企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを有馬温泉病院が導入

株式会社フルノシステムズ
患者と家族のオンライン面会を支えるWi-Fi環境を整備。医療現場の可視化と患者・家族に安心感を与えるシステムを運用。

 株式会社フルノシステムズ(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:中谷聡志、古野電気(株)関連会社)は、このたび有馬温泉病院(所在地:神戸市北区)の患者と家族、病院スタッフをつなぐコミュニケーションツールを運用するための通信基盤として、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ) 1110」を採用いただきました。  有馬温泉病院は、2014年の新病棟開設にあわせて、院内のWi-Fi環境整備に着手しました。そして、Wi-Fiの整備により患者と病院スタッフをつなぐコミュニケーションツール「楽コール・システム」を導入しました。4F病棟のベッドの横にiPadを設置し、患者と病院スタッフの通信はもちろん、患者と家族の面会をオンライン上で実現するシステムとして活用しています。2019年には電子カルテの導入にあわせてWi-Fiを全館に整備しました。  楽コール・システムと電子カルテの円滑な稼働を支えるためのネットワーク基盤として、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント「ACERA 1110」が病院内に多数設置されています。


■ 相手の顔が見える安心感――安定した動画通信を支える業務用品質無線LAN

 患者と病院スタッフ、そして患者の家族の円滑なコミュニケーションを実現する手段として、楽コール・システムは活用されています。ボタンを押すだけの簡単操作で、ベッド脇に設置したiPadを通して動画通信ができます。相手の顔を見て話すことができる“動画機能付きナースコール”としての役割を果たしており、患者と家族に安心感を与えるシステムとして重宝されています。

 新型コロナウイルス感染症の流行により面会が制限される状況下においても、オンライン面会ができる楽コール・システムは、患者と家族をつなぐコミュニケーション手段として効力を発揮しています。



■ 院内業務の電子化に貢献

 Wi-Fiネットワークが全館を網羅しているため、看護師をはじめとするスタッフは院内の至る所でPCを活用できます。専用のカートにPCを乗せ、患者がいる各部屋を周りながら、電子カルテへの入力などの業務に取り組むことができます。




■ 医療機関におけるオンライン面会システムの普及に無線LANで貢献

 有馬温泉病院が導入・運用する患者と家族をつなぐオンライン面会システムは、感染症予防の観点からも今後のより一層の普及が見込まれます。当社におきましては、利用価値の高い無線LANソリューションを提供することで、医療機関におけるオンライン面会システムの普及や業務改善に貢献していく所存です。


【有馬温泉病院について】
有馬温泉病院は、日本三古湯のひとつである有馬温泉(神戸市北区)にある長期療養のための病院です。手術や救命を行う急性期病院ではなく、ケガや病気を抱える患者が回復するためのリハビリテーションや、重度身体障害者となった患者への慢性期治療を行う役割を担っています。病院の敷地内に有馬温泉の源泉があり、全ての患者が温泉に入浴できるのが魅力のひとつです。

■ホームページ https://aohos.com/

※記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


【フルノシステムズについて】
フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニーです。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築には欠かせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供しています。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現します。無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』およびネットワーク機器『ACERA(アセラ)シリーズ』は、国内メーカーである高い品質と技術、充実したアフターサービスが評価され、オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しています。

■ホームページ http://www.furunosystems.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)