していただくこととあわせて、発達障害という肩書をお持ちの方に皆が気持ちよく暮らすために歩み寄ることの第一歩になればとの願いを込めています。」(あとがきより)

これほどまでに発達障害の自分の心情を赤裸々に綴った本は今までなかったのではないだろうか。

全国主要書店やAmazonで好評発売中。
四六判162ページ、1430円(税込)。リーブル出版
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)