医療・医薬・福祉

生殖医療従事者のためのシンポジウム!海外での非侵襲性胚発生能検査(niPGT-A)実施例など多数の最先端事例をご紹介。アイジェノミクスならではの日本・台湾・中国・韓国共催。

株式会社アイジェノミクス・ジャパン
2021年3月7日開催!第二回アイジェノミクスAPACオンラインシンポジウム

生殖遺伝子研究の分野で世界をリードするIgenomixの日本支社、アイジェノミクス・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:張 博文)は、台湾・中国・韓国支社とともに生殖医療従事者のためのオンラインシンポジウムを開催いたします。 https://www.igenomix.jp/webinars/symposium202103_jp/


アイジェノミクスAPACオンラインシンポジウム

2021年3月7日 第二回オンラインシンポジウム開催にあたり
すべての方が、望んだときに子供を持てる社会の実現を目指すアイジェノミクス社は、科学研究によって実証された確かな知識・手法を生殖医療現場で実用化することにより、不妊に苦しむ多くの患者様のお役にたつことをビジョンとし、情熱をもって、さまざまな生殖遺伝子検査の研究開発に取り組んでいます。

不妊治療を提供するドクター、培養士、ナース、その他の関係者の皆様にとっても、患者様お一人おひとりに最適化された効果的な医療をご提供するための情報収集は欠かせません。世界各国から、業界をリードする医師・研究者の方々にご登壇いただき、昨年9月に開催した第一回アイジェノミクスAPACオンラインシンポジウムは、300名を超える医療プロフェッショナルのみなさまにご参加・ご視聴いただき大成功となりました。弊社はこれからも、生殖バイオロジー研究のパイオニアとして、最先端の情報を配信していく努力を続けて参ります。

第二回 アイジェノミクスAPACオンラインシンポジウム
来たる3月7日開催予定の第二回オンラインシンポジウムでは、各国からERA検査やEMMA・ALICE検査のさまざまな実施事例をご紹介する他、台湾より、最新の非侵襲胚発生能検査「EMBRACE(niPGT-A)」の実施事例もご紹介できる予定です。スペイン本社からは、ナーサー・アル・アズマー博士がゲスト参加し、POC(残留受胎生成物検査)の最新研究成果を発表致します。


日本からは、HORACグランフロント大阪クリニック 小宮慎之介医師

日本からは、HORACグランフロント大阪クリニックより、小宮慎之介医師にご登壇いただき、反復着床不全患者様において、ERA、EMMA/ALICE検査が正倍数性胚移植に与える影響を、クリニックの実際のデータを用いて遡及的に分析した内容をご紹介いただきます(全編英語)。

ご参加は無料です。簡単な事前登録をお済ませいただくだけで、どなたでもご参加いただけます。

シンポジウムの詳細は、弊社のウェブサイトにてご確認ください。
https://www.igenomix.jp/webinars/symposium202103_jp/

アイジェノミクスについて
生殖バイオロジー研究の第一人者、カルロス・シモン教授(アイジェノミクス最高技術責任者兼バレンシア大学及びハーバード大学教授)がR&Dを率いる、生殖遺伝子検査のリーディングカンパニー。不妊治療、特に体外受精を行う際の、子宮内膜に関わる不妊因子を特定し、妊娠率の向上に貢献するERA・EMMA・ALICE検査、また胚の染色体異数性を特定し流産を防ぐ着床前検査など、医療のための様々な遺伝子検査を提供している。
生殖バイオロジー研究のパイオニア アイジェノミクス
■会社概要
会社名:株式会社アイジェノミクス・ジャパン
所在地:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-7-10 エル人形町5F
代表者:張 博文
設立:2017年
URL:https://www.igenomix.jp/
事業内容:生殖遺伝子検査サービスの提供

■本件に関するお問い合わせ先
TEL:03-6667-0456(土日祝日休業、営業時間 9時~18時)
e-mail:servicejapan@igenomix.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)