美容・健康

過去5年間で20代の来店客数が約15%増!在宅ワークで身体の不調を訴える人の若年化がさらに加速!~20代の42%が「首・肩コリに悩んでいる」と回答~

フェリコ株式会社
三軒茶屋にあるヘッドスパ専門店「頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~」(以下、希翠)を運営するフェリコ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:赤羽亜希)は、2016年1月のオープン以降の年代別来店客数を調べたところ、20代のお客様の比率が年々増加し、2016年に比べて2020年は約15%も増えていることが分かりました。



毎年、希翠に来店されるお客様の中で30代の比率が最も多いのですが、過去5年間ではほぼ横ばい、その他40代・50代・60代・70代以上は年々右肩下がりなのに対し、20代の比率だけは約15%も増えています。
昨年は、新型コロナウィルスの影響で在宅ワークになり、慣れない環境でのストレスから20代前半のお客様も増えたことを受け、2020年に来店した20歳~29歳のお客様のお悩みと来店動機を調べました。
その結果、20代の悩みの約42%が「首肩コリ」に悩んでいるということが分かりました。


お悩み集計結果(※複数回答可)

1位:首・肩コリ 96人(42.4%)
2位:眼精疲労  53人(23.4%)
3位:頭痛    33人(14.6%)
4位:頭皮の痒み 31人(13.7%)
5位:抜け毛   28人(12.3%)


なぜヘッドスパに来ようと思ったのか?

・眼精疲労にはヘッドスパが良いと聞いた。
・ここ最近眠りも浅く、ヘッドスパは安眠効果もあると思ったから。
・2~3ヶ月前から抜け毛が気になり始めた。
・最近周りでヘッドスパが流行っていたから興味を持った。

《集計結果概要》
・調査対象:希翠に来店した20歳~29歳の男女
・有効回答数:226人
・集計期間:2020年1月6日(月)~2020年12月30日(水)
・集計方法:来店時のカルテ記入と対面カウンセリング


代表取締役赤羽亜希のコメント




2020年は世界が大きく変化した1年でした。
希翠は、「本来人間が持つ自己免疫力の回復を促すお手伝いがしたい」という想いから2016年にヘッドスパ専門店としてオープンしましたが、こういった形で「免疫力」という言葉が世の中に浸透するとは想像もしておりませんでした。
人生100年時代と言われているにも関わらず、不調を訴える人は年々若年化しています。日本は病気になったら薬を飲むという対処療法が一般的ですが、それでは根本治療にはなりません。欧米では身体が健康なうちから「予防」することに意識が高く、普段の食事や運動に気を付けている方が多いのです。20代のお客様でも積極的に健康になる行動を心掛ける「気付き」を与え、これからも一人ひとりのお客様と真摯に向き合うサロンづくりを目指します。


店舗情報
店名   : 頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~
サービス : ヘッドスパ、フェイシャル、スクール運営、化粧品販売
住所   : 東京都世田谷区三軒茶屋1-37-13オアシス三軒茶屋ビル3階
電話番号 : 03-6805-2464
営業時間 : 10時~19時(※当面は感染対策のため19時までの時短営業) 不定休
URL   : https://kissui.tokyo/

会社概要
商号  : フェリコ株式会社
代表者  : 代表取締役社長 赤羽亜希
所在地  : 東京都世田谷区三軒茶屋1-37-13オアシス三軒茶屋ビル3階
設立   : 2015年11月
事業内容 : ヘッドスパ専門店「頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~」の運営
URL : https://felico.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)