美容・健康

ラ ロッシュ ポゼ、ブランド初バッテリーフリーのウェアラブル紫外線計測センサー、「MY SKIN TRACK UV」を世界同時発売。

ラ ロッシュ ポゼ
2019年6月11日(火)よりApple.comおよび、一部Apple Storeにて販売開始。



 2019年6月11日(火) -仏化粧品会社ロレアル
グループの日本法人である日本ロレアル株式会社(東京都新宿区)の敏感肌のためのスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」は、この度周囲の紫外線量を測定し、大気汚染、花粉、湿気等の外的要因レベルを表示するブランド初となるバッテリーフリーのウェアラブル紫外線計測センサー&専用アプリ “MY SKIN TRACK UV(マイスキントラックユーブイ)” を発売する運びとなりましたことをお知らせ致します。

 “MY SKIN TRACK UV” は、2018年11月に米国にて先行発売されておりますが、この度Apple.comおよび一部Apple Storeにてお買い求めいただけるようになりました。

 ロレアル社は、長年にわたり紫外線防御に関する研究開発に注力しておりますが、ロレアルテクノロジーインキュベーターとの共同開発により、今後一層この分野での知見を深めて参ります。

 このウェアラブルセンサーをお使いいただくことで、肌に影響を及ぼす可能性のある外的要因に関して知識を深めていただきながら、ご自身の肌に合ったUV対策やスキンケア方法を選択いただくことが出来るようになります。





ラ ロッシュ ポゼ グローバルジェネラルマネージャーのレティシア・トゥーペは次のように述べています。

「ラ ロッシュ ポゼは、皮膚科学に基づいた最適なソリューションを消費者の皆様にお届けできるよう、40年以上にわたって研究に注力して参りました。”MY SKIN TRACK UV”をはじめとする今日のヘルスケア・ビューティーの分野と、テクノロジーの融合によって、個々のお客様に合ったスキンケア情報やソリューションがご提供できるようになる、ということに大きな可能性を感じると共に、当社の製品を知っていただく良いきっかけにもなるとも思っています。外的要因による影響で、肌トラブルが増加し続ける現代社会では、個々のお客様へスキンケアソリューションをお届けすることの重要性が一層増してきていると感じています。」


“MY SKIN TRACK UV” は、紫外線A波とB波を測定し、周囲の外的要因レベルをアプリ上で簡単に可視化できると同時に、3カ月分のデータ保存が可能です。センサーは太陽光に反応して作動し、NFC(近距離無線通信)を利用してユーザーのスマートフォンから充電を行うため、バッテリーフリーで充電の必要がありません。センサーに蓄積したデータは、簡単に専用アプリに転送でき、対応スマートフォンと同期すると、アプリのデータが更新されます。Appleのヘルスケアデータともシームレスに統合され、紫外線量のデータのほか、大気汚染、花粉、湿気等の外的要因のレベルが表示されます。プロダクトデザイナー、イヴ・ベアールとのコラボレーションによってデザインされた幅12 mmx高さ6 mmのこのウェアラブルセンサー(防水仕様)には、ワイヤークリップが付いており、服やカバンなどにも簡単に取り付けることができます。


 また、ロレアルテクノロジーインキュベーターの責任者兼グローバル バイスプレジデントのギーヴ・バルーチは次のように述べています。

「私たちはこれまで多くの紫外線対策に関する研究を行ってきましたが、以前より、ご自身がどれだけ紫外線を浴びているのかどうか、お客様にもっとよく知っていただく必要があると考えていました。そこで開発されたのが日常生活に簡単に取り入れることができる、このウェアラブルセンサーです。こうした製品によって、これまでよりも簡単に、賢く、それぞれの肌に合った選択をしていただけることを願っています。」


行動を変えるイノベーション
 ラ ロッシュ ポゼは、ロレアル テクノロジー インキュベーターと共同で、外的要因(紫外線、大気汚染、花粉、湿気、気温)へのさらされ方がそれぞれ違うユーザーが、どのように日常生活において ”MY SKIN TRACK UV”を使用するかという調査を行いました。

 調査は、肌タイプの異なる(敏感肌、アレルギー、湿疹、ニキビなどの皮膚疾患を含む)男女76名を対象にブラジルで実施。8日間の継続使用後、78%がアプリに表示される情報がスキンケアに役立った、67%が外的要因が可視化されたアプリの情報により、普段の行動を変えたと回答しています。


Beauty Tech 市場のパイオニアとして
 ラ ロッシュ ポゼは、全世界で9万人の皮膚科医に採用されているスキンケアブランドです。特に敏感肌でも使える紫外線対策製品を取りそろえた「UVイデア」「アンテリオス」シリーズは、日本でも敏感肌UV市場でトップクラスのシェアを誇っております。ラ ロッシュ ポゼは、スキンケア製品はもちろんのこと、Beauty Techの分野にも注力しており、2016年には紫外線量を測定するブランド初の伸縮型スキンセンサー”MY UV PATCH”を発表致しました。また2019年初めには、人工知能(AI)をベースに皮膚科医と共同開発したウェブアプリ”エファクラ スポットスキャン”を発表。ニキビになりやすい肌を分析し、一人ひとりに合ったアドバイスやソリューションをご提供致します。(※MY UV PATCH・エファクラ スポットスキャンは日本での取扱いはございません。)

“MY SKIN TRACK UV” は、Apple.comおよび一部Apple Storeで販売を開始し、
メーカー希望小売価格は¥6,800(税別)です。

製品に関する詳しい情報は、
公式ウェブサイト( http://www.laroche-posay.jp/?s=myskintrackuv/ ) をご覧ください。


ロレアルグループについて ( https://www.loreal.com/ )
世界最大の化粧品会社ロレアルグループは100年以上にわたって、化粧品事業を担ってきました。「ランコム」「シュウ ウエムラ」「キールズ」「イヴ・サンローラン」「ロレアル パリ」「ロレアル プロフェッショナル」「メイベリン ニューヨーク」「ラ ロッシュ ポゼ」など34のグローバルブランドと86,000名以上の社員を有し、マスマーケット、百貨店、調剤薬局、ドラッグストア、サロン、eコマースなどすべての流通網において事業を展開しています。
グローバルに展開するリサーチ&イノベーションのネットワークを置き、3,885名の研究員が、同社の成長戦略として掲げている世界の多様な美のニーズに対応すべく革新的な製品開発を推進しています。2020年に向けた企業のさらなる持続的発展のビジョン「Sharing Beauty With All」(美のすべてを、共に次世代へ)のもと、すべてのバリューチェーンにおいて環境への負荷を軽減し、お客様により魅力的な製品を提供できるよう、取り組んでいます。


日本ロレアルについて ( http://www.nihon-loreal.jp/ )
1963年から事業を開始し、1996年に日本法人である日本ロレアル株式会社が設立されました。2,500人の従業員を有し、化粧品の輸入、製造、販売、マーケティングを行っています。現在、上記のブランドを含め18のブランドを取り扱っています。1983年にアジア初の研究開発拠点を日本に置き、現在、日本ロレアルリサーチ&イノベーションセンター(川崎市・溝の口)として、日本をはじめ、アジアの研究開発の中心的な役割を担っています。また、アジアで唯一高級品を製造するコスメロール工場を御殿場市に設けています。日本においても「Sharing Beauty With All」を通じて、より良い環境や社会を目指してさまざまな取り組みを長期的視野に立って推進しています。
日本ロレアル電子版サステナビリティレポート: http://www.nihon-loreal.jp/csr/sustainability/2018/


ロレアル テクノロジーインキュベーターについて
ロレアルのリサーチ&イノベーション部門内に新設された「ロレアルテクノロジーインキュベーター」(米国ニュージャージー州クラーク)は、革新的なイノベーションの創造を通じて、消費者のニーズに対応することを目的としています。起業家、大学の研究所・機関、多様な分野の専門家などと協力して研究を推進し、市場初のテクノロジーを次々に発表しています。2012年にわずか2名の研究者でスタートした「ロレアルテクノロジーインキュベーター」は、現在、ニュージャージー州、カリフォルニア州、フランス、日本にも設置され、物理学者、技術者、UXやハードウェアの設計者、情報科学者など22名のスタッフを有しています。


ラ ロッシュ ポゼについて
世界9万人の皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド ラ ロッシュ ポゼは、敏感肌の方のためのより良い生活をその使命とし、1975年に薬剤師ルネ・ルヴァイエにより創設され、現在では世界60カ国以上で展開されています。敏感肌の方々のために開発したスキンケアシリーズを提供し、それぞれの肌悩みに合った適切なスキンケアの啓発を行っています。ミネラル分 セレンを豊富に含み、皮膚科学の拠点・水治療施設であるターマルセンターでも使用されているフランス ラ ロッシュ ポゼ村の湧水ターマルウォーターを配合したスキンケア製品を多数開発しています。各製品は必要最小限の成分のみを用いた厳格な基準に基づいて開発・製造され、厳しい臨床テストを実施しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会