美容・健康 企業向けシステム・通信・機器

【産業医監修】健康リスク診断し、解決策を提案する「医師による健康経営クラウドサービス」を提供開始

株式会社リバランス
約1万人の健康を管理する産業医兼アスリートが開発

健康経営を目指す全ての企業をサポートするために、株式会社リバランス(所在地:東京都千代田区、代表取締役CEO:池井 佑丞、以下:リバランス)は、産業医と判定アルゴリズム搭載の健康管理システムが健康リスクを判定し、解決策を提案する「医師による健康経営クラウドサービス」の提供を開始したことをお知らせします。これによって、企業はより正確に従業員の健康管理が可能となり、健康経営の実現が可能となります。




■サービス概要
名称:医師による健康経営クラウドサービス
概要:判定アルゴリズム搭載の健康管理システムとプロの産業医によって従業員健康リスクを解決するクラウドサービス
詳細:健康リスク判定・産業医による指導・リスク者フォロー
費用:従業員あたり500円/月
オプション:保健師オンライン面談 … 4,000円/30分
 産業医オンライン面談 … 15,000円/30分
 産業医契約 … 50,000円~
 健康相談室 … 従業員あたり100円/月
 健診管理業務代行 … 従業員あたり200円/月
 保健師コンサル … 40,000円~
申込方法:下記サイトのお問い合わせフォームかメールにてご連絡ください。
URL:https://re-balance.co.jp/lpa/
メール:website@re-balance.co.jp

※表記の金額は全て税別価格になります

「医師による健康経営クラウドサービス」は、プロの産業医として約1万人の従業員の健康を管理する医師であり、現役アスリート・トレーナーが開発した健康管理システムです。勤怠データ、健診結果、問診/アンケートの3つを入力するだけで、判定アルゴリズム搭載の健康管理システムが従業員の健康リスクを診断。さらに、プロの産業医がダブルチェックを行い、問題が見つかった従業員に対して解決策をアドバイスします。リスクのある従業員数の推移など、目的別に様々なグラフの作成、分析なども可能で、従業員の健康増進だけでなく、労務負担の大幅カットにも繋がります。

■健康経営の実現に向けて企業をサポート
昨今、従業員の健康管理を将来的な「投資」として捉え、戦略的に実践する「健康経営」が注目されています。企業が、従業員の健康保持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上に繋がると考えられます。
また、事業者は労働者の心身の健康と安全に配慮する義務と責任があり、万が一労災が発生して義務違反を問われた場合、巨額の損害賠償請求、社会的イメージ低下 ・売上減など大きな損失を抱えることにもなります。

現在、従業員49名以下の企業には産業医選任の義務がありません。しかし、安定して社業を行うには「健康経営」の実現が急務となっています。また、従業員50人以上で産業医を選任済の企業でも、産業医の人材不足によって経験豊富なプロ産業医と契約できていない企業もあります。また、50名未満の支社・営業所を多数抱える大企業は現行の法令遵守だけでは従業員の健康管理が難しく、労務リスク・訴訟リスクを抱えている場合があります。リバランスは、「医師による健康経営クラウドサービス」によって、これらの企業の健康経営実現をサポートします。

「医師による健康経営クラウドサービス」のイメージ 1
「医師による健康経営クラウドサービス」のイメージ 2
「医師による健康経営クラウドサービス」のイメージ 3

■医師・プロキックボクサー・トレーナー 池井 佑丞(いけい・ゆうすけ)


2008年、医師免許取得。内科、訪問診療に従事する傍らプロ格闘家として活動し、医師・プロキックボクサー・トレーナーの3つの立場から「健康」を見つめる。自己の目指すべきものは「病気を治す医療」ではなく、「病気にさせない医療」であると悟り、産業医の道へ進む。労働者の健康管理・企業の健康経営の経験を積み、現在は大手企業の統括産業医のほか数社の産業医として、従業員約10,000名の健康を守る。2017年、「日本の不健康者をゼロにしたい」という思いの下、これまで蓄積したノウハウをサービス化し、「全ての企業に健康を提供する」ため株式会社リバランスを設立。

■会社紹介
企業名:株式会社リバランス
所在地:東京都千代田区神田司町2-5-3 第2今井ビル2F
代表者:代表取締役CEO 池井 佑丞(医師)
設立:2017年
企業理念 :全ての企業へ健康経営を提供する
事業内容 :医師による健康経営実現サービスを開発・提供
URL:https://re-balance.co.jp/lpa/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)