医療・医薬・福祉

湘南アイパーク 「iPS細胞提供プラットフォーム」 の構築に向けた実証実験を開始

湘南ヘルスイノベーションパーク

湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、「湘南アイパーク」)は、「iPS細胞提供プラットフォーム」の構築を目指し、一般社団法人「アイディーフォー(iD4; iPSC Delivery on Demand for Drug Discovery)」 を2020年8月に設立いたしました。全体の研究計画が確定し、本日、実証実験を開始したことをお知らせします。

湘南アイパークは、本実証実験を通じて一気通貫で利用可能なiPS細胞提供プラットフォームを構築し、日本におけるiPS細胞の産業利用促進を目指します。

設立背景・目的
iPS細胞は、細胞治療のみならず、疾患メカニズムの解明や治療薬開発にもきわめて有用ですが、日本においては、1.細胞提供過程:ドナーからの同意内容にばらつきが有り、細胞が創薬研究に使用できない、ドナー由来の細胞付属情報が不足している、2.iPS細胞製造・保管過程:製造方法が異なるため細胞の品質が不均一、細胞保管機関が点在しており、また検索・入手が容易でない、3.細胞活用過程:入手した細胞に関する情報が乏しく、目的組織への誘導に適した細胞が分からないなど、各段階で様々な課題が有り、iPS細胞の産業利用が広く進んでいるとは言えないのが現状です。
よって、今後、いかに医療現場と研究現場をつなぎ、さらに産業へと進めていける体制を整えていくかが、競争の激しいiPS細胞研究において日本が世界をリードする鍵となります。

今般、アイディーフォーが、細胞提供者(患者・医療機関など)、iPS細胞製造・保管機関(受託製造・保管企業など)、細胞活用機関(アカデミア、製薬企業など)を一気通貫でつなげる「iPS細胞提供プラットフォーム」を構築の上、ドナーからの同意取得方法、細胞の付属情報、iPS細胞樹立方法、物流経路などを「標準化・データベース化」することで、iPS細胞の産業利用を促進し、希少疾患などの治療薬開発につなげていくことを目指します。

実証実験
今後本年は実証実験として、少数の医療機関および企業と協業し、特定疾患向けの創薬に活用するiPS細胞の提供プラットフォーム実現の可能性を検証します。実験が成功した場合には、本年中により多くの医療機関や企業が利用できる革新的プラットフォーム事業基盤の構築を目指します。

湘南アイパーク ジェネラルマネジャー兼 アイディーフォー代表理事・藤本利夫のコメント
「難病・希少疾患をわずらう患者さんの細胞は入手が難しく、治療法の開発につながる研究の活性化を阻む要因となっています。持続可能な細胞提供基盤を確立できれば、あらたな治療法の開発を望んでおられる患者さんと、開発を目指す企業の双方のニーズをつなぐことができます。さらにiPS細胞技術を活用することで、世界の創薬を活性化していくことを期待しています。湘南アイパークでは、今後も研究と産業を活性化させるプラットフォームの構築に取り組んでいきます。」

【プラットフォームの全体像】


一般社団法人アイディーフォー(iD4)の概要
名称:一般社団法人アイディーフォー (英語名:iD4; iPSC Delivery on Demand for Drug Discovery)
代表理事:藤本 利夫
設立日:令和2(2020)年8月3日
事業内容:・医療機関等からの細胞及び細胞付随データの入手・管理
     ・iPS細胞の樹立・分化、及び樹立・分化後細胞の販売・提供
     ・細胞付随データベースの構築、及びデータの販売・提供
     ・iPS細胞等を活用した創薬の普及活動
会員構成:正会員:湘南ヘルスイノベーションパーク(武田薬品工業株式会社)、他
名誉会員:公益財団法人 京都大学iPS細胞研究財団、 京都大学iPS細胞研究所 齋藤 潤先生
賛助会員:武田薬品工業株式会社、アステラス製薬株式会社、田辺三菱製薬株式会社

湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)について
湘南アイパークは、2018年4月に設立された製薬企業発のサイエンスパークです。幅広い業種や規模の産官学が結集し、ヘルスイノベーションを加速する場となることを目指しています。製薬企業のみならず、次世代医療、AI、ベンチャーキャピタル、行政など100社以上、計2000人以上 (2021年1月現在) の企業・団体がエコシステムを形成しています。
https://www.shonan-health-innovation-park.com/

湘南アイパーク公式SNS
YouTube:www.youtube.com/channel/UCeJgWczMHXzRxISvHzSOTOQ
Facebook:https://www.facebook.com/Shonan.iPark/?ref=page_internal
Twitter:https://twitter.com/Shonan_iPark
LinkedIn:www.linkedin.com/company/shonan-health-innovation-park


プレスリリースは下記リンクよりダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=c-40258-2021020120-9f7b232b68626d451c936b9a051c935c.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)