パソコン 医療・医薬・福祉

24時間連続稼働に対応したディスク デュプリケーターのネットワーク対応モデル新発売

エプソン販売株式会社
- ネットワーク環境下でのPACS※1用途の利便性を向上 -

エプソンは、CD/DVD/Blu-ray Disc(TM)のデータ書き込みからレーベル印刷をまとめて処理できるディスク デュプリケーターの新商品として、24時間連続稼働に対応したネットワークモデル『PP-100NEII』を、2021年2月下旬より発売します。



                        PP-100NEII

 ディスク デュプリケーターは、医療現場をはじめ情報サービス業、製造業/印刷業、映像/写真館/文教などの分野で導入され、大変好評をいただいています。
 新商品の『PP-100NEII』は、ネットワークモデルとして要望の多かった24時間連続稼働に対応し、ディスクの作成を常時必要とする現場でご利用いただけるようになりました。また、現行機(「PP-100NE」)では対応していなかったBlu-ray Disc™にも、標準対応しました。
 ディスク デュプリケーターは、医療用画像管理システム(PACS※1)においては、病院検査システムに組み込まれた業務用インフラとして位置付けられ、なくてはならない商品として利用されていますが、今回の新商品により、一層の使い勝手向上を実現しました。
※1:Picture Archiving and Communication Systems

【価格、発売時期について】 



【販売目標台数】
 新商品を含めたディスク デュプリケーター シリーズトータルの販売台数は、今後1年間で約1,500台を予定しています。

【新商品の主な特長】
 ■24時間連続稼働対応ハードディスクドライブを搭載
  24時間連続稼働に対応したハードディスクドライブを採用し、常時ディスクの作成を必要とする現場でも安心 
 してお使いいただけます。
 (システムを安定した状態に保つため1カ月に1回を目安に電源をお切りいただき、定期的なお手入れを実施して 
 ください)

 ■キーロック機構によるセキュリティー確保
  ディスクを取り出す際に開けるディスクカバーは、鍵によりロックが可能なため、情報セキュリティー対策に
 も有効です。

                     ディスクカバーのロック機構

 ■ジョブをハードディスク内に保持し、ディスクの再発行も容易
  一度作成したディスクを再度作成が必要になった場合は、設定に より改めてデータを送り直すことなく、ハ
 ードディスク内のジョブを指定して再発行することが可能です。

 ■本体Webアプリケーション・設定ツールを内蔵
  本体内蔵の「EPSON Total Disc Net Administrator」は、ジョブ管理やユーザー情報管理、ネットワークや 
 通知メールなどの設定、保守データの確認、メンテナンス用データの管理などを行える設定ツールです。システ
 ム運用者は、本体の設定情報やジョブ履歴などのデータバックアップとリストアも行えます。

 ■CD/DVD/Blu-ray Disc™対応ドライブを標準搭載
  CD/DVD/Blu-ray Disc™対応なので、データ量に合わせたディスク選択が可能になりました。(JIIMA※2認
 証アーカイブ用光ディスクには対応していません)
 ※2:公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会


                                                 以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)