食品・飲料 美容・健康

BMIが高めの方向けのマヨネーズタイプ調味料として、内臓脂肪を減らす機能性表示食品「キユーピー フィッテ」を新発売(※1)

キユーピー株式会社
3月4日(木)から全国に出荷

キユーピー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:長南 収、以下キユーピー)は、内臓脂肪を減らす機能性表示食品のマヨネーズタイプ調味料として「キユーピー フィッテ」を新発売します。 ※1 BMIが高め:BMI値が25以上30未満を指します。 「キユーピー フィッテ」WEBサイト https://www.kewpie.co.jp/fit/






内臓脂肪を減らす機能が報告されているローズヒップ由来ティリロサイドを配合
ローズヒップ由来ティリロサイド(ポリフェノールの一種)0.1mgを12週間毎日摂取した場合、内臓脂肪面積が平均9.3cm2減少しました。(研究レビューの採用論文中データより)
「キユーピー フィッテ」では、1日の摂取目安量15g(大さじ約1杯)あたり0.1mgのローズヒップ由来ティリロサイドを摂取できます。

平均値±標準誤差
*p<0.05 対照食品摂取群と比較して有意差あり
##p<0.01 摂取前(0週目)と比較して有意差あり
被験者:BMI25以上30未満の健常成人男女 各群16名
試験方法:ローズヒップエキス100mg(ティリロサイド0.1mgを含む)含有食品または対照食品を12週間毎日摂取
長友暁史、西田典永、生活習慣病とサプリメント 第11回「ローズヒップエキス」,Anti-aging Science.5.36-40(2013)から改変
研究レビューの採用論文中のデータを基に作成したものです。本製品の摂取によって得られた試験データではありません。

カロリー50%カット※2でも、おいしさそのまま
※2 当社マヨネーズ比
「キユーピー フィッテ」は植物油量を当社マヨネーズの半分に抑えながらも、キユーピーの独自技術であるマイクロエマルション製法※3と卵香味油(たまごこうみゆ)※4によりマヨネーズらしいコクや口どけを実現しました。
※3 キユーピーハーフでも採用している、植物油の粒子を細かく均一化し、その表面積を増やす独自製法
※4 マヨネーズらしい卵の香りを詰め込んだ香味食用油
ブロッコリーとゆで卵とチキンのサラダ
健康課題として内臓脂肪を気にする方も多くいます。内臓脂肪を減らすためのポイントが健康的な食生活であることから、毎日の食生活に取り入れやすい調味料で内臓脂肪を減らすことができないか、と考えたことが「キユーピー フィッテ」開発の始まりです。
コロナ下での外出自粛や在宅勤務による運動不足から健康意識が高まっています。キユーピーは、「キユーピー フィッテ」など健康訴求の商品を通して、健康的で満足感のある食生活の実現を支援していきます。

商品概要
1.商品名・内容量・価格・賞味期間
商品名   :キユーピー フィッテ
内容量   :210g
参考小売価格:税抜 400円(税込 432円)
賞味期間  :7カ月

2.出荷日
2021年3月4日(木)から全国に出荷

3.商品特徴
・研究レビューをもとに消費者庁に届け出を行った機能性表示食品です。【届出番号F494】
・本品にはローズヒップ由来ティリロサイドが含まれます。ローズヒップ由来ティリロサイドには内臓脂肪を減らす機能があることが報告されており、BMIが高めの方に適しています。
・1日の摂取目安量15g(大さじ約1杯)あたり、0.1mgのローズヒップ由来ティリロサイドを摂取できます。
・キユーピー独自技術のマイクロエマルション製法と卵の香りを詰め込んだ卵香味油の活用で、カロリー50%カット(当社マヨネーズ比)を実現しながらもマヨネーズらしいコクのあるおいしさが楽しめます。

※本品の摂取により疾病が治癒したり、多量摂取によってより健康が増進するものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

4.ターゲット
BMIが高めの人(BMI25以上30未満)、健康維持に関心の高い人

5.販売目標
10億円(小売ベース/年間換算)
ブロッコリーとたまごとベーコンのマヨ焼き
【参考:機能性表示食品について】
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性および機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届け出られたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官の個別審査を受けたものではありません。また、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)