金融 美容・健康

世界の植物ベースのマグロ市場-サイズ調査、フォーマット別、ソース別(大豆ベースのタンパク質、カノーラベースのタンパク質、ソラマメベースのタンパク質など)、分布別、地域予測2020-2027年

Kenneth Research
Kenneth Researchは、世界の植物ベースのマグロ市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年01月 28日 に発刊しました。これは、世界の植物ベースのマグロ市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346840



植物ベースのマグロは、植物製品とスイカなどのドライフルーツで作られ、スライスされ、焼かれ、熱く提供されます。見た目も食感もマグロの刺身にとても似ています。

魚は赤肉の健康的な代替品と見なされています。しかし、健康的なライフスタイルに対する懸念の高まりにより、人々は肉ベースの食事からビーガンライフスタイルに切り替えています。多くのレストラン、ファーストフード店、カジュアルダイニングの場所では、ビーガン食や準菜食主義の人気が高まっているため、メニューの一部を「肉を使わない」オプションにのみ割り当てています。また、動物の権利についての意識の高まりは、成長を促進すると予測されています。

トップ企業により植物ベースのマグロの紹介
2018年11月の時点で、Atlantic Natural Foodsは、さまざまな植物ベースの成分で作られた、Tunoという名前の植物ベースのマグロ代替品を発売しました。またNestlé 2020年8月に、同社初のシーフード代替製品であるVunaと呼ばれる最新の植物ベースのマグロのリリースを発表しました。Vunaはスイスで最初に利用可能になります。Nestlé の魚を含まないマグロには、6つの植物ベースの成分が含まれており、エンドウ豆タンパク質が主要成分です。 また、植物性タンパク質のポートフォリオに偽のマグロを追加しました。

しかし、製品の高価格、味や食感を変えずに栄養価、砂糖、塩分を維持するためのさまざまな課題などの要因があります。

世界の植物ベースのマグロ市場における業界のリーダー
Impossible Foods Inc.
Maple Leaf Foods (Field Roast & Maple Leaf)
Vegetarian Butcher
Conagra, Inc. (Gardein Protein International)
Kellogg NA Co. (MorningStar Farms)
Quorn
Amy’s Kitchen, Inc.
Tofurky
Gold&Green Foods Ltd.

レポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

また、調査レポートは、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

北米は、予測期間中に市場を支配すると予測
北米は、市場シェアの点で世界の主要/重要な地域です。地域の成長は、アスリート、ボディービルダー、および回復中の患者による高栄養製品の適応による消費者の行動変化の増加に起因しています。一方、アジア太平洋地域は、2020ー2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。急速に増加する体重意識のカテゴリーや環境への懸念の高まりなどの要因は、アジア太平洋地域全体の植物ベースのマグロ市場に有利な成長見通しを生み出すと予測されます。

世界の植物ベースのマグロ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場セグメンテーション洞察
レポートは、フォーマット別(冷蔵、冷凍、その他)、ソース別(大豆ベースのタンパク質、小麦ベースのタンパク質、エンドウ豆ベースのタンパク質、カノーラベースのタンパク質、ソラマメベースのタンパク質、その他)、分布別(HoReCa、小売、オンライン)および地域によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-plant-based-tuna-market/10346840

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)