食品・飲料 美容・健康

CBDオイル入りのスナック “食べるマインドフルネス”のカカオバーが登場!

エリクシノール株式会社
大切な人への贈り物や自分へのご褒美にも◎心にやさしいCBDギフト。

CBD製品の製造・販売をするエリクシノール株式会社は(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松丸誠)は、スペシャルティカカオ※の生産・加工を行う「Whose cacao」と共同開発した、プレミアムチョコレート【CBDカカオバー】を、自社HPでの一般販売、2021年2月3日(水)より伊勢丹新宿店本館地下2階=ビューティアポセカリーにて販売を開始します。





◆CBDカカオバー最大の魅力は集中力とリラックス ◆


CBDオイルは、集中力とリラックスを向上させる効果があると言われています。忙しくてなかなか意識的にリラックスの時間を持つことができない現代社会で、 CBDオイルは“マインドフルネス成分”として注目が高まっています。そんな中、エリクシノールはCBDオイルを配合したカカオバーを発売いたします。板チョコタイプのスナックなので取り入れやすく、より手軽にCBDオイルの効果を実感していただけます。




◆CBDカカオバーの4つの特長◆

1:CBDオイルを贅沢に使用
1袋に1枚のチョコレートが封入されており、3分割できます。その 1片当たりに20mgのCBDを含み、1袋でトータル180mgとたっぷりお楽しみいただけます。スペシャリティカカオ※の風味とCBDの相乗効果により、その他のCBDアイテムとはまた違った使用感が楽しめます。目安として、1片ずつお楽しみください。

2:CBDオイルとの相性にこだわったカカオ豆を使用
CBDオイルとの相性がいいカカオ豆を探し出すため、何度も試作を重ねました。その結果、ふくよかな香りを纏うインドネシア エンレカン県産を厳選。カカオ豆が持つ本来の自然な風味を引き出しつつも、ちょぴりビターな大人のカカオバーに仕上げました。

3:人工合成添加物、白砂糖、グルテン、乳製品、大豆フリー
CBDオイルを習慣にしている人を筆頭に、健康維持やマインドフルネスに関しての意識が全体的に高まっています。CBDオイルやカカオ豆に限らず、使用したすべての原材料にこだわりました。安心して食べていただけます。

4:持ち歩きにも便利で手軽に食べられる
食べるだけでCBDオイルを摂取することができるのが、カカオバーの魅力です。テレワーク中はもちろんのこと、バッグに入れて持ち歩けるためお出かけ先でも気軽に食べられます。



<商品情報>
CBD カカオバー (CBD CACAO BAR)


容量:3枚(35g)
価格:2700円(税別)
原材料名:カカオマス・ビートオリゴ糖
カカオバター・麻抽出物


※スペシャルティカカオとは?

栽培から発酵や乾燥などの生産工程の細部にまでこだわって作られた品質の高いカカオの事を指します。その豊かな香りは、リッチでバランスの取れたチョコレートの風味とともに、フルーツ、フローラル、ハーブ、ウッド、ナッツやキャラメルなどの風味が複雑に折り重なった特徴があります。




CBDカンナビジオールとは?


ヘンプ(産業用大麻)には、400以上の栄養素がつまっています。そのなかで特に身体をサポートすると言われているのがCBDです。CBDは、ポリフェノールやテルペノイドなど数あるファイトケミカル(植物栄養素)のなかで、今もっとも注目されている「カンナビノイド」の一種です。


【Whose cacao社について】



Whose cacao社では、現地のカカオ農園開発・生産・加工・輸入・製品化ままでを自社一貫体制で管理しています。また、現地農家さんへの技術支援を通し、スペシャルカカオの産業化、また農家さんの収入向上など、フェアトレードの視点でカカオ開発事業を行っています。
https://whosecacao.com/


【エリクシノール株式会社について】



米国コロラドを拠点に、ヘンプの栽培から収穫、抽出、製品加工までを一貫して行っているブランドです。米国〈エリクシノール〉のノウハウを生かし、日本〈エリクシノール〉は2020年現在、国内製造をおこない、サプリメントやコスメティックスなどCBD関連商品の販売・卸をしています。米国本社と連携をとり、日本のCBD文化の発展に努めています。人々の健康のみならず、持続可能な社会、エシカルな未来への可能性を提供いたします。

エリクシノール 公式サイト・SNS HP
https://elixinol.co.jp/
Instagram @elixinoljapan
https://www.instagram.com/elixinoljapan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)