美容・健康

温活のプロがつくる"自宅で温活"入浴剤第二弾、大和の国・奈良の「よもぎ湯」「当帰湯」Makuake(マクアケ)にて先行販売開始。Makuake限定特別価格。

株式会社テーブルカンパニー
自宅で温活。発酵温浴nifuの入浴剤、『発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」「当帰湯」』

女性専用酵素風呂専門店、発酵温浴nifuは、Makuake(マクアケ)にて2021年1月26日より入浴剤新商品『発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」「当帰湯」』の先行販売を開始いたしました。




●酵素風呂屋がつくった入浴剤第二弾。
発酵温浴nifu at home 「よもぎ湯」「当帰湯」


私たちは2021年に創業8周年を迎える発酵温浴施設です。

発酵・温活のプロである発酵温浴nifuによる自宅で温活シリーズ。この度、新商品が完成しました。

長く続いているウイルスの流行と自粛生活。
そんな中、ご自宅での入浴をほっと一息つける時間にしてほしい。 なかなか先の見えない状況でがんばる全ての方へ贈りたい。

そんな想いからオリジナル入浴剤第二弾、 発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」、発酵温浴nifu at home「当帰湯」を発売いたしました。


手間暇惜しまず育てられた奈良県東吉野村のよもぎと、高取町の大和当帰(やまととうき)を中心につくりました。

▽Makuakeプロジェクトページ
温活のプロがつくる"自宅で温活"第二弾、大和の国・奈良の「よもぎ湯」「当帰湯」
https://www.makuake.com/project/nifu2/

●大和の国・奈良の和ハーブを使った入浴剤


奈良県東吉野村の深吉野よもぎと、高取町の大和当帰。

よもぎは食用はもちろん、古くから厄除けや身を清めるための素材としてや、よもぎ蒸しで知られるように温活でも用いられ、多岐に渡り使えることから"和製ハーブの女王"と言われるほどです。

東吉野村の深吉野よもぎは、大自然の恵みをたっぷり受けきれいな空気ときれいな水に恵まれ、丁寧な手作業で手間暇掛け農薬を使わず育て上げられたよもぎです。

大和当帰は根がくすりである和ハーブです。
古くから女性特有のお悩みを助けてきました。
その葉にも多くの栄養価があることから近年美容、健康業界で注目されています。

推古天皇の薬狩りでも知られる高取町の大和当帰は、あえて葉をメインにして育てられた大和当帰です。
2年もの月日を掛け、細やかな手作業で大切に育てられています。


発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」「当帰湯」はこのよもぎ、大和当帰を主な素材としてつくりました。
伝統的な和ハーブを普及させたい生産者の想いが込められた素材です。


発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」「当帰湯」は、純国産・自然由来の成分だけでできており、香料、着色料、防腐剤などの化学合成成分の添加がなく、ハーブティーのような心地良い香りと自然の発色をお楽しみいただけます。

●Makuakeだけの限定先行販売。今だけお得な最大30%OFF。

Makuakeからの応援購入では最大30%OFFでご購入いただけます。
先行販売期間:2021年1月26日~2021年2月27日

●発酵温浴nifu

身体を芯から温め、美容と健康のお手伝いをする発酵温浴施設です。
2021年2月に8周年を迎え、それに伴い2月は周年限定企画を行います。
https://nifu.jp/

●発酵温浴nifu 清澄白河オープン

2021年3月、発酵温浴nifuの新店舗が清澄白河にオープンいたします。
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000520495/


●発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」「当帰湯」商品概要

商品名:発酵温浴nifu at home「よもぎ湯」
原材料名:硫酸Mg,炭酸水素Na,蓬,海塩
原産国:日本
内容量:5包(450g)

商品名:発酵温浴nifu at home「当帰湯」
原材料名:硫酸Mg,炭酸水素Na,大和当帰葉,陳皮,海塩
原産国:日本
内容量:5包(450g)

販売予定価格:2,310円(税込)
商品企画:発酵温浴nifu


●発酵温浴nifu 新宿三丁目
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6F


●販売元 株式会社テーブルカンパニー
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-8-1
新宿セブンビル202

https://tablecompany.jp/
お問い合わせ:info@tablecompany.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)