美容・健康

睡眠不足? 快眠・アクティブな日中の鍵は「朝の日光浴」| ワンタッチで雨や暗い冬の朝でも日光浴の新習慣「光セラピーメガネ AYOLITE」

ウェザリージャパン株式会社
最新ウェアラブルデバイス 『光セラピーメガネ AYOLITE』 日本上陸。「光の力」で体内時計を整える新習慣。

在宅勤務が定着してきた昨今、生活リズムの変化による睡眠への影響を感じている人が増えているようです。 その原因は【 体内時計の乱れ 】にあるかも知れません。 「体内時計の乱れ」を整えるのに有効なのが【 朝の日光浴 】。 ただし日照時間の短い冬場、雨季、屋内などでは日光浴が容易ではない。 そのような時に活躍するのが「光セラピーメガネ AYOLITE」。 1日20分、ただAYOLITEをかけるだけ。 手軽で簡単に誰でも使える快眠ウェアラブルデバイス。 日光浴を再現した光があなたの体内時計を整え、日中アクティブに、夜は良い眠りへと導き、朝スッキリ。 現在クラウドファンディング GREENFUNDINGにて支援者募集中。 https://greenfunding.jp/lab/projects/4382





ウェザリー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:ニック・マッシー)は、クラウドファンディングサービスGREENFUNDINIGにて、「光セラピーメガネ AYOLITE」の先行予約を受け付けております。

「光セラピーメガネ AYOLITE」
先行予約販売期間:2021年2月19日まで
クラウドファンディング開催ページ:
https://greenfunding.jp/lab/projects/4382


■■■ このような悩みありませんか? ■■■

在宅勤務が増えた昨今、生活リズムの変化による睡眠への影響を感じている人が多くいます。生活リズムの乱れは睡眠不足や日中の集中力ダウンにつながります。

■■■ なぜ朝の日光浴が良いのか? ■■■

体内時計は1日24時間より長いため、毎日少しづつ「ずれ」が生じます。

この「ずれ」を整える方法として「朝の日光浴」があります。

日光を浴びることで体内時計が「リセット」され、快眠と日中のエネルギーにつながります。

AYOLITEの光は日光を浴びているのとと同じ状態になるため(紫外線がないためより安全)、日照時間の短い冬場や雨の日でも手軽に体内時計を整えることができます。

「光浴」は体内時計のメンテナンス。

整体で体をメンテナンスするように、「光浴」で体内時計をメンテナンスを朝の新しい習慣にしてみませんか?

■■■ AYOは医療機関でも使われています ■■■



■■■ NASAも採用する「光セラピー」技術 ■■■

「光セラピー」は国際宇宙ステーションで宇宙飛行士の体内時計の調整に使われている科学技術。天候やライフスタイルに関わらず安全かつ正確に体内時計の調整にも活かすことができます。


■■■ AYOLITEの仕組み ■■■


■■■ AYOLITE 使いやすさへのこだわり ■■■


AYOLITEの開発でこだわったのが「使いやすさ」。

・スイッチオンはフレームを開くだけ
・マグネット充電ケーブルで本体との接続、充電がストレスフリー
・角度を自在に変えられるノーズピースでフィット感抜群

より多くのみなさまに手軽に「光セラピー」を取り入れていただき、よりアクティブなライフスタイルを送って頂きたいと考えております。


○ スイッチオンはフレームを開くだけ



○ 角度を自在に変えられるノーズピースでフィット感抜群



○マグネット充電ケーブルで本体との接続、充電がストレスフリー



■■■ AYOLITE の使い方 ■■■

AYOLITEは特定の時間に使用することで、体内時計を思いのままにコントロールすることが出来ます。体内時計の調整には日数を要する場合がありますが、早い方ですぐに、遅い方で数日から数週間で違いを感じることが出来ます。



■■■ AYOLITE の利用シーン ■■■



AYOLITEは様々なシーンで活躍します。

○ 朝の身支度、朝食の準備をしながら
○ ヨガやストレッチなどのルーチンをしながら
○ 仕事中に眠気襲われた時
○ 家族との共有でコスパアップ
○ 夜勤の現場に1台、同僚と共有でコスパアップ

アプリ不要なので家族との共有も簡単にできます。


■■■ RedDotデザイン賞 / 異能ベーションアワード ■■■

日本で革新的な製品に送られる「異能ベーションアワード」に他薦でノミネートされました。
海外ではRed Dotデザイン賞受賞。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)