医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

100BANCHの懸垂幕をアップサイクルした『アートトートバッグ』が渋谷区のふるさと納税返礼品として販売開始

100BANCH
Garage Programで活動するHERALBONY(MUKU)とPapertypeがコラボレーションしたプロダクトを活用

『異彩を、放て。』をミッションに福祉実験ユニットとして知的障害のあるアーティストの作品の社会実装を進める「HERALBONY(株式会社ヘラルボニー)」と紙と印刷の《無限の可能性》を探求するデザインユニット「Papertype(株式会社ペーパーパレード)」はパナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」でも活動し、様々な事業でコラボレーションし、共創に取り組んでいます。 2019年から街を彩った100BANCHの懸垂幕はHERALBONYが手がけるアーティストの作品を題材にPapertypeがデザインを担当するというものでした。この懸垂幕は2020年6月まで掲出し、役目を終えたのちにPapertypeのディレクションのもとアップサイクルされ、同じ模様が存在しない、世界に一つだけのトートバックとして生まれ変わりました。 この度、このトートバックが渋谷の街のふるさと納税返礼品として採択。渋谷区産のプロダクトとしてご購入いただけます。



未来をつくる実験区「100BANCH」を彩った懸垂幕
未来をつくる実験区「100BANCH」の懸垂幕として、数ヶ月間に渡って街を彩りました。掲出期間が過ぎたメッシュ素材の幕は、廃棄されることなく、人々の日常を美しく彩る「アップサイクルトートバッグ」として生まれ変わり、数量限定でふるさと納税返礼品として登場いたします。

持続可能な生産消費形態及び、産廃物削減の鍵は、この「プロダクト」にあります。そして、販売された収益の一部は作家に還元されます。「環境・社会・経済」3つの軸がめぐる、未来の循環型経済圏を目指します。
世界でひとつだけのアップサイクルハンドメイド製品をお届けします。



作品について



作品名:「宇宙」
作者名:嶌岡 史絵(Fumie Shimaoka)/所属:サポートネットワーク きりん

幼い頃から、机に向い集中して手指を動かす作業が好きで、モンテッソーリ教室に楽しく通っていた。折り紙が得意なところを見込まれて、ホテルでナプキン等のリネンを畳む仕事に就き、余暇として習字やリリアン、編み物をしながら過ごしていた。そんな中、ある日突然急性水腫を発症し、一時は失明も危惧されたが奇跡的に回復し、コンタクト治療によって視力を矯正できた後から、自ら手持ちの水性ペンで大胆に細やかな線画を描き始めた。
彼女の作品の特徴は、独特の⾊彩感覚でコツコツとちいさなマルやセルを繋げ、好きなモノや想いを描く。当初は、モノクロの作品を描いていたが、次第にたくさんの⾊を持ち、形を変え、⽋⽚は増殖していき徐々に現在の作風が確立されていった。
高校卒業時の⾊紙に彼女が記した座右の銘は、「人生予期しないことが起こるからおもしろい」。現在は、作業所に通いながら、家族と夕食を囲んだ後のテーブルで、のんびりと創作活動を楽しむ毎日を過ごす。


アップサイクルトートバッグ詳細








裏地デザイン
●素材
・持ち手/バッグ:メッシュ
・内布:防炎トロマットシート
・マチ:WFRPシート(故織繊維プラスチックシート)
※WFRPシートとは、廃棄繊維をアップサイクルした素材
●サイズ:幅28cm/高さ40cm/マチ6cm/持ち手52cm
●備考:トートバッグの絵柄はお選びいただけません。

■ふるさと納税購入先
・ふるさとパレット:https://tokyu-furusato.jp/goods/detail/8e5db976bee80beec228f1ff19736423/
・楽天:https://item.rakuten.co.jp/f131130-shibuya/038001/
・ふるさとチョイス:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/13113/12305768?copy_key=15ce641262ef8257b8f618bff540aad7a0823d21

■CREDIT
Artist:嶌岡史絵(サポートネットワーク きりん)
Creative Director:守田篤史(Paper Parade)
Designer:和田由里子(Paper Parade)
Producer:松田崇弥(ヘラルボニー)
Director:西野彩紀(ヘラルボニー)
Special Thanks:100BANCH

■HERALBONYとPapertypeについて


Papertype
アーティスト/タイプデザイナーの和田由里子と、クリエイティブディレクター/プリンティングディレクターの守田篤史による「紙と印刷の《無限の可能性》を探求する」デザインチーム。紙と印刷・加工技術に関する幅広い知見とタイポグラフィ、造形表現、デジタル表現を横断しながら、フィジカルかつ立体的な体験設計を手がける。また、工場や職人といった「作り手」とユーザーのより良い関係をつなぐコミュニケーションデザイン、ブランドデザインを得意とする。
会社名 : 株式会社ペーパーパレード
代表者 : 代表取締役社長 和田由里子
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-8 #208
設立 : 令和2年(2020)年1月22日
URL : http://paperparade.tokyo/ https://100banch.com/projects/8745/


HERALBONY
「異彩を、 放て。」をミッションに掲げ、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す福祉実験ユニット。日本全国の知的障害のある作家とアートライセンス契約を結び、2,000点以上のアートデータを軸とする事業を展開する。知的障害のある作家が描くアート作品をプロダクト化するアートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに知的障害のある作家が描くアート作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた社会実験に奔走中。世界を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。
会社名 : 株式会社ヘラルボニー
代表者 : 代表取締役社長 松田 崇弥|代表取締役副社長 松田 文登
所在地 :岩手県盛岡市開運橋通2-38@HOMEDELUXビル4F
設立 : 平成30年(2018)年7月24日
URL : http://www.heralbony.jp/ https://100banch.com/projects/HERALBONY/


未来をつくる実験区「100BANCH」



「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む活動です。再開発の進む渋谷川沿いの倉庫を1棟リノベーションして作られた空間で、1階はカフェ・カンパニーが企画・運営する未来に向け新たな食の体験を探求するカフェスペース「KITCHEN」、2階は35歳未満の若いリーダーのプロジェクトを推進するアクセラレーションプログラム「GARAGE program」などがメインで行われるワークスペース「GARAGE」、3階はパナソニックが次の100年を創り出すための未来創造拠点であり、夜や休日にはワークショップやイベントが行われるコラボレーションスペース「LOFT」から構成されています。
ホームページ:https://100banch.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)