医療・医薬・福祉

排泄ケアシステムを開発するaba、福祉用具レンタル事業のリーディングカンパニーであるヤマシタ社と資本提携

株式会社aba
排泄介助を中心とした介護者支援の仕組みづくりを加速

株式会社aba(千葉県船橋市 代表取締役:宇井吉美 以下「aba」)は、株式会社ヤマシタ(静岡県島田市 代表取締役社長:山下和洋 以下「ヤマシタ」)、株式会社 Impact Venture Capital(東京都千代田区 代表取締役:関厳 以下「Impact Venture Capital」)などから約1億円の資金調達を実施しました。今回の調達により、ビジョンである「テクノロジーで誰もが介護できる社会をつくる」の実現に向けて事業開発を加速させてまいります。





左:aba 代表取締役 CEO 宇井吉美、右:ヤマシタ代表取締役社長 山下和洋氏

■直近の事業概要
 今期で創業10期目に入った aba は、排泄ケアシステム『Helppad(ヘルプパッド)』を、パラマウントベッド株式会社(東京都江東区東砂 代表取締役社長:木村友彦 以下「パラマウントベッド」)と共同開発・共同販売しています。三大介護の一つである排泄介助の業務負担や、介護施設利用者へのケアサービス品質向上の目的で開発した製品です。機器を身体に装着することなく、ベッドに敷くだけで排泄を検知でき、蓄積されたデータを利活用して排泄パターン表を自動作成する機能も備えています。

 aba はこれまで『Helppad』の高齢者介護施設への普及販売を積極的に進めてきており、日々導入数が増えてきております。引き続き、介護者のみなさまを支えられるよう、そして要介護者のみなさまへ必要なときに必要なケアを届けられるよう、『Helppad』の普及に向けて努めていきます。Helppad の導入を加速していくべく、2021年1月にはパラマウントベッド社の『眠りSCAN』とのシステム連携を行ない、現時点で数多くの反響をいただいております(プレスリリースはこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000044112.html )。また、次世代排泄センサーの研究開発も行なっており、手の平サイズの小型化、ベッド上以外での使用を目的とした新型など、介護現場のニーズにお応えできるよう日々試行錯誤を重ねています。

 他にも、介護ソフトメーカーやセンサープラットフォームとの協業、協業会社との新規ソリューション開発など、aba の排泄センシング技術や製品開発の知見を活かした事業にも取り組んでいます。


■今後目指していくこと
 ヤマシタは長年、福祉用具のレンタル・販売事業を担ってきた実績があり、現在約10万人の在宅要介護者にサービスを提供しております。1963年の創業以来、センシングや AI 技術を持つベンチャー企業への投資は、初の取り組みです。

 ヤマシタと aba が提携することで、今後期待されている在宅介護市場向けの排泄ケアシステム開発を加速させることができます。ヤマシタの「自立支援を促す力」、そして aba の「支えあいを生み出す技術」。それらを掛けあわせることで、私たちは日本の介護現場にもっと寄り添いながら、より多くの人がもっと自分らしい毎日を過ごせる未来社会の実現を目指してまいります。加えて、既存製品だけではなく、在宅介護市場を見据えた次世代排泄センサーの開発・販売・マーケティング活動もより加速させていきます。

 また、Impact Venture Capital のグループ会社である株式会社リブ・コンサルティング(東京都千代田区 代表取締役:関厳 以下「リブ・コンサルティング」)のご協力で、権田氏に経営顧問に就任いただくことになり、今後の事業を更に力強く推進できるよう、経営体制の強化も図っていきます。

■介護事業参入にご興味のある企業様、大募集!
 新規事業としては、テクノロジーで介護現場に寄り添う aba だからこそ持っている知見を基に、介護事業の立案を行なう企画屋として、介護業界への事業参入をお考えの企業様向けに事業支援コンサルティング・プロトタイプ開発・臨床試験支援サービスを計画中です。ご興味のある企業様はぜひご連絡ください。


介護業界の市場を調査してほしい
介護業界向けの製品を開発したい
自社製品を介護業界向けにカスタマイズしたい


お問合せ先:https://www.aba-lab.com/contact

■未来の仲間も募集中!
 上記のとおり更なる事業拡大に伴い、複数ポジションにおいて採用活動も強化していきます。


aba の理念・ビジョン・ミッションに心から共感できるかた
“介護者支援“のあらゆる仕組みを一緒につくっていきたいかた
”介護”に何らかの形で携わっていたかた、またはこれから携わりたいかた

お問合せ先:https://www.aba-lab.com/contact

 今後も aba は、介護をされるかた介護をするかた、誰もが自分らしくよく生きられる社会を実現に向け、排泄を中心として介護業界全体の最適化を目指す介護者支援の仕組みづくりに邁進していきます。

■出資者コメント


株式会社ヤマシタ 代表取締役社長
山下 和洋 氏
排泄という未解決の社会課題に挑戦されているaba様のビジョン、またそのビジョンを実現させるために奮闘されている宇井社長のお姿に強く共感し、今回出資をさせていただきました。当社が事業を行っている在宅介護向けへのローンチには、まだ乗り越えなければならない壁がたくさんあります。介護保険制度の創設以前より福祉用具レンタルという市場を支え、成長を続けてきた当社が幅広くご支援させていただくことで、aba様が保有するユニークな技術をさらに世の中に広め、あらゆる人が介護の負担から解放される社会を一緒に創っていきたいです。


株式会社 Impact Venture Capital パートナー
株式会社リブ・コンサルティング 常務取締役
権田 和士 氏
介護業界は急成長の魅力的な市場であるものの、地方分散型のアナログ市場で変化も遅いため、大企業でも産業変革に尻込みするのが実態です。そのような日本人全員にとって避けては通れない社会課題解決に対し、強い想いと技術を頼りに果敢に挑むaba様のようなアントレプレナーこそご支援をすべきと考え、出資を決めました。その挑戦を結実すべく、グロース支援を通じて伴走して参ります。





■代表者プロフィールとメッセージ


株式会社aba 代表取締役 CEO
宇井 吉美 Yoshimi Wie
2011年、千葉工業大学在学中に株式会社abaを設立。中学時代に家族介護をしている中で得た「介護者側の負担を減らしたい」という思いから、介護者を支えるためのロボット開発の道に進む。学生時代に「排泄ケアシステム『Helppad(ヘルプパッド)』」の開発を開始、現在製品化。2019年、文部科学省 科学技術・学術政策研究所より「ナイスステップな研究者」に選出。


▼メッセージ
 abaは介護事業のビジョンとして「テクノロジーでだれもが介護できる社会をつくる」を掲げています。これは宇井自身が介護職に従事する中で、介護の専門性の素晴らしさに惹かれたこと、しかし多くの介護者たちが、介護を習う時間もなく、ある日突然介護していること。この2つの矛盾を解決するために、このビジョンを掲げています。

 介護現場の中でも特に介護未経験者として苦しんでいるのは、紛れもなく、家族介護者です。介護のやり方を聞く相手もなかなか見つからず、手探り状態で介護が始まります。そんな彼らの助けに、少しでもなりたい。

 私達はより強くビジョン実現を進めるため、在宅介護市場への進出を始めます。その強力なパートナーとして、今回福祉用具レンタルの大手である、ヤマシタ社に出資をいただき、参画いただくことになりました。ヤマシタ社の山下社長は、この業界の生え抜きである三代目社長です。若くして社長になられ、就任後より業績を伸ばされているその経営手腕は、すでに多くの学びがあります。今回ヤマシタ社に参画いただくことで、aba社として、そして1人の経営者として、存分に成長したいと考えております。

 またこのたびインパクトベンチャーキャピタルさんにもご参画いただき、当社のパートナーである権田さんにabaの経営顧問として就任いただきました。権田さんには2020年からabaのグロースプラン策定に携わっていただき、経営視点から強固にご支援いただきました。今後更にabaの経営チームがパワーアップするために、今回経営顧問の就任に至りました。

 引き続き、既存株主・社内メンバー・社外パートナーならびに、今回参画いただく2社も合わせた強力な布陣を築き、ますますビジョンである「テクノロジーでだれもが介護できる社会をつくる」の実現に向けて邁進致します。


■株式会社ヤマシタ 概要
 1963年創業。日本の福祉用具レンタル・販売、およびリネンサプライ業界のパイオニアであり、海外展開やオムニチャネル構想などの挑戦を続ける未来志向のリーディングカンパニー。「世界の'生きる'をもっと豊かに」をミッションに掲げ、在宅介護における自立した生活、そして自己実現を諦めない生き方ができる社会づくりに貢献してまいります。

代表者  :山下 和洋
所在地  :〒427-0195 静岡県島田市中河737
設立   :1963年3月6日
資本金  :1億円
事業内容 :福祉用具レンタル・販売、居宅介護支援事業、リネンサプライ事業 等
お問合せ先:03-5730-4545(代表)
Webサイト:https://www.yco.co.jp/


■株式会社Impact Venture Capital、株式会社リブ・コンサルティング 概要
 ”100年後の世界を良くする会社”を増やすことを使命とし、持続可能な未来社会の創造に貢献し続けていきます。
 これを実現するため、自らが100年後の世界を良くする会社であることに対する努力を惜しまず、顧客企業と共に常に進化を続け、旧来型のコンサルティングとは一線を画し、現実的に成果を実現するサービスを提供しています。

代表者  :関 厳
所在地  :〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5-1
設立   :2012年7月
事業内容 :総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
お問合せ先:03-5220-2688
Webサイト:https://impactvc.jp/https://www.libcon.co.jp/


■株式会社aba 概要
 abaは介護という支えあいのフィールドを支える、ケアテックカンパニーです。内閣府調査において介護の負担感NO.1であった排泄という課題に10年以上真摯に向き合い、業界初・においで尿便を検知する排泄センサを開発しました。体に非装着、便も検知可能な排泄センサは業界でも珍しく、排泄パターン表が自動作成される仕組みも備えています。人間の本来持つ生命力を引き出せるよう、体温のあるテクノロジーを通じて、必要なときに必要なケアを届けるお手伝いをします。

代表者  :宇井 吉美
所在地  :〒274-0824 千葉県船橋市前原東3-30-5
設立   :2011年10月7日
資本金  :7,752万9,070円
事業内容 :医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス
お問合せ先:https://www.aba-lab.com/contact
Webサイト:

コーポレートサイト          :https://www.aba-lab.com
「排泄ケアシステム Helppad」製品サイト:https://helppad.jp



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)