医療・医薬・福祉 その他

医療相談アプリ・リーバーが「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の連携事業者に選定

株式会社リーバー
つくば市と共に「スーパーシティ型国家戦略特別区域」への指定を目指す

茨城県つくば市が推進する「つくばスーパーサイエンスシティ構想」において、株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)が連携事業者に選ばれました。医療分野の広範な課題解決に向けて、遠隔医療相談アプリ「リーバー」、およびデジタル健康観察表「LEBER for School」で得られた知見を活用し、つくば市のスーパーシティ型国家戦略特別区域への指定に向けて協力していきます。




つくばスーパーサイエンスシティ構想は、内閣府の「スーパーシティ型国家戦略特区」の指定取得へ向けたつくば市の取り組みです。筑波大学を中心に世界レベルのデジタル・ロボティクス技術の集積している同市が、先端技術を活かして地域の様々な社会課題の解決を目指するもので、医療分野においてリーバーがその一翼を担うことになりました。


■リーバーの役割

つくば市は、全国的にも珍しい転入超過地域です。人口増加に伴い医療リソースの拡充が急がれています。しかし現状では高齢者ベッド数、病床数などで全国平均を下回っています。遠隔医療相談アプリ・リーバーの利用によって、緊急度や重症度によるトリアージが進めば、本当に診療が必要な患者に医療リソースを充当することができます。




すでにつくば市の全市立小・中学校に導入されているLEBER for Schoolは、子供たちの健康を守ります。「デジタル健康観察表」としての機能は、集計管理にかかる時間を大幅に減少させ、教員本来の業務時間を取り戻すことも可能になります。



内閣府の「スーパーシティ型国家戦略特区」指定へ向けて、つくば市とリーバーは手を取り合って地域の健康増進に資する活動を続けていきます。


■株式会社リーバーについて

株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立されました。
私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めています。

〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
所在地:茨城県つくば市高野1155-2
代表者:伊藤俊一郎
設立:2017年2月
URL:https://www.leber.jp
事業内容:アプリの企画・開発・運営

<この記事に関するお問い合わせ>
メールアドレス:info@leber.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)