美容・健康 食品・飲料

韓国発!糖質制限中でも安心して飲める、新しいヴィーガンミルクティー「ケトジェニー アーモンドブラックティー」がいよいよ日本上陸! BASE・CAMPFIREで先行予約開始。目標支援額を達成しました。

株式会社テイゲン
ローカロリー・ラクトフリー・MCTオイル配合など、健康と味を追求して生まれたスイートドリンクです

株式会社テイゲン(本社:福岡県福岡市 / 代表取締役:石川 昇 / 以下、当社 )は、韓国で月5万本以上販売されている話題のスイートドリンク「KETO Jennie(ケトジェニー)」の先行予約をBASE・CAMPFIREで先行予約を開始しました。ケトジェニーの海外進出は、昨年のシンガポールに続き2ヵ国目となる。




糖質制限・ケトジェニックなどのダイエット手法は、近年メジャーになりつつあります。
日本よりも早くこれらのダイエットが進んでいた韓国で生まれたケトジェニーは、食事制限中でも美味しく、健康をサポートできるドリンクを目指し誕生しました。
過度な食事制限で体調を壊したり・ストレスをためたりすることなく、我慢せずに楽しめる新しいスイートドリンクして、韓国全土のセブンイレブンやコストコなどでも取り扱われ、月5万本以上販売されており、昨年シンガポールでの販売がスタートしています。
日本国内でのこうした新しい食習慣や健康意識が高まる中、我慢せずに、美味しく健康をサポートする手段となるべく、日本での販売をスタートするに至りました。


特徴1. ローカロリーなのに自然な甘さ

希少糖の一種「アルロース」と天然甘味料のステビアを使って甘さを演出しています。
アルロースは、0カロリーかつ、血糖値を上げるのではなく、逆に抑制する働きがある優れものです。味はガツンと甘いわけではなく、自然な甘さという感じです。

そのため、韓国やアメリカでは糖類として分類されておらず、KETO jennieもノーシュガードリンクとして韓国で販売されています。

牛乳ではなくアーモンドミルクを採用し、カロリーは1本あたりわずか45kcalで従来のミルクティーの約半分のkcalを実現しました。乳製品が苦手な方も安心して召し上がっていただけます。


特徴2. MCTオイル配合


近年注目を浴びているオイル、MCTオイルを配合。MCTオイルは体に溜まらず直接エネルギーになるため、エネルギー不足になりやすいダイエット中には、嬉しい機能です。

韓国では、チャンネル登録者約24万人のダイエット系YouTuber ‘‘러브에코Love Echo’’さんを始め、ダイエット系インスタグラマーの方々もKETO Jennieをオススメしています。


特徴3. 好きなときに、好きな場所で楽しめる

常温保管が可能なため、買いだめして家で好きな時に飲める他、バックに入れておけば好きなときに、どこでもお楽しみいただくことが可能です。

朝ごはんやおやつ替わりに、運動後のエネルギーチャージに、仕事中や夜更かしで小腹がすいたときなど、、それぞれのライフスタイルに取り入れやすいことも魅力の1つです。


韓国で2019年から販売スタート


韓国全土のコストコやセブンイレブンの他、bytheway(コンビニ)、新世界デパート、ロッテデパート、coupang(韓国最大のオンライン小売業者) などで取り扱われており、月5万本以上販売されています。


開発ストーリー


「砂糖とミルクを使わないミルクティー」という前代未聞の目標を掲げ、100種類以上の既存の商品を試しながら、理想の味のイメージを固めていき、完成したのがケトジェニー アーモンドブラックティーです。

紅茶は世界三大紅茶のウバ紅茶を、香りを引き立てるためにヒマラヤ産のピンクソルトを採用するなど、厳選された材料を使用しています。

日本上陸を記念して、プレセールスをスタート



2月末まで380円→200円の特別価格にて先行予約をスタートします。
予約購入はBASEまたはCAMP FIREから購入可能です。CAMPFIREでは開始直後ですでに目標額を達成しています。
※発送は2月中旬以降、順次発送予定。

BASE
https://www.ketojenniejapan.com/

CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/362977?list=watched

各種取材、店舗やECモールでのお取り扱い希望の方は、下記宛までご連絡下さいませ。
info@ketojenniejapan.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)