医療・医薬・福祉 美容・健康

【唾液抗原検査キット】3000個再入荷決定!自宅で!!唾液で!!たった約15分で検査!!簡単&痛みなし!!《1キットから購入可能》

株式会社OneToOne
[株式会社OneToOne]ご予約、お問い合わせが殺到しております。ご購入希望の方お早めに。入荷待ちの場合も予約対応いたします!

【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)抗原検査キット】3000キット再入荷決定!!自宅で!!唾液で!!たった約15分で検査!!簡単&痛みなし!!正診率95%の高精度!!1キット単位から購入可能で、医療機関・病院施設・公共機関・大手ショッピングセンターからのお問い合わせが殺到しております!!!







JOYSBIO Covid-19 Antigen Rapid Test Device
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)抗原検査キット


抗原検査キットとして、JOYSBIOが開発した「 JOYSBIO Covid-19 Antigen Rapid Test Device」です。同キットは、酵素免疫反応を測定原理としたイムノクロマト法により、キット付属の摂取容器で唾液を採取することで、唾液中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原を検出することができます。検体を含む試料液を反応カセットに滴下し、15分後にカセット上の判定ラインの有無を確認することで、陽性·陰性を判定できます。

■特徴

●自宅で検査。結果までたった15分
●唾液で検査。簡単&痛みなし
●正診率95%の高精度

■キットの構成

●反応カセット1個
●抽出チューブ1本
●抽出バッファー1本
●スポイト1本
●唾液摂取容器1個

■使用目的

唾液中のSARS - CoV -2抗原の検出
(SARS - CoV -2感染の診断補助)

■測定原理

〈本試薬は、酵素免疫測定法を測定原理としたイムノクロマト技術による、唾液中のSARS - CoV -2抗原検出試薬です。〉

反応カセット内のメンブレン上には、検出ラインとしてSARS-CoV-2抗原判定部があります。SARS - CoV -2抗原判定部には抗SARS - CoV -2モノクローナル抗体(マウス)が固相化されています。またアルカリホスファターゼ(ALP)標識抗SARS - CoV -2モノクローナル抗体(マウス)、基質(BCIP:5-ブロモ -4- クロロ -3- インドリル -りん酸二ナトリウム塩)および液状の展開液がセットされています。
検体滴下部に滴下された検体中のSARS - CoV -2抗原はALP標識抗SARS - CoV -2モノクローナル抗体と共にメンブレン上に移動し、展開液により展開され、判定部に固定された抗SARS - CoV -2モノクローナル抗体(マウス)とサンドイッチ複合体を形成します。この複合体の酵素(ALP)に基質が反応することにより発色し、検体中のSARS - CoV -2抗原を検出することができます。

■使用方法




■測定結果の判定法


購入から検査後までの一連の流れ




SARS-CoV-2 抗原検出用キットの活用に関するガイドライン (図1)

抗原検査でのウイルス検出にはPCR検査よりも多くのウイルス量が必要であることから、一定の偽陰性が出る可能性がありPCR検査よりも感度が低くなります。このため、同キットの承認時には、抗原検査で陽性の場合はCOVID-19の検査として使用できる一方、陰性の場合は感染を否定できず、確定診断を行うためには医師の判断でPCR検査を実施する必要があるとされています。しかし、その後の研究で、発症から2~9日目の症例ではウイルス量が多く、抗原検査とPCR検査の結果の一致率が高いことが明らかになってきています。
抗原検査とPCR検査の結果に高い一致率が認められたとの研究結果を受けて、厚労省は「SARS-CoV-2抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」を改定しました。発熱などCOVID-19を疑う症状の発症後2日目以降、9日目以内の者に対しては、抗原検査で陰性となった場合にも追加のPCR検査を必須としない方針を示しています。症状発症日(1日目)および発症後10日目以降の場合、また抗原検査で判定されたものの、臨床経過から感染が疑われる場合には、確定診断のため医師の判断でPCR検査を行う必要があるとしています。

図1: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)抗原検査キット活用ガイドライン

※重要な注意事項

1.本品の判定が陰性であっても、SARS - CoV -2感染を否定するものではありません。
2.診断は当製品による検査結果のみで行わず、厚生労働省より公表されている「SARS - CoV -2抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」を参照するとともに、臨床症状も含め総合的に判断してください。
3.検体採取及び取扱いについては、必要なバイオハザード対策を講じてください。
4.当製品は体外診断用医薬品ではありません。
5.当製品の使用は研究のための利用に限ります。

【製品のお問合せ先】
株式会社OneToOne
担当:青木
電話:03-5849-3314
メールアドレス:t.aoki@onetoone2017.com
http://one-to-one.company/

ご注文予約は電話又は上記メールアドレスに必要事項を記入のうえ、ご連絡お願い致します。

【必要事項】
1.お名前
2.ご連絡先
3.ご注文数
4.郵送先ご住所
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)