ビジネス・コンサルティング 美容・健康

従業員向け「花粉症の疾患啓発プログラム」を40社(従業員合計22万人以上が対象)に提供開始!

株式会社empheal
製薬企業 ノバルティス ファーマも協力。「働き方改革」や「健康支援」に取り組む企業を支援


企業の健康経営のアドバイザーとして支援プログラムを提供する株式会社empheal(エンフィール)(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:西口 孝広、資本金:2億5,000万円、株式会社NTTドコモとエムスリー株式会社の合弁会社)は、昨シーズンに続き、ノバルティス ファーマ株式会社(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:レオ・リー、資本金:60億円)と協力し、花粉症の正しい情報や学習機会をサポートする従業員向け花粉症の疾患啓発プログラム「働く人の花粉症チャレンジ」を、2020年12月25日(金)までに、申し込みのあった40社(従業員数合計22万人以上が対象)に提供を開始いたしました。

コロナ禍をキッカケに、感染症だけでなく業務環境や生活スタイルの変化に伴う体調不良が増加*1する中、多くの企業では一層、従業員の「健康管理」を重要な取り組みとして意識*2するようになりました。

しかし、健康経営の実践は一朝一夕では難しいことから、当社は、経済産業省が従業員の仕事のパフォーマンス向上のために予防・改善を望む「従業員の健康問題」のひとつである「アレルギー・感染症」*3のうち、罹患者が多いといわれる「花粉症」に着目。昨シーズンから従業員の健康知識と意識の向上を支援するプログラム「働く人の花粉症チャレンジ」を、企業に無料で提供しています。

企業は本プログラムを通じて従業員に花粉症対策の正しい情報や啓発を伝え、自分に合った行動を理解してもらい、花粉症の症状と向き合うことを支援できます。

*1:株式会社empheal 「【若手社員の約4割がモチベーション低下!】在宅勤務における健康状態と生産性調査結果」より (2020年6月8日)
*2:株式会社帝国データバンク「特別企画 : 新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(2020 年 4 月)」より (2020年5月12日)
*3:経済産業省「健康経営オフィスレポート」より

初めて「働く人の花粉症チャレンジ」を提供した昨シーズンは5社でしたが、今シーズンは8倍の40社の申し込みがあり、2020年12月1日から、合計22万人以上の社員に向けて、本プログラムを提供しています。

■「働く人の花粉症チャレンジ」とは
「働く人の花粉症チャレンジ」は、企業が取り組む「働き方改革」や「労働生産性の向上」をはじめ、従業員の「健康増進」と「健康意識の向上」を目的に、企業の人事・総務などの担当者を通じて、従業員に「花粉症」に関する正しい知識や学習機会を提供する疾患啓発プログラムです。

《プログラム概要》


名称:花粉症疾患啓発プログラム「働く人の花粉症チャレンジ」
協力:ノバルティス ファーマ株式会社
対象:企業の従業員
提供開始日:2020年12月1日
提供先:2020年12月25日までに申込があった企業や各種団体40社
利用料金:無料
提供するメニュー
◆花粉症の治療や対策等に関するメールマガジンおよびクイズ
◆花粉症治療の第一人者である医師や健康経営のプロによるオンラインセミナー
◆セルフチェックや病院検索


■本プログラムの参加企業(40社、50音順)


■参加企業の声


新型コロナで実施できる健康イベントも限られてしまうなか、全てオンライン開催の本件は、まさに渡りに船でした。 テーマが「花粉症」で、これまでの会社の取組みでは手薄なテーマであった点にも強く魅かれました。(情報・通信業)
emphealの提唱する「データドリブンな健康経営」の理念に賛同しサービス採用を決定いたしました。既存の社員向け健康管理サービスは企業から社員への一方向的なサービス提供に留まり、その効果が曖昧であることが多かったのですが、emphealのサービスは参加状況・効果・ROIに至るまでデータで管理されPDCAサイクルを回して行くことが可能なため、効果的な結果の創出を期待できることが大変魅力であると感じております。(経営コンサルティング業)


【会社概要】


社名:株式会社empheal(エンフィール)
株主構成/株式保有率:株式会社NTTドコモ(51%)、エムスリー株式会社(49%) ※NTTドコモ 連結子会社
設立:2019年4月1日
資本金:2億5,000万円
代表取締役社長:西口孝広(にしぐち・たかひろ)
本社所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル3階
電話番号:03-6632-7725(代表)
企業URL:https://empheal.co.jp/
事業内容:「健康経営にカスタマーサクセスを」のコンセプトのもと、医療と社会の懸け橋となることを目指す企業。
日本国内の医師9割以上を会員に持つエムスリー株式会社の医療サポートサービス「M3PSP」(M3 Patient Support Program)を法人向けに提供し、企業の健康経営における「カスタマーサクセス」の実現をサポートする事業を展開。

<お問い合わせについて>


株式会社empheal
金井(携帯番号:090-3403-5149)
e-mail:kafun_challenge@empheal.co.jp
TEL:03-6632-7725
※現在、当社はテレワーク勤務を導入しているため、電話が通じにくい状況です。
担当者へのご連絡はEmailをご利用ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)