出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット・ヘラルボニー、名古屋拠点新設。

ヘラルボニー
東海地区の福祉施設3社と契約締結完了済。作家と地域をつなぎ、「障害」のイメージ変容に挑む。

「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、福祉を起点に新たな文化を創る株式会社ヘラルボニー(本社:岩手県盛岡市 代表取締役:松田崇弥、以下ヘラルボニー)」は、事業拡大に伴い、2021年2月1日より「名古屋拠点」を開設することをお知らせいたします。岩手・東京に続き、3拠点目となります。2020年9月よりRAYARD Hisaya-odori Park出店の立ち上げを担当した大田雄之介が名古屋拠点責任者として着任いたします。






名古屋拠点新設の背景


 2020年9月18日にグランドオープンした久屋大通公園内「RAYARD Hisaya-odori Park」にてHERALBONYサステナブル・ミュージアム(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000039365.html)を2021年1月31日迄出店いたしました。出店期間中、新しく東海地区の福祉事業所様3社とアートマネジメント契約を締結したことから、作家と地域をつなぎ、「障害」という言葉のイメージ変容により一層取り組むべく名古屋拠点新設を決定いたしました。



契約締結済福祉施設(契約締結順)


01. 特定非営利活動法人希望の園(三重県松阪市)
02. 認定特定非営利活動法人ポパイ(愛知県名古屋市)
03. 社会福祉法人さふらん会(愛知県名古屋市)



名古屋拠点 今後の事業展開


01. アートライセンス事業の拡大
障害のある作家が描くアート作品で駅を彩る地域福祉連動型のソーシャルステーション
02. 全日本仮囲いアートプロジェクトの拡大
工事現場の白い仮囲いをキャンバスと見立てた期間限定のソーシャルミュージアム
03. アートライフブランド HERALBONY出店
モトーラ世理奈
04. 法人企業向け社内外向けノベルティプロジェクト展開
(導入事例:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000039365.html



ヘラルボニー名古屋拠点 概要


住所:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2丁目14−1
名称:なごのキャンパス(https://nagono-campus.jp/



特定非営利活動法人希望の園 理事長 村林 真哉 氏





福祉、アート、ビジネス、友愛、自由。ヘラルボニーに定義は不要です。 つまり、新たな価値を社会の中に創造するアートこそが「ヘラルボニー」である、と確信しています。 私たちはこの新しい試みが、ここ東海地区で展開されることを嬉しく思います。 そして10年後、ビジネスとは、「血の通ったあたたかい創造」と呼ばれる日を楽しみにしております。



株式会社ヘラルボニー名古屋拠点責任者 大田 雄之介





今や、第2の故郷である名古屋での拠点新設を心より嬉しく思います。ヒサヤオオドオリパーク出店期間は、お会いした作家様、福祉事業所様、法人企業様、多くのお客様に支えていただきました。今後、東海地区を中心として、作家個人の魅力をより多くの方に実店舗から届け、異彩なアートをフェアにマッチングするパートナー企業様と「障害」のイメージの変容をここ東海の地から挑戦して参ります。


お問い合わせフォーム

https://forms.gle/XpX6CjdBondnnnyQA


会社概要


会社名 : 株式会社ヘラルボニー
代表者 : 代表取締役社長 松田 崇弥|代表取締役副社長 松田 文登
本店所在地 : 〒020-0026 岩手県盛岡市開運橋通2-38
設立  : 平成30年(2018)年7月24日
URL   : https://www.heralbony.jp/(コーポレートサイト)
      https://www.heralbony.com/(ブランドサイト)
公式SNS:
【facebook】https://www.facebook.com/heralbony/
【Twitter】 https://twitter.com/heralbony
【Instagram】 https://www.instagram.com/heralbony/

<事業内容>
株式会社ヘラルボニーは、異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニットです。 企業・自治体・団体・個人の課題を洗い出し、仮説を立て、福祉を軸とした社会実験を共創します。

1. CSR・CSV・SDGsを軸とした企画のブランディング及びプロデュース
2. 福祉を軸とした新規サービスの企画立案・開発、社会実装
3. 社会課題を解決するクリエイティブツール(Web、ロゴ、冊子、プロダクト等々)の制作
4. 福祉をテーマとするイベント・ワークショップの企画・ディレクション・編集・制作
5. 知的障害のあるアーティストが描いたアート作品の社会実装(作品販売・ファブリック展開・制作物・空間演出)
6. 知的障害のあるアーティストの育成及びマネジメント
7. 新規コミュニティのコンセプト立案、社会実装、運営
8. 各種メディアの企画・ディレクション・編集・制作
9. 福祉施設に関する企画、情報収集、情報提供及びコンサルティング
10. 社会課題を解決する商品に関する企画、計画の策定及びその管理


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)