美容・健康

受賞歴多数の「アラプラス 糖ダウン」新シリーズ!機能性表示食品「アラプラス 糖ダウン アラシア」届出受理のお知らせ

SBIアラプロモ株式会社
2つの成分で血糖値をトータルケア

SBIホールディングス株式会社の子会社で5-アミノレブリン酸リン酸塩(5-ALA(※1))を利用した健康食品、化粧品の製造・販売等を行っているSBIアラプロモ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:竹崎 泰史、以下「SBIアラプロモ」)は、「機能性表示食品制度」に基づき届出を行なった「アラプラス 糖ダウン アラシア」が消費者庁に受理されましたのでお知らせいたします。 2015年より販売している「アラプラス 糖ダウン」のシリーズ商品として、SBIアラプロモ公式オンラインショップ「アラ・オンライン」(https://www.5-ala.jp/)や、ドラッグストア等の販売代理店を通じて今秋発売を予定しております。


※30日分商品パッケージ (デザインは変更となる場合があります)


「アラプラス 糖ダウン アラシア」は、機能性関与成分として「5-アミノレブリン酸リン酸塩(以下、5-ALA)」ならびに「サラシア由来サラシノール(以下、サラシア)」を配合。独自成分の「5-ALA」は、従来の糖ダウンシリーズで配合しているアミノ酸で、食事から摂取した糖を燃やしエネルギーに変えることで、高めの空腹時血糖値と食後血糖値の両方にアプローチします。さらに、「アラプラス 糖ダウン アラシア」では、糖の吸収を抑制することで、食後血糖値の上昇を緩やかにする「サラシア」を追加し、2つの成分でよりトータルに血糖値にアプローチします。1日1粒(目安)で摂取でき、手軽に続けられる点も特長です。血糖値が高めの方や糖質が多い食事を摂りがちな方に適しています。

「アラプラス 糖ダウン アラシア」についての機能性の科学的根拠や安全性、品質に関するデータや資料は、消費者庁のホームページで公開されております。

商品情報




アラプラス 糖ダウンシリーズ


◆アラプラス 糖ダウン


【受賞歴多数!ロングセラー商品】糖を燃やしてエネルギーに変える5-ALA配合。1日1カプセルで空腹時と食後の血糖値をWで対策できる新発想サプリ。

【届出表示】本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩を含み、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があります。血糖値が高めの方に適しています。届出番号:A148
詳しくはこちら: https://www.5-ala.jp/shop/c/c108/


◆アラプラス 糖ダウン リッチ


【シリーズ最多!5-ALA高配合】5-ALAを糖ダウンの167%高配合したプレミアムライン。より本格的なケアをしたい方におすすめ。

【届出表示】本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)を含みます。ALAは高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています。血糖値が高めの方に適しています。届出番号:D56
詳しくはこちら: https://www.5-ala.jp/shop/c/c116/


◆【新商品】アラプラス 糖ダウン アラシア


【2つの成分でトータルアプローチ】糖を燃やしてエネルギーに変える5-ALAと、糖の吸収を抑制するサラシアの2つの成分で、トータルに血糖値にアプローチ。※今秋発売予定

【届出表示】本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)とサラシア由来サラシノールを含みます。ALAは高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を
穏やかにする事が報告されています。サラシア由来サラシノールは食事から摂取した糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を穏やかにする事が報告されています。血糖値が高めの方や糖質が多い食事を摂りがちな方に適しています。


5-ALAとは?
5-アミノレブリン酸または5-アミノレブリン酸リン酸塩の略。5-アミノレブリン酸は体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸。ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー産生に関与する重要な物質ですが、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。5-アミノレブリン酸は、焼酎粕や赤ワイン、高麗人参等の食品にも含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。


(※1)5-アミノレブリン酸リン酸塩は、厚生労働省の「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」に追加されています。医薬品成分ではございません。

(※2)本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)