医療・医薬・福祉 住宅・建築・建設

『新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センター』における開設・接種業務のサポートを開始。

TSP太陽株式会社
国民のワクチン早期接種へ向けて専門団体・企業・自治体と連携。

イベント制作会社のTSP太陽株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:能村祐己)は、新型コロナウイルス感染症の早期収束へ向けて『新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センター』の開設業務と接種業務のサポートサービスを開始致します。 大規模イベントの運営業務を得意とする当社は、PCR簡易検査BOX開発で培った新型コロナ対策実施のノウハウを活かし、主に健康診断を実施する医療法人や医療機器提供企業と連携し、行政機関で実施する『新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センター』の開設業務と接種業務をサポート致します。


<本件のポイント>


TSP太陽は、主に健康診断を実施する医療法人や医療機器提供企業と連携した『新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センター』のサポート業務を開始。
予約システムからワクチン接種会場の空間づくり・当日運営までをワンストップで展開。
感染拡大によりひっ迫している自治体や保健所、医療機関の負担緩和に貢献。




▶︎新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センターの特徴
当社が運営する新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センターでは、より多くの人々に対して安心で安全なワクチン接種を実現するために、接種における問い合わせ窓口からオンラインでの予約システムの構築、ワクチン接種会場でのご案内までをトータルで運営します。
大規模イベントの計画から運営を得意とするTSP太陽がその運営ノウハウを活かし、主に健康診断を実施する医療法人の医療スタッフや、医療機器取り扱い企業からの機材提供などと連携して本サービスを開始致します。今後は主に行政機関向けに安心で安全なワクチン接種所の運営サービスを提供するとともに、感染拡大でひっ迫している関連機関の負担緩和に貢献します。


▶︎ワクチン接種センターでの接種フローイメージ
新型コロナウイルス感染症ワクチン接種センターは完全予約制で運営されます。
住民票のある市町村からワクチン接種券が対象者へ送付され、ワクチン接種券が届いた対象者はオンライン予約センターにて必要情報を入力してワクチン接種の希望日時と会場を予約します。
予約を完了した対象者には「予約票」がメールまたは用紙で届き、対象者は「接種券」と「予約票」を持参のうえ接種当日にワクチン接種センターへ行きます。
ワクチン接種センターでは検温や消毒等を行ったのち受付を行い、順にワクチンを接種していただきます。ワクチンを接種された方には「接種済証」を発行し完了致します。


▶︎自治体などの行政機関と民間各社が専門分野での経験を活かした連携による取り組み
新型コロナウイルス感染拡大の恐怖から人々の生活と命を守るワクチン接種には、官民が一体となった多くの協力体制が不可欠です。
2021年1月現在、感染拡大により業務がひっ迫する地方自治体や医療機関の負担軽減のため、我々民間企業もそれぞれの得意とする専門分野の実績を活かし、ワクチン接種センターの各種問い合わせ対応コールセンターや検査所の空間づくりから予約、運営体制の構築、また検査所に必要な防疫対策、医療機器、医療専門スタッフとそのスタッフが使用する感染予防装備やスタッフの勤務シフトから健康管理体制までを包括的に管理運営。必要に応じて医師の監修も可能です。
人々への安心で安全な早期ワクチン接種を可能にするため、関係各所と連携してワクチンを心待ちにする方々をフルサポート致します。

<会社概要>
社名:TSP太陽株式会社
本社:東京都目黒区
代表者:能村 祐己
従業員数:164名
事業内容:各種イベントの企画制作、会場の設計施工、運営管理、関連設備のレンタル 他
URL:https://www.tsp-taiyo.co.jp/

TSP太陽株式会社は、イベントの総合制作を得意とし、今年設立66周年を迎えるイベント会社です。古くは1970年の大阪万博、1998年の長野オリンピック、2002FIFAワールドカップTMから昨年開催されたラグビーワールドカップ2019TMなど、国際的なビッグイベントをはじめとする様々なイベントの制作に携わってきました。
昨年は東京2020オリンピック・パラリンピック開催を目前に控え、新型コロナウィルスの影響でイベント業界が壊滅的な打撃を受ける中、イベント制作で培ったノウハウを応用した「コロナ対策チーム」を社内に編成しました。イベント開催における防疫対策をマニュアル化するとともに、医療機関監修のもとで“移動型PCR検査所”や“クリニック用簡易検査BOX”等、医療機関に向けた製品を迅速に開発・提供するなど、関連機関や医療従事者の負担緩和と新型コロナウイルス感染症の収束に向けた社会活動に貢献したいと考えております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)