医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

コロナ禍で深刻化する介護業界の働き方改革。“介護のマッチング”に挑む「みーつけあ」8か月で500以上の事業所、1500名以上のヘルパーが登録採用費用のコストカットを達成。約4分の1へ!

株式会社みーつけあ
介護×DX(デジタルトランスフォーメーション)に挑む、株式会社みーつけあ(所在地:東京都中央区、代表取締役:洞 汐音(ほら しおん)、以下:みーつけあ)は、昨年4月、介護ヘルパーの人材不足解消および・収入増拡大を目的としたマッチングサービス「みーつけあWorkers」を展開、延べ500以上の事業所と1500人以上のヘルパーによる登録をいただきました。面接希望者への労働条件やニーズの事前確認、介護領域において日本初の面接課金制度の導入などにより、採用費用におけるコストカットを達成、従来の約4分の1まで削減いたしました。


登録へルーパー/事業所・法人 推移


昨年、コロナウイルスの影響で、介護事業者の休廃業・解散は過去最多を記録。要因の一つに、職員負担増加に対する人材不足による施設機能の麻痺などが理由としてあげられています。みーつけあは2020年4月に介護ヘルパーの人材不足解消および・収入増拡大を目的としたマッチングサービス、『みーつけあWorkers』をリリース。仕事を探しているヘルパーとヘルパーを募集している介護事業所をマッチング、「事業所に多くのヘルパーの登録が集まり仕事の依頼が受けやすくなる」、「ヘルパーのシフト情報を共有し、空いている時間に仕事が決まりやすくなる」、「仕事が受けやすい環境を作り、ヘルパー不足を軽減する」といった機能価値を提供。結果、開始からわずか8か月で、中小から大企業にて続々導入、全国で250法人・500以上の事業所からお申し込みをいただき、すでに1500名以上のヘルパー様から登録をいただいております。(※2020年12月1日時点)
また、面接希望者への労働条件やニーズの事前確認、介護領域において日本初となる面接課金制度の導入などを行い、採用費用を従来の約4分の1まで抑えられました。(みーつけあ算出による)

「みーつけあWorkers」では、2021年の目標として事業所登録(者)数を2500、ヘルパーの登録者数を5000としています。事業所が増えることで、利用者やヘルパーも選べる数が増え、マッチングがしやすくなることからも、多くの事業所へ登録いただけるようサービスの改善等に努めていきます。

2021年も「みーつけあ」は、「介護に関わる全ての人々が豊富な情報を元により良い介護が実現できる」、そのような新しい介護のセカイの実現を目指しています。

「みーつけあ」について
「みーつけあ」は「Best care and smile」の実現をミッションとして、介護に関わる全ての方が豊富な情報を元により良い介護ができる、そのような新しい介護のセカイの実現を目指しています。介護相談を始め、ご利用者様の施設探しのお手伝い、介護現場で働く方の待遇改善や事業運営のサポートを今後も行ってまいります。



【株式会社みーつけあ 概要】
会社名:株式会社みーつけあ
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-11 2F
代表取締役:洞 汐音
事業内容:
・介護情報提供・相談サービス みーつけあ( https://meetscare.jp )の運営
・人材マッチングプラットフォーム「みーつけあWorkers」の運営・提供
訪問介護事業所様向け : https://workers.meetscare.jp/homecare/lp
コーポレートサイト:https://company.meetscare.jp


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
《株式会社みーつけあ》
TEL:03-6801-6807
e-mail:inquiry@meetscare.jp
担当者:広報担当
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)