ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

【これから介護世代を支えるきっかけづくりを】仕事と介護の両立支援研修『けあとの遭遇(R)』オンライン版の体験者が100名を突破しました!

株式会社and family
~対面版・オンライン版合わせて60回以上・600名以上の方が体験~

株式会社and family(本社:東京都中央区 / 代表取締役:佐々木将人)が開発・提供する新しいカタチの仕事と介護の両立支援研修「けあとの遭遇(R)」は、コロナ禍の最中にリリースした「けあとの遭遇(R)オンライン版」の体験者が100名を突破したことを発表いたしました。


▢ ビジネスゲーム『けあとの遭遇(R)』の活動状況
 ビジネスゲーム型仕事と介護の両立支援研修『けあとの遭遇(R)』は、2020年4月の新型コロナウィルスの流行に伴う緊急事態宣言のため、ボードゲームを活用した対面形式で行っていた活動を中止せざるを得なくなってしまいました。
 
その後、オンライン版の開発に着手し、2020年7月にリリースした『けあとの遭遇(R)オンライン』100名以上の方々に体験していただくことができました。




 対面型の開催と合わせて、60回以上・600名以上もの方々に体験いただくことができた『けあとの遭遇(R)』の活動ですが、今後はより一層多くの方々にお届けしていけるようにファシリテーターの育成やパートナー様との提携などを進めながら、超高齢社会における介護の問題を解決するためのひとつのアプローチとして今後もチャレンジし続けてまいります。




▢ ビジネスゲーム「けあとの遭遇(R)」とは?
ビジネスゲーム「けあとの遭遇(R)」は、超高齢社会における「仕事と介護の両立」「介護離職防止」の支援を目的に開発されました。




団塊の世代が後期高齢者となる「2025年問題」に対して漠然とした危機感がありつつも、
企業も個人も直面するまでは見て見ぬふりをしてしまう「介護」のこと。

「介護」はネガティブなイメージが強いこともあり、また、プライベートなことを職場で相談する、助けを求めていくことに対して抵抗感を持ってしまう方が多いのが現状です。

そんな「介護」というものを《誰もが通る道》だからこそ、
いつ誰が起きてもお互いさまとして助け合っていける職場があれば、
誰もが安心して働き続けられるようになる

「介護」を不幸の入口にしないためにも、私たちは当事者の方々の声をより受け取りやすい「場」をつくり、気づくきっかけをつくるチャレンジをしています。

「これから介護世代」の方々をひとりにさせない、ひとりで抱え込ませない!
お互いさまの想いをもって助けられ上手・助け上手になっていただく!

両立支援のためには、ひとりひとりの心構えはもちろんのことですが、
企業や職場の支援が不可欠です。

だからこそ仕事と介護の両立支援研修「けあとの遭遇(R)」では、
ビジネスゲームという研修スタイルで疑似体験を通じた介護のイメージを持っていただくことから始めていくことを提案しているサービスです。

どんなにいい制度があっても利用できない、活用できなければ意味がない
職場でまず話してみるという体験ゲームという新しいカタチの介護研修から入ってみませんか?

ビジネスゲーム『けあとの遭遇(R)』では、
ゲームを通じて介護が生活や職場にどのような影響を与えるかを疑似体験していただいたのち、

 ●「当事者」の声を
 ●「これから」の方に届ける


『けあとの遭遇(R)』は、ひとりひとりの〈ジブンゴト〉化職場における〈お互いさま〉の風土づくりを後押ししていくことで、超高齢社会における介護の問題を解決するひとつのアプローチとしてチャレンジし続けてまいります。


【株式会社 and familyについて】




会社名 :株式会社 and family
所在地 :東京都中央区日本橋小網町8番2号
設 立 :2019年3月15日
代表取締役 :佐々木将人
事業内容 :1)ビジネスゲーム型企業研修プログラムの開発・提供
      2)各種セミナー・講演等
      3)新規ワークショップ企画コンサルティング
URL :https://and-fam.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)