インテリア・雑貨 美容・健康

マスク内換気で、息苦しさや蒸れを軽減させる次世代型マスク「ブリーズマスク」に、新色サクラピンクが登場

株式会社フィリップス・ジャパン
おしゃれを楽しみながら花粉をブロック、2月10日(水)より販売開始



株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下 フィリップス)は、「2030年までに25億の人々の生活を向上させる」を達成目標に掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち、すべての人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現をめざしています。

このたびフィリップスは、N95フィルターと電動ファン搭載の次世代型マスク「ブリーズマスク」の販売好調を受け、新色のサクラピンクを2月10日(水)より、フィリップス公式オンラインストア 楽天市場店を始めとした主要ECサイトで販売開始します。また本日1月20日(水)より先行予約を受け付けます。

マスクの着用が日常化している中、約7割の方が暑さや蒸れ、息苦しさなどマスクに関する悩みを抱えています(出典:株式会社プラネット 意識調査『Fromプラネット』)。このような市場のニーズに対して、フィリップスが空気力学分野での50年を超える研究実績と人間の呼吸に関する医療分野の研究実績に基づき、日本電産株式会社製の電動ファンテクノロジーを取り入れた「ブリーズマスク」は、発売3日で初回在庫を完売し、2020年度は当社計画の2倍以上の売上を達成するなど、お客様から好評をいただいております。

本製品は、N95フィルターの高い保護性能がこれからの花粉の飛び交う季節に活躍することが期待されることに加えて、電動ファンがマスク内部の空気を排出し、内部に新鮮な空気が入ることで、マスク内の快適性を実現しています。蒸れや臭い、息苦しさを軽減するため、花粉が増え始めるこれからの季節の日常使いはもちろん、スポーツ観戦や軽いエクササイズ時にも快適にご使用いただけます。

また、ブリーズマスクは機能性に加えてデザイン性の高さも好評いただいております。顎まわりのVラインを美しく見せるフィットしやすいフォルム、長さを調整できるゴム紐により、密着感が高くスタイリッシュなデザインを実現しました。

今回発売する新色は、幅広い年代の女性を中心にお使いいただけるよう、落ち着いた色合いのピンクを採用し、20~40代の女性350人のご意見で、最も好評であった「サクラピンク」の名称を採用しました。これからの日本の季節に適した名称であると言えます。
既存のブラックとグレー、そして今回登場するサクラピンクの3色展開により、さまざまなシーンに合わせることができ、ファッションの一部としてもお楽しみいただけます。

フレッシュな空気を春色気分で。
「ブリーズマスク」の製品概要



いつも新鮮な空気をマスクから。

カスタマイズされた日本電産株式会社製のファンから毎分41リットルの空気を排出するハイパワーと、そのパワーを最適化するスマートなデザイン設計。マスク着用時の呼吸抵抗を大幅に減らし、いつでも新鮮な空気がマスクの中を循環します。ファンの風量はボタンひとつで3段階に切り替え可能です。


素材にこだわった設計。

何千もの高品質素材の中から厳選されたメッシュ素材を使用し、有害物質をブロックしながらも空気が通るように設計されています。さらに、熱による成型のプロセスにより、強度と柔軟性のバランスがとれています。


有害物質からあなたを守る。

N95レベルのフィルターにより、飛沫、PM2.5、細菌、ウィルス、花粉から保護します。また、PM2.5や花粉の95%[1]、細菌の99%[2]、ウィルスの98.87%[3]をカットします。UPF50+[4]の性能でお肌を紫外線からも守ります。


毎日のファッションアイテムに。

顔に自然にフィットする3Dデザインは、ヨーロッパのデザイナーチームによりアジアンフィットを意識して生み出されました。V字の曲線が顎まわりのラインを美しく見せます。ブラック、グレー、サクラピンクの3色からお好みや気分に合わせてお選びいただけます。


マスク蒸れや接触による化粧崩れを軽減。

マスク内に新鮮な空気を循環させるため、息苦しさや蒸れなどの不快感を軽減します。さらに立体感のある3Dデザインが顔のラインにフィットし密着させながらも、口元にはマスクが張りつきにくいので、化粧崩れの悩みを軽減することが期待されます。

製品詳細









【使用時の注意事項】
マスク内の呼気は、ファンを通じて下向きに排出されます。一方で、ファンの排気によって周りの方々にご不安を与えてしまうことも想定されますので、屋内や三密下のような環境で、電動ファン機能を使用することは推奨しておりません。気温の高い日は熱中症対策を十分に行い、ご使用ください。

[1]: Zhejiang Guojian Testing Technology Jiangsu Co.,Ltdが米国の NIOSH(国立労働安全衛生研究所)および当社規定の試験条件に準拠して試験。花粉の大きさは 15~200 μm(E. Pacini, Encyclopedia of Ecology 2008)。
[2]: Zhejiang Guojian Testing Technology Jiangsu Co.,LtdがQ/PSH 001-2019に準拠してBFE試験。
[3]: airmid healthgroup ltdがAnnex B in the standard ISO 14683:2019に準拠してVFE試験。
[4]: Zhejiang Guojian Testing Technology Jiangsu Co.,LtdがGB/T 18830-2009に準拠して試験。

フィリップス・ジャパンについて
フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2019年4月1日よりフィリップス・レスピロニクス合同会社と統合し、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいるヘルステックカンパニーです。今後、病院で使用されるフィリップスの先進医療機器やパーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がることで、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケア・プロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供していきます。医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指します。(https://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケア・プロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2019年の売上高は195億ユーロ、オランダを拠点に全世界に81,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)