美容・健康 インテリア・雑貨

気軽に整体に通えない時代。施術経験を開発に活かした首ケアアイテムを販売開始

マークセラピー株式会社
名古屋市を拠点に約35年間にわたり日本人の骨格の研究と施術を行う”骨のプロ”が開発

愛知県名古屋市を拠点に、構造医学をベースとして整骨院・研究会・およびその知見を活かした製品開発等を営むマークセラピー研究所(所長兼院長:根橋豊光)は、このたびテレワークで急増する首の悩みをセルフケア可能にする「setneck(セットネック)」を開発し、Makuakeにて先行発売を開始しました。


setneck(セットネック)


setneckは患者様の要望により、「おうち整体」を手軽に実現することを目的に開発されました。施術する手の形を反映したデザインが最も大きな特長です。

●コロナ禍で気軽に施術を受けられなくなった反面、テレワークで健康の悩み増加
2020年、感染症流行の影響は整骨院をはじめとした治療院にも押し寄せました。当院にも、日頃遠方からお越しになる患者様がいらっしゃる中、緊急事態宣言下、施術のキャンセルをせざるを得ませんでした。現在、院内の万全な対策を行いつつも、移動を伴うことは避けられず、全国でこのようなもどかしさは現状も続いています。

反面、同時期にテレワークが急増。在宅勤務は労働環境として整備が不十分なケースが多く、VDT症候群として代表的な首・腰などの苦痛を訴える方が発生しています。厚労省が企業へ従業員の作業環境のアドバイスを求めるものの、その実態把握までには現状至っていません(※1)。悩みの多くは首・腰などの施術で回復が期待されるものです。

●長年の施術経験を活かし、生活者自身が日常的にケアできるアイテム提供へ
テレワーク等による身体の悩みが増加傾向の中、私たちは来院による施術だけをすすめる考えから、生活者自身による日常的なケアの併用を提案する発想にいたりました。特に、長時間のパソコン・スマホ使用は首に負荷がかかります。そのため、どなたでも首を手軽に正しく・短時間でケアすることに着目。setneckは正しい首の姿勢を保つ日常の習慣を提供します。

整体師は手指を使い患部を直接ケアしますが、setneckはこの施術する手の形を忠実に反映。本製品を下にして仰向けに寝ることで一人一人の身体に合わせて柔軟に変形し、首から頭への理想的なカーブを促す機構となっています。

●Makuakeにて先行販売中
setneckはアタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」にて、2021年1月21日より先行販売を開始しました。同年2月27日に終了し、同年3月下旬より購入者へ順次発送開始予定です。

【製品仕様】
素材:発泡ポリウレタン
質量:約330グラム
サイズ:高さ148mm・幅185.5mm・長さ201.5mm
色:ライトブルー

【販売価格】
一般販売予定価格:1個 13,750円(税込)
Makuakeでの先行販売期間中は、下記の割引価格で購入が可能です。(いずれも税込価格)
・9,350円(1個・32%OFF・先着30名限定。2021年04月末までにお届け予定)
・10,450円(1個・24%OFF・先着100名限定。2021年05月末までにお届け予定)
・11,550円(1個・16%OFF・先着300名限定。2021年06月末までにお届け予定)
・17,600円 (2個セット・36%OFF・先着50名限定。2021年04月末までにお届け予定)
・19,800円 (2個セット・28%OFF・先着200名限定。2021年05月末までにお届け予定)
・22,000円 (2個セット・20%OFF・先着500名限定。2021年07月末までにお届け予定)

【製品詳細・販売ページ】
https://www.makuake.com/project/setneck/

▼マークセラピー研究所について
愛知県の名古屋を拠点に、約35年間にわたり日本人の骨格の研究と施術を行う”骨のプロ”。健康維持と骨格や姿勢の因果関係に興味を抱き、研究論文作成や商品開発等を実施。不二ラテックス株式会社が販売する2次曲面流体まくら「S-sleep」は、大手の量販店で取扱われ、全国の整骨院等や一部の歯科医院・病院で推奨されています。
URL:https://marktherapy.com/

※1:厚生労働省「第5回『これからのテレワークでの働き方に関する検討会』資料」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15700.html

1日2分。仰向けに寝て使用。一人一人の身体に合わせて柔軟に変形し首をサポート
3つのモードで日常の首を正す習慣を提供
名古屋を拠点とする「マークセラピー研究所」。約35年間日本人の骨格を研究・施術
日本のモノづくり ・デザイン・医術のプロが集結し完成したMADE IN JAPAN
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)