ネットサービス・アプリ 美容・健康

茨城県境町 「境町健幸マイレージ」アプリをリリース!

株式会社ディーエイチシー
~機能性・ユーザビリティを向上し、二次元コードで健幸マイルが貯まる機能を追加~2021年1月29日(金)リリース

株式会社ディーエイチシー(本社:東京都港区、代表取締役会長・CEO:吉田 嘉明、以下:DHC)は、包括連携協定を締結している茨城県境町より受託し、システム構築・運営を行っている「境町健幸マイレージ」のiOS/Android用アプリを2021年1月にリリースしました。


株式会社ディーエイチシー(本社:東京都港区、代表取締役会長・CEO:吉田 嘉明、以下:DHC)は、包括連携協定を締結している茨城県境町より受託し、システム構築・運営を行っている「境町健幸マイレージ」のiOS/Android用アプリを2021年1月にリリースしました。「境町健幸マイレージ」は、日々の健康記録(体重・血圧・歩数・食事・運動・歯みがき等)や、各種健(検)診、イベントへの参加で健幸マイルが貯まり、貯めた健幸マイルは、境町の地産品やDHCの健康食品・化粧品などの景品と交換できるサービスです。町民の生活習慣病予防や健康寿命の延伸、医療費や介護費の抑制を目的とし、2017年9月からICT(PC・スマートフォン・タブレット対応)を活用したWEB版のサービスを提供しています。この度、機能性・ユーザビリティ向上、登録者の拡大のため、「境町健幸マイレージ」のアプリ版をリリースしました。アプリ化に伴う変更点は以下の2点です。

■日々の記録がより簡単に!
ヘルスケアアプリとの連携により、計測・記録の手間を解消します。

1. Google FitやiOSヘルスケアアプリとの連携
⇒Google FitやiOSヘルスケアアプリで測定された「歩数・体重・体脂肪・血圧」が自動反映されます。
※マイレージ内の「記録する」ページで「更新」ボタンを押下する必要があります。手入力も可能です。

2. 二次元コード読み取りで記録を簡略化(健(検)診・イベント)
⇒対象の健(検)診や町内イベントに参加し、会場内の二次元コードを読み取るだけで受診記録・参加記録が登録され、健幸マイルが貯まります。※手入力も可能です。

3. プッシュ通知
⇒記録忘れを防止し、毎日目標の歩数を確認できます。





「歩数・体重・体脂肪・血圧」が自動で反映されます。
※画像はイメージです。


■ 町内施設に設置した二次元コードで健幸マイルが貯まる&使える!
国土交通省が研究報告をもとに解析した結果によると、いつもより1日1,500歩多く歩くことで、年間約3万5,000円もの医療費が削減できるとされています*。境町とDHCは、「境町健幸マイレージ」を通してウォーキングを促進し、将来の医療費削減に繋げていきます。二次元コードを活用することで利便性を高め、その場で健幸マイルを貯める・使うことを可能にしました。利用施設は順次拡大予定です。
*参考:厚生労働省「平成30年 国民健康・栄養調査 結果の概要」、「健康日本21(第二次)」

1. 健幸マイルを貯める(ウォーキング促進)
⇒自宅から町内の対象施設(境町役場、境町保健センター、社会福祉協議会、道の駅さかいなど)まで歩き、各施設に設置している二次元コードを読み取ると健康マイルが貯まります。

2. 健幸マイルを使う(地域活性化)
⇒町内の対象店舗に来店し、二次元コードを読み取ると、その場で景品と交換できます。
※対象施設及び景品はマイページからご確認いただけます。





■「境町健幸マイレージ」アプリ概要
リリース日 : 2021年1月29日(金)
対象者   :境町にお住まいまたはお勤めの18歳以上の方
登録方法  :Google StoreもしくはApp Storeで「境町健幸マイレージ」を検索し、スマホ・タブレットからダウンロード
※既にWEB版でご登録されている方は、アプリをダウンロード後、ご登録のメールアドレス・パスワードでログインすると、データを同期することが可能です。
※PCをご使用の方はWEB版をご利用ください。
ご案内サイト:https://kenkou-mileage.dhc.co.jp/sakai
機能    :日々の健康記録(体重・血圧・歩数・食事・運動・歯みがき等)や、各種健(検)診、イベントへの参加で健幸マイルが貯まり、貯めた健幸マイルは、境町の地産品やDHCの健康食品・化粧品などの景品と交換できる。マイレージ上で境町からのお知らせ配信、健康や美容に関するコラム配信などの情報発信を行っているほか、歩数に応じてマップのアイコンが進むウォーキングゲームや、サプリメントに関する健康相談もできる仕様となっている。

*DHCは茨城県境町と2016年9月に包括連携協定を締結し、境町での健康づくり事業・地域活性事業・災害支援なども行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)