企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

ファーマシフト、調剤薬局のデジタル化を実現する「デジタル薬局コンソーシアム」を結成

株式会社メディカルシステムネットワーク
コンソーシアムに参画する7社750店舗にLINE公式アカウントを活用した「かかりつけ薬局化支援サービス」の導入が決定

株式会社メディカルシステムネットワーク(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:田尻 稲雄、以下「メディカルシステムネットワーク」)の連結子会社である株式会社ファーマシフト(本社:東京都港区、代表取締役社長:多湖 健太郎、以下「ファーマシフト」)は、デジタルの力を用いて調剤薬局のあり方、ひいては医療のバリューチェーン全体を、調剤薬局を起点にアップデートし、新たな医薬プラットフォームを構築することを目的として、調剤薬局各社と「デジタル薬局コンソーシアム」を結成いたします。また、現在「デジタル薬局コンソーシアム」には7社750店舗の参画が決定しており、この全ての店舗においてLINE公式アカウントを活用した「かかりつけ薬局化支援サービス」を導入してまいります。




ファーマシフトは、デジタル時代の「新たな医薬プラットフォーム」の創造を目的として設立されたメディカルシステムネットワークと株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔)の合弁会社です。
今回、ファーマシフトが開発したLINE公式アカウントを活用した「かかりつけ薬局化支援サービス」は、患者と薬局がLINE公式アカウントを活用してつながるための新たなコミュニケーションツールです。このツールにより、薬局の「かかりつけ」機能の強化を支援し、患者自身で服薬情報を一元管理することができます。
この度、患者と薬局の双方にとって大きなメリットがある「かかりつけ薬局化支援サービス」の早期普及とプラットフォーム化を目指すべく、「デジタル薬局コンソーシアム」を結成いたしました。コンソーシアムには、現在7社750店舗の参画が決定しており、その全てにおいて「かかりつけ薬局化支援サービス」の導入が決定しております。デジタル薬局コンソーシアムは、本サービスのファースト・ユーザーとして3月以降順次サービスを導入するとともに、全国の薬局に対する普及・利用促進と、サービス導入企業全体の店舗網を活かした新規事業の開発を行っていきます。

デジタル薬局コンソーシアム参画企業
 株式会社サノ・ファーマシー(本社:秋田県秋田市、代表取締役社長:佐野 元彦)
 株式会社はいやく(本社:静岡県榛原郡、代表取締役社長:原 匡)
 株式会社パル・オネスト(本社:埼玉県富士見市、代表取締役:齋藤 裕之)
 株式会社フォーラル(本社:東京都江東区、代表取締役社長:松村 達)
 株式会社メディックス(本社:東京都調布市、代表取締役:松村 有里子)
 薬樹株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役:入江 充)
 株式会社メディカルシステムネットワーク

かかりつけ薬局化支援サービス開発の背景
近年、薬局が果たすべき役割は対物業務から対人業務へとシフトし、昨年の薬機法(※1)改正により薬の服用期間中は薬局からのフォローアップが義務付けられるなど、薬局には「かかりつけ薬局」としてのさらなる機能強化が求められています。このような状況において、従来の薬局の店頭での対応や薬剤師からの電話連絡に加えて、患者と薬局が「つながる」ための新たなコミュニケーションツールが必要とされています。そこで、この度、薬局の「かかりつけ」機能の強化を支援し、患者ご自身による服薬情報の一元管理を実現するサービスとしてLINE公式アカウントを活用した「かかりつけ薬局化支援サービス」を開発しました。
※1:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律。

かかりつけ薬局化支援サービス概要
「かかりつけ薬局化支援サービス」は、LINE公式アカウントを活用し、患者と薬局が “つながりやすい環境” を提供することで「かかりつけ薬局」としての機能を強化できるサービスです。ファーマシフトのLINE公式アカウントに友だち登録すると、かかりつけの薬局をはじめ、利用している薬局を複数登録でき、患者は各薬局の利用状況を一元管理することができます(※2)。
※2:登録可能な薬局は、本サービスを導入している薬局に限られます。

主な機能と画面イメージ
以下の各機能の他、お薬履歴の管理や服薬フォロー等をご利用いただけます。
1.トーク画面 :リッチメニューから様々な機能を利用できます。
2.処方箋送信 :病院で受け取った処方箋を、希望する薬局にLINEから簡単に送信できます。
3.問診    :紙の問診票に替わり、患者自身の携帯で問診に回答いただくことができます。

画像は実証テスト版

実証テストの結果
  来局者登録率 来局者登録率(年代別)

                 株式会社なの花東日本10店舗での調査(2020年11月26日~12月31日)

メディカルシステムネットワークグループが展開する「なの花薬局」10店舗で本サービスのテスト導入を行ったところ、来局者(LINE利用を問わず)のうち約3人に1人、LINE利用者に限っては約半数がLINE公式アカウントの友だち登録を行い、登録者数は5,000名を突破しました(2021年1月末現在)。現在も登録者数は増加し続けております。

今後の展望
ファーマシフトは、デジタル薬局コンソーシアム各社と協力し、LINE公式アカウントを活用した「かかりつけ薬局化支援サービス」を全国の薬局でご利用いただき、薬局業界共通のプラットフォームとすることを目指しております。今後は、2021年末に2,000店舗、2023年末に15,000店舗でご利用いただくことを目標として事業を展開してまいります。

■株式会社ファーマシフトについて
ファーマシフトは、「デジタル時代における患者中心の新たな医薬プラットフォームを創造する」というビジョンをかかげ、メディカルシステムネットワークとオプトの合弁会社として設立されました。両社の経営資源を最大限活用し、薬局(ファーマシー)のデジタルシフトを起点として患者に新たな医療体験をもたらす仕組みを作り続けます。
[会社概要]
設立年月 :2020年10月1日
資本金  :5000万円 (2020年12月末 現在)
代表者名 :代表取締役社長 多湖 健太郎
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容 :かかりつけ薬局化支援事業
URL   :https://psft.co.jp/

■株式会社メディカルシステムネットワークについて
メディカルシステムネットワークは「良質な医療インフラを創造し生涯を見守る『まちのあかり』として健やかな暮らしに貢献します」を理念に掲げ、医薬品ネットワーク及び調剤薬局「なの花薬局」の運営を中核事業として展開しています。医薬品ネットワークは、加盟薬局が患者さまと向き合う時間を創出し質の高い医療サービスを提供できるよう薬局の経営支援を行っており、2021年1月31日現在の加盟件数は 5,845 件まで拡大しております。
[会社概要]
設立年月 :1999年9月16日 
資本金  :21.28億円 (2020年3月末 現在)
代表者名 :代表取締役社長 田尻 稲雄
本社所在地:札幌市中央区北10条西24丁目3番地 AKKビル
事業内容 :医薬品ネットワーク事業、調剤薬局事業、医薬品製造販売事業、デジタルシフト事業、
賃貸・設備関連事業、給食事業、訪問看護事業
URL   :https://www.msnw.co.jp/

■株式会社オプトについて
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。
[会社概要]
設立年月 :2015年4月1日
資本金  :1億円 (2019年12月末 現在)
代表者名 :代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
事業内容 :マーケティング事業
URL   :https://www.opt.ne.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社メディカルシステムネットワーク 経営戦略本部
TEL:011-613-7750 FAX:011-558-7067 E-Mail:info@msnw.co.jp

【「かかりつけ薬局化支援サービス」に関するお問い合わせ先】
株式会社ファーマシフト 加賀
E-mail:info@psft.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)