スポーツ・アウトドア 美容・健康

自転車競技トラック日本代表の梶原悠未選手がスポーツバイクブランド「スペシャライズド」のロードバイクアンバサダーに就任

スペシャライズド
日本自転車界における最高の逸材である梶原悠未選手は、自転車トラック競技で世界のトップに君臨。スポーツバイクの素晴らしさを広めるべく活動をしています。

アメリカのスポーツバイクメーカー、スペシャライズドは2020全日本選手権自転車競技トラックにて全6種目1位となり完全優勝を果たした日本代表の梶原悠未選手とロードバイクアンバサダー契約を締結しました。スペシャライズドが目指す「Pedaling the planet forward(ペダルで地球も前に動かそう)」のミッションに向けて共にスポーツバイクの可能性を広めていきます。


スペシャライズド・ジャパン合同会社(神奈川県厚木市、代表:小松亮)は、自転車トラック種目オムニアム日本代表で、現世界チャンピオンでもある梶原悠未選手とロードバイクアンバサダー契約を締結し、同選手の競技活動をサポートし2021年ロードレースを共に戦います。
また同時に、自転車競技の認知拡大を目指す梶原選手と共に、スポーツバイクの素晴らしさを普及させるべく様々な活動を行っていきます。

2020年大会にて6種目完全優勝を達成!
梶原選手は2020年2月にドイツ・ベルリンで行われましたUCIトラック世界選手権女子オムニアム(※1)で、途中落車もありながら総合ポイントで2位に大きく差をつけて見事に金メダルを獲得しました。これは日本人女性史上初の快挙です。
また、同年11月に群馬県前橋市で行われました全日本自転車競技選手権大会トラックレースにて6種目に出場し、6冠を遂げる完全優勝を果たしました。
競技としては、女子オムニアムと女子マディソン(※2)の2種目で日本代表に選出されており今後の大舞台での活躍が期待されます。
今シーズンに控える大舞台に向けたトレーニングやロードレースで使用するバイクに、SPECIALIZED のバイクを選んで頂きました。
(※1)自転車トラックレースの複合競技。1人が1日に4つの種目(スクラッチ・テンポレース・エミリネーション・ポイントレース)を行い、総合成績を競う競技
(※2)2人1組となってポイントレースを行う競技


人間も地球もペダルで改善!
スペシャライズドは「Innovate or Die(革新か、さもなくば死を)」を社是に革新的なサイクル用品の開発を行い、サイクリングを通してライダーの健康や生活の質を向上させるとともに、地球環境をも改善できると信じて活動を続けているブランドであり、「Pedaling the planet forward(ペダルで地球も前に動かそう)」ミッションに様々な活動を行っているブランドです。
その革新的なプロダクトはロードレース最高峰でも成功を収め続けており、すべてのメジャーなレースで優勝を経験し、他のどのブランドよりも多い1381回もの勝利を収めています。


梶原選手には2021年1月1日より、日頃のトレーニングやロードレースではTARMAC SL7、個人ロードタイムトライアルではSHIV TTに乗って頂くほか、シューズなどのエキップメントに関してもサポートし年始からの沖縄合宿では早速トレーニングで使用しています。
(トラックレースでは他社バイクを使用しています。)


S-WORKS TARMAC SL7

S-WORKS TARMAC SL7
TARMAC SL7は妥協という言葉を一切排除したすべてを征すバイクです。スペシャライズドはこれまでの45年間でイノベーションを続け、UCIの重量制限内に収めた軽さとプロトンの中で最速というあらゆる性能が最高のTarmacを誕生させました。
Tarmac SL7はそれまで不可能だと考えられていた軽さ、エアロ性能、ライドクオリティーを見事に融合させています。
https://www.specialized.com/jp/ja/stories/tarmac
S-WORKS SHIV TT


S-WORKS SHIV TT
SHIV TTは市販されるタイムトライアルバイクの中でもっとも調整域が広く、しかもエアロダイナミクスを最大限に発揮するバイクです。
https://www.specialized.com/jp/ja/stories/shiv-tt


沖縄トレー二ングではS-WORKS TARMAC SL7にて練習を行う。
●梶原悠未選手コメント
この度、スペシャライズドジャパン様にサポートしていただくことになりました梶原悠未です。スペシャライズドバイクに乗り、世界に挑戦できることをとても楽しみに感じています。TARMAC SL7に乗ってみて、軽さと剛性に胸が高鳴りました。スプリントではバイクがまっすぐと前へ進み、力がダイレクトに推進力へ繋がる感覚があり、登りではしなやかなハンドリングで軽やかに進んでいく感覚がありました。2021年は更なる飛躍をご報告できるよう、日々、限界を越えるトレーニングに取り組みます。また、自転車競技を日本で人気スポーツにできるよう、活動していきたいです。今後とも応援よろしくお願いいたします。

●プロフィール
生年月日:1997年4月10日
出身地:埼玉県和光市
身長:155cm
自転車競技トラック日本代表

●主な戦績
2014年  全日本選手権ロードレース・女子ジュニア+U-17 優勝
2015年  ジュニア・アジア自転車競技選手権大会
・ポイントレース    優勝
・団体追い抜き     優勝
・個人追い抜き     優勝
・個人ロードレース   優勝
・個人タイムトライアル 優勝
2016年  UCIトラックワールドカップ第3戦 女子オムニアム 優勝
UCIトラックワールドカップ第4戦 女子オムニアム 優勝
2018年  全日本選手権個人タイムトライアル 優勝
2019年   The 60th Anniversary Thai Cycling Association 総合優勝
2020年   世界選手権女子オムニアム 優勝
(日本人女子として初めて世界一の称号であるアルカンシエルを獲得)
全日本選手権自転車競技大会トラックレース
・3km個人パーシュート 優勝
・ポイントレース    優勝
・オムニアム      優勝
・マディソン      優勝
・スクラッチ      優勝
・エリミネーション   優勝
 全6種目で完全優勝

※戦績はスペシャライズドのバイクではありません。

梶原選手とスペシャライズド・ジャパンは今後も様々な取り組みを行なっていく予定ですので、今後の活動に注目してください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)