医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

2021年1月に米国ペンシルバニア大学が発表した「世界のシンクタンクランキング - The Global “Go-To Think Tanks”」に12年連続でランクイン

HGPI
HGPI Ranks High in University of Pennsylvania’s Global Go-To Think Tanks Index Report for 12th Year in a Row

特定非営利活動法人 日本医療政策機構(代表理事:黒川清)は、米国ペンシルベニア大学のローダー・インスティテュートの「シンクタンクと市民団体プログラム」発表の「世界のシンクタンクランキング報告書(- Global Go To Think Tank Index Report-)」における「国内医療政策(Domestic Health Policy)」部門で2位、「国際保健政策(Global Health Policy)」部門で3位に選出されました。


TOKYO, Japan – Health and Global Policy Institute (HGPI) has again ranked Second in the “Domestic Health Policy Think Tanks” category and Third in the “Global Health Policy Think Tanks” category within the 2020 Global Go To Think Tank Index Report released on January 28, 2021, by the Think Tanks and Civil Societies Program (TTCSP) of the Lauder Institute at the University of Pennsylvania.

当機構は、国内医療政策部門、国際保健政策部門いずれにおいてもアジアでは1位、日本からは唯一選出されており、12年連続でランクインしました。両分野では、英国のケンブリッジ・ヘルスサービスリサーチセンター、米国のジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院ヘルスリサーチセンター、そして米国のブルッキングス研究所などが選出されています。

HGPI was the top Asian think tank – and only Japanese think tank – in both categories for the twelfth year in a row. Other leading think tanks in these categories were the Cambridge Centre for Health Services Research (CCHSR) in the United Kingdom, as well as the Bloomberg School of Public Health Research Centers (JHSPH) and the Brookings Institution of the United States.


本ランキングの結果を受け、下記のコメントを発表
■黒川 清(代表理事)


「政府から独立し、運営資金も多様性をもって活動を進め、かつグローバルに日英両か国語で常に発信している点が評価されていると考えている。引き続き、医療政策に特化したシンクタンクとして社会にインパクトを出していきたい。」


■乗竹 亮治(理事・事務局長/CEO)


「市民や患者、当事者、そして現場の医療提供者など、現場目線に立った提言を続けていきたい。フラットに産官学民が立場を超えて議論を重ね、社会の集合知を紡ぎ出していくことが、コロナ禍のなか、特に求められている。」


“HGPI’s ranking is the result of its independence, the diversity of its funding sources, and its commitment to working globally by publishing all of its work in both English and Japanese. Encouraged by these results, we will double our efforts to continue to have a positive impact on society as a think tank specializing in health policy,” said HGPI Chairman Kiyoshi Kurokawa. HGPI CEO and Board Member Ryoji Noritake commented, “Especially during the pandemic, our work to advocate for citizens, patients, and healthcare workers is of the utmost importance. Now, more than ever, the world needs open and fair discussions on health policy. We will continue to foster such discussions, toward the creation of better policy ideas developed out of the combined knowledge of diverse stakeholders from the public and private sectors.”

今回発表された報告書では、世界の11,175のシンクタンクが評価対象となっており、日本からは137の該当する組織が取り上げられました。

The Global Go-To Think Tanks Index Report evaluated 11,175 think tanks. A total of 137 Japanese institutions are included in the report.


《日本医療政策機構について/About Health and Global Policy Institute (HGPI)》
特定非営利活動法人日本医療政策機構は、「市民主体の医療政策を実現すべく、中立的なシンクタンクとして、幅広いステークホルダーを結集し、社会に政策の選択肢を提供すること」をミッションとする、超党派・民間・非営利の医療政策シンクタンクである。日本を代表する有識者、市民・患者代表、医療提供者、政策決定者、経済人などあらゆるステークホルダーが参画し、「市民・患者主体の医療」、「医療政策の重要課題」、「グローバルヘルス」といった活動分野において、調査・政策提言を行い、政策実現を支援している。当機構について、詳しくはウェブサイトをご参照ください。

Health and Global Policy Institute (HGPI) is a Tokyo-based independent and non-profit health policy think tank, established in 2004. Since its establishment, HGPI has been working to help citizens shape health policies by generating policy options and to bring stakeholders together as a non-partisan think-tank. HGPI’s mission is to improve the civic mind and the well-being of individuals and to foster sustainable, healthy communities by shaping ideas and values, reaching out to global needs, and influencing society. HGPI is committed to activities that bring together relevant players in different fields, in order to provide innovative and practical solutions and to help interested citizens understand policy options from a global, broad, and long-term perspective.
















企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)