インテリア・雑貨 美容・健康

#HairWeGo パンテーン『#PrideHair サロン』プロジェクト「ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル」完成、並びに本プロジェクトへの賛同サロンの本格募集を開始。

P&Gジャパン合同会社
緊急事態宣言が明けた時、より多くの方がヘアサロンで自分らしい髪になれることを願い。ひとりひとりの個性によりそうヘアサロンを、日本全国へ。

 P&G(本社:神戸市)が展開する1945年に生まれたヘアケアブランドのパンテーンは、「あなたらしい髪の美しさを通じて、すべての人の前向きな一歩をサポートする」というブランド理念のもと、『#PrideHair サロン』プロジェクトの一環として「ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル」を2021年1月28日(木)より特設サイトにて公開いたします。



特設サイト:https://pantene.jp/ja-jp/hair-we-go/pride-hair/pride-hair-salon

 パンテーンは、これまでブランドメッセージ「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」のもと、ひとりひとりの個性について考えるきっかけ作りを、キャンペーンを通して展開してまいりました。昨年10月からは、就職活動において自分を偽らずに、自分らしさを表現できることを願うプロジェクト『#PrideHair』を始動し、さらに、昨年12月より新たに、ひとりひとりの個性によりそうヘアサロンを日本全国へと広めていく『#PrideHair サロン』プロジェクトを立ち上げました。
 この活動の一環としてパンテーンがLGBTQ+当事者と美容師の方と行った共創ワークショップ、SNSで頂いた声をもとに、皆さまの協力を得て完成させたのが「LGBTQ+フレンドリーマニュアル」です。また、この完成、公開と併せて、2021年1月28日(木)より『#PrideHair サロン』プロジェクトへの「賛同サロンの本格募集」を開始いたします。
 本プロジェクトを通して、ヘアサロンが、より居心地良く、自分らしい髪になれる場所になること、そして、ひとりひとりの個性が輝く社会へのきっかけづくりになることを願っております。

『#PrideHair サロン』プロジェクトとは

LGBTQ+の就職活動生が、就職活動において自分を偽らずに、自分らしさを表現できることを願って2020年10月に展開した『#PrideHair』プロジェクト。LGBTQ+の元就活生が就職活動の体験談を語る動画は、公開から約1週間で、2000万回再生を超えるなど、多くの賛同や共感の声をいただきました。しかし、同時に、ジェンダーに対する偏見や思い込みが、まだ社会に多く存在することが分かりました。そのような中、多くの美容サロンで働く方々より、「髪を通じて個性が輝くことをサポートするサロンという場所を、さらにひとりひとりの個性に寄り添う場所にできないか」といった声をいただくと同時に、LGBTQ+当事者の方からは「ダイバーシティに配慮した美容室が増えて欲しい」という声をいただきました。そこで、新たに、『#PrideHair サロン』プロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=XG9OWR1bmQo


「ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル」について

 2020年12月に開催した、LGBTQ+の当事者と、LGBTQ+フレンドリーなサロン運営に取り組む美容師の方々に参加いただいたオンラインワークショップでのディスカッションの内容や、SNSで寄せられたご意見等を参考に制作いたしました。LGBTQ+に関する基礎知識から、お店の設備や接客の心得などを、LGBTQ+当事者の体験談と共に紹介しています。

 なお、マニュアルには【完全版】と【スマートフォン用簡易版】がございます。スマートフォン用簡易版は、完全版の一部抜粋となっており、全国のヘアサロンのスタッフの方々が、スマートフォンで手軽に閲覧できる仕様になっております。用途に合わせて使い分けいただければ幸いです。

あなたのお店はLGBTQ+フレンドリー?今すぐ使えるチェックリスト
(マニュアルより抜粋)


ヘアサロン向け「LGBTQ+フレンドリーマニュアル」完成に寄せて

JobRainbow CEO星賢人
 「彼女はいるんですか?」「女性にモテる髪型にします!」。ゲイの自分にとって、ヘアサロンは自己表現の場でありつつも、時に、偽りの自分でいなくてはならない場でもあります。今、私はLGBTQ+の就活支援を行う会社の経営をしていますが、LGBTQ+の就活生から多く頂くのもヘアスタイルについての悩みです。もし日本に、LGBTQ+フレンドリーなヘアサロンが増えれば、こうしたLGBTQ+だけでなく全ての人にとって、安心して「その人らしさ」を実現できる場所になるはず…そんな想いから、パンテーンの『#PrideHair サロン』プロジェクトに参画をしました。今回のマニュアル制作にあたって、多くの当事者や美容師の方々との議論を重ね、やっとこの日を迎えることができました。一方で、世の中の価値観は変化し続けるからこそ、マニュアルも同時に、アップデートを繰り返していく必要があると思います。このマニュアルがヘアサロン業界に変化を与えるきっかけとなり、そして皆さんと一緒に、さらにより良いものにしていけることを楽しみにしています。

MINT/MINTing MISAKI(オーナースタイリスト)
 美容師の仕事は、「男性らしさ」「女性らしさ」など、セクシュアリティ問わず「その人らしさ」を表現するお手伝いだと思っています。私のサロンのカルテには、性別欄は設けていません。また、LGBTQ+のお客様が自分のセクシュアリティを臆せずお伝えしてくださるよう、質問や選択肢も工夫しています。お客様の理想を丁寧にヒアリングする中で、いわゆる女性的なヘアスタイルを望む男性もいらっしゃいます。はじめから、男性・女性と決めつけずに「その人らしさ」を知ることで、お客様の潜在的な希望など、知り得なかったことをたくさん知れると実感しています。全国の美容師やヘアサロンがLGBTQ+を理解し、もっとたくさんの方を幸せにできれば、と願っています。

Hairsalon BREEN Tokyo KAHO(スタイリスト)
 『#PrideHair サロン』プロジェクトに賛同するヘアサロンで働く方の中にはLGBTQ+当事者の美容師さんがいらっしゃるかもしれません。美容師として、お客様の要望にお応えする前に、ヘアサロン自体が性別の壁を感じる空間であることが多いと感じています。それは社内の人間関係でも同様です。これまで周りに気を遣ってオープンに働けなかった方も、このプロジェクトを機にありのままの自分で美容師を楽しんでほしい。そして、いつかLGBTQ+フレンドリーなヘアサロンと名乗らなくても、誰もが通いやすいヘアサロン作りが当たり前になれば最高だと思います。

EIZO 宮島 瑠(スタイリスト)
 今では、自分がトランスジェンダーであることを公表していますが、昔は性別に関することで特別扱いされることがすごく嫌で、なんとなく気を遣われていると感じると申し訳なくなってしまい、自分を前に出すのが億劫になっていました。もちろん悪気もなければ、むしろ優しさゆえであるのは承知です。それはLGBTQ+がまだ日常的ではなかったからだと思いますが、当事者であれば、同じような思いを抱いたことがある方は少なくないのではないでしょうか。お客様にとって、悩みを共有できたり、何でも気軽に話せる美容師でありたい。そのためには、まずは自分が理解者であることを示すことが必要だと考えています。

<『#PrideHair サロン』プロジェクト 概要>プロジェクト発起人:パンテーン、Job Rainbowプロジェクトサポーター:五十嵐ゆり – 【レインボーノッツ合同会社 代表 / NPO法人Rainbow Soup 代表】、木本奏太 -【YouTuber】、サリー楓 - 【日建設計社長直轄/コンサルタント】、杉山文野 - 【NPO法人東京レインボープライド 共同代表理事】、月村栄理奈 - 【青山学院大学文学部フランス文学科/JobRainbowインターン生】、西原さつき - 【乙女塾 project 代表/俳優】、西村宏堂 - 【僧侶/メイクアップアーティスト】、松岡宗嗣 - 【 ライター/一般社団法人fair代表理事】、松中権 - 【特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ代表】、藥師実芳 - 【認定NPO法人ReBit 代表理事】
※五十音順
プロジェクト期間:2020年12月17日(木)~
特設サイトURL:https://pantene.jp/ja-jp/hair-we-go/pride-hair/pride-hair-salon
前回リリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000042936.html


プロジェクトの今後の展開

 1.日本初の「ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル」の普及活動
 2.プロジェクトに賛同いただいたヘアサロンを全国に広める活動
 3.LGBTQ+当事者と多様性を尊重するヘアサロンがマッチングしやすい仕組みづくり

特設サイトにて3名の美容師によるプロジェクトへの想いを公開

マニュアル完成と併せて、LGBTQ+フレンドリーなサロン運営に取り組む美容師3名の声を特設サイトにて公開しております。LGBTQ+フレンドリーを実践する上での心がけや、お店やお客さんに起きた変化、また、このプロジェクトへの想いも語っていただいております。


ヘアサロンの皆さまへ、プロジェクトへの賛同方法

本プロジェクトでは、賛同いただける全国のヘアサロン様を募集中です。
賛同サロンになって頂いた場合は、「ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル」の送付、およびプレスリリースやサイトにて「賛同サロン」としてサロン名を掲示いたします。
※1先着1000店舗のヘアサロン様には、冊子化したマニュアル及び、LGBTQ+フレンドリーを表明する、オリジナルアイテムを送付いたします。
※2 2店舗以上運営されているヘアサロン様には、必要店舗数分をまとめて送付いたします。
※3送付時期は2月下旬以降を予定しております。

<賛同方法>
応募条件:プロジェクトの主旨に賛同いただけること
応募方法:下記1.、2.いずれかでお願い致します。
1. こちらの応募フォームよりエントリーいただく。 https://forms.gle/8BmQQyM5FfrC2LPM6
2. 事務局宛(pridehair@materialpr.jp)宛に、以下情報をお送りいただく。
サロン名、住所、店舗数、担当者名、電話番号、メールアドレス、賛同いただいた理由

「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」キャンペーンこれまでの歩み

パンテーンは、「あなたらしい髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートする」ことをブランド理念に掲げています。2018年よりブランドメッセージ「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」のもと、就職活動における個性の尊重などをテーマに、自分らしい髪で一歩を踏み出す、すべての人を応援します。
詳しくは下記のURLをご覧ください。
#HairWeGo さあ、この髪でいこう。(https://pantene.jp/ja-jp/hair-we-go)

パンテーンのLGBTQ+ コミュニティへのサポート

パンテーンは、画一的な社会の価値観を超えて、多様な美について考える“I’m BeautifuLGBTQ+”キャンペーンをはじめ、WORLD PRIDEへのスポンサーシップなど、世界各国でLGBTQ+コミュニティへのサポートを行っています。


P&Gのダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)の取り組み

P&Gは1992年から25年以上に渡り、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と活用)に取り組んできました。国籍、性自認などを超えた「ひとりひとりの違い」を尊重する組織づくり、多様性を尊重する“文化”を支えるための“制度”に加え、個人の多様性を積極的に活かす「インクルージョン」“スキル”向上に取り組んでいます。

採用活動においても多様性への理解を深める研修を実施するほか、2014年からエントリーシートの写真欄を削除しており、2019年には性別欄に「その他」を設定、2021年には生年月日情報を削除することで年齢によるバイアスも排除します。社内のLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティ支援者(アライ)コミュニティも、より良い職場環境づくりに向けての活動を進めています。

また、2020年には婚姻の平等(同性婚の法制化)に賛同する企業を可視化するための「Business for Marriage Equality」にも賛同するなど、お互いを尊重し受け入れることで、誰もが安心して自分らしくいられる世界を育むことが私たちの願いです。

<パンテーンとは>
健やかな髪へと導くヘアケア製品をお届けするパンテーンは、「あなたらしい髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートする」ことをブランド理念として掲げています。ひとりひとりのスタイルや髪悩みに応える「新パンテーン」は美容乳液配合*1で、夕方5時以降もパサつき、ひろがり、うねりフリーの髪へと導きます。また、最高級パンテーン「ミラクルズ」は高級美容液を配合し、思わずさわりたくなる、カシミアのようになめらかな髪へと導きます。ひとりひとりが本当に好きな髪に出会い、一歩踏み出すことをパンテーンはシリーズ全体を通じてサポートしてまいります。(http://www.pantene.jp/
*1 パンテーン プレミアム ダメージ リペアー シャンプー/トリートメント、パンテーン スーパー モイスト スムース シャンプー/トリートメント、パンテーン ミセラー スカルプ クレンズ トリートメント、パンテーン ミセラー ボリューム トリートメント、パンテーン リペアー ゴールデン カプセル ミルクに配合

<P&Gについて>
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」をはじめとして、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、吸水ケアブランド「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、オーラルケアブランド「Oral-B by Braun」など、様々な製品を提供しています。(https://jp.pg.com/)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)