その他 美容・健康

コロナ禍を生きるバングラデシュのストリートチルドレンと、私たちにできること

国境なき子どもたち
バングラデシュのストリートチルドレンのコロナ禍での現状と、KnKが首都ダッカで運営する「ほほえみドロップインセンター」の活動状況をご報告するオンラインイベントを2月20日(土)に開催します。特別ゲストとして、バングラデシュの子どもたちを長年ご支援くださっている「癒しと温かな手の学校」の鈴木きよみ先生をお招きし、現地で出会ったストリートチルドレンとの思い出や彼らに対する想い、子どもたちのために行ってくださっているご活動についてお話いただきます。



認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)【本部:東京都新宿区/会長:寺田朗子】では毎年、バレンタイン&ホワイトデーの時期に、過酷な状況下、懸命に生きるバングラデシュのストリートチルドレンのもとへも、食事支援を通じて、温かい想いや愛情を、KnKと一緒に届けていただくキャンペーンを実施しています。今年度は特に、昨年から続くコロナ禍で、子どもたちの生活がさらに困窮し、疲れを見せていることから、彼ら彼女らの元気と笑顔を取り戻せるよう、このキャンペーンがさらに広がることを願い、2月20日(土)にオンライントークイベントを実施します。



イベントでは、バングラデシュのストリートチルドレンのコロナ禍での現状と、KnKが首都ダッカで運営する「ほほえみドロップインセンター」の活動状況をご報告すると共に、センターで子どもたちを迎えるにあたり、スタッフが日々大切にしていることなどもお伝えします。

また今回、特別ゲストとして、バングラデシュの子どもたちを長年ご支援くださっている「癒しと温かな手の学校」の鈴木きよみ先生をお招きし、現地で出会ったストリートチルドレンとの思い出や彼らに対する想い、子どもたちのために行ってくださっているご活動についてお話いただきます。さらに、現地の子どもたちに行ってくださった手のマッサージをイベントでもご紹介いただき、このコロナ禍において、イベントにご参加くださる方にも、ぜひ元気になっていただけるようなイベントになれば幸いです。

土曜日のお昼のひと時、私たちと一緒に過ごしませんか。お子さまと一緒のご参加も大歓迎です。お申込みをお待ちしております。


■コロナ禍を生きるバングラデシュのストリートチルドレンと、私たちにできること


開催日時:2021年2月20日(土)14:00~15:30
実施方法:オンライン(ZOOM)による配信/お申込みいただいた方に参加用URLを前日にお送りいたします。
定員:50名(お申込み先着順)
参加費:無料(通信にかかる費用はご負担ください)
お申込み方法: https://forms.gle/Eqn5oeTFiyPqF28C9 よりお申込みください。
お申込み〆切:2021年2月18日(木)
主催:認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
協力:癒しと温かな手の学校



講演者紹介
鈴木きよみ氏
「癒しと温かな手の学校」校長
「鈴木きよみクリニカルサロン」メインセラピスト
「サロン アンピール」主宰
「有限会社オフィスキヨミ」代表取締役
足裏研究家
*これまでに東京・自由が丘の地で30年にわたり、のべ30万人以上の足を診てきた臨床経験豊富なセラピストであり、その臨床の中で培ってきた経験をベースに「足ウェルネス(R)」として、他にはみられない独自の理論と技術を確立。あくまでも現場でのセラピーを中心に活動を行いながら、各企業でのセミナーやカルチャースクールでの講師、テレビや雑誌、ウェブなど幅広い分野で活躍中。2014年にバングラデシュを訪問し、現地の子どもたちと交流。
三喜一史
国境なき子どもたち(KnK)バングラデシュ&カンボジア事業担当
*2010年から、NPO法人青少年自立援助センターにて日本国内で外国にルーツを持つ子どもの教育支援、および、ニート・引きこもりの若者への就労支援に従事。2017年KnKに入職。現在、海外事業部にて、カンボジアの自立支援施設「若者の家」と若年女性のための収入創出活動、バングラデシュのストリートチルドレンのためのドロップインセンター事業を担当。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)